スリランカでの洪水の近況報告

スリランカでの洪水の近況報告です。

5月15日から降り続いた大雨の影響により、スリランカの南部や西部で、過去25年で最悪の洪水や地すべりが発生しています。
日本で知るかぎりでは、亡くなった人は、29日までに少なくとも180人、行方不明者は110人で、約50万人が家を追われ、55万人以上が避難しているそうです。
今日は、雨は小康状態となっているそうですが、低地では依然として冠水しているそうです。
亡くなった人の大半は地すべりによるものだそうです。
南部のマタラやカルタラやラトゥナプラなどを中心に、地すべりで住宅が押し流されるなどの被害が広がり、茶やゴムの栽培のための大規模な森林伐採が、この地すべりや土砂崩れを頻発させる一因とも指摘されているそうです。

スリランカは、インドの南東で、インド洋上にあり、赤道のすぐ北に位置している島国です。
島の南寄りの中央部は標高2000m級の山岳地帯であり、セイロン島最高峰のピドゥルタラーガラ山(標高2524m)はここに位置しています。
また最長の川マハウェリ川(全長331Km)もこのあたりを水源としています。
中央部から島の北側に行くにつれて土地は少しずつ低くなり、ダンブッラやシーギリヤあたりになると、ほとんど平野となっています。
ただし、被災地であるカルタラとラトゥナプラは南部であり、マタラやカルタラは海岸部、ラトゥナプラは中腹に位置しています。
そして、いずれも湿潤地帯に位置しています。
スリランカの南部の基盤岩は、地質学的には紫ソ石花崗岩 (チャーノッカイト)が大部分を占めています。
そして、この紫ソ石花崗岩が地すべり地帯となっているそうです。
花崗岩と名前が付いているように、当然、風化してマサ状になっているところもあるようです。
このあたりは、私の住んでいる瀬戸内とよく似ている花崗岩みたいです。
つまりは、大雨が降ると土砂崩れをするような脆い花崗岩のようなので、半月も大雨が降るといろいろなところの斜面が崩れるのは当然なのかも知れません。
地すべり地帯の周辺には、100mクラスの絶壁がいくつもあり、このようなところが今回崩れたかどうかは不明ですが、風化の程度が進むと、このような絶壁も崩壊してしまうと想像できます。

国連WFPは、6月15日からの3カ月間で、約4万人の支援を行う予定だそうです。
国連WFPは、被災した人々が、生きるための食糧を得るために借金を重ねるなどの悪循環に陥らないよう、最も被害の大きかった地区の最も貧しく脆弱な人々を対象に、現地政府の社会保障システムを通して、約1世帯に月60米ドルの現金を配布するそうです。
スリランカの通貨単位はルピー(LKR)で、日本円に換算すると、1LKR=0.7円になります。
スリランカで食べるライス&カレー(ベジタブル)は、 90LKR~150LKR くらいで、日本円で63円~105円です。
だから、屋台での食事は約200円くらいです。
そして、屋台ではカレーからパリプワデーまで様々なグルメが楽しめ、外国人向けの少し高級なレストランでも600円前後です。
スリランカで長期滞在する場合、1ヶ月で交際費を含め35,000円を見ておけば、十分に足りるそうです。
これを考えると1世帯に月60米ドルを配布するとして、日本円で1ドルが110円とすると、6,600円になります。
援助が少し少ないみたいですが、これでも国連WFPによると、スリランカへの現金の配布を含む支援活動全体にかかる予算として230万米ドル(約2億4,600万円)が見込まれており、現在、その約60%にあたる130万米ドル(約1億3,900万円)が不足しているそうです。
日本からも援助が必要になってくるようです。

29日、洪水に見舞われたスリランカ南部マタラ地方の被災地(AFP=時事) 
5月29日、洪水に見舞われたスリランカ南部マタラ地方の被災地の様子です。

e0020945_1534787.jpg
紫ソ石花崗岩 (チャーノッカイト)の100mクラスの絶壁です。
こんな絶壁が崩れたらひとたまりもありません。


スリランカでの、乾燥地帯 (dry zone) と湿潤地帯 (Wet zone) の範囲図です。
南部のマタラやカルタラやラトゥナプラはすべて湿潤地帯 (Wet zone)に含まれています。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR