箱根山の大涌谷の噴火

箱根山の大涌谷が大変なことになっています。

最初の気象庁の発表は、6月29日午後9時すぎでした。
大涌谷から北へおよそ1.2km離れた上湯場付近で粒子状のものが降ったことを、現地調査を行っていた気象庁の職員が確認しました。
そして、その後の現地調査で、大涌谷の噴気が出ている地域で、新たに蒸気を噴き出す噴気孔が見つかっていました。
この一連の現象について、「地すべりによってできた新たな噴気孔から土砂を噴き上げたものと推定され、噴火ではないと考えられる」と発表していました。
そのうえで気象庁は、「今後も今回のように、噴気孔から土砂の噴き上げが発生する可能性がある」としています。
新たな噴気孔はこれまでの地震活動のほか、地下の熱水や水蒸気の圧力によって、もろくなった斜面が地すべりを引き起こした結果、できたとみられるということだそうです。
それが一日経過した30日午前には、「箱根山の大涌谷で、ごく小規模な噴火が発生したとみられる」と発表しました。
大涌谷で29日に確認された新たな噴気孔の周辺に火山灰が積もり、噴出物で周辺が盛り上がっていることが気象庁などの現地調査で確認され、ロープウエーの大涌谷駅付近でも灰が降ったことが確認されたからだそうです。
そして、気象庁は、箱根山で今後、大涌谷周辺の居住地のすぐ近くまで影響を及ぼす噴火が発生する可能性があるとし、改めて火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを「レベル2」から「レベル3」に引き上げました。

ここであらためて「噴火とはどういう現象?」と思い調べてみました。
噴火とは、火口からマグマや火山ガスが急激に噴出される現象だそうです。
火道を構成する岩石も放出されることが多いのですが、小規模噴火では、熔岩,火山灰,泥,熱水,蒸気などの爆発のような地下に納まっていた物質が、地殻に開いた所から比較的激しく強烈な力で放出されることはすべて噴火と言えるそうです。
これにあてはめると、最初の気象庁の発表で、「地すべりによってできた新たな噴気孔から土砂を噴き上げたものと推定され、噴火ではないと考えられる」と発表していたのは噴火で間違いないと思います。
新たな噴気孔から土砂を噴き上げたのですから、どう解釈しても噴火でしょう。
5月から地元の神奈川県等が、国や行政に「風評被害を広げないように配慮しろ!」と言っていたみたいなので、それを考慮してこのような理解しがたい発表になったと思われます。
御嶽山の噴火では、ほとんどの登山者が異変を知らされないまま山に入り、帰らぬ人となってからまだ1年経っていません。
箱根山は、観光客が多い場所だからこそ、危険を積極的に周知すべきだと思います。
振り返って情報を集めてみると、箱根山の火山性地震が突如増加したのは4月26日ですが、気象庁の発表は5月3日で、噴火警戒レベルの引き上げは大型連休の最終日の6日でした。
「被害がなかったからよかった」ではすまされない後手後手の発表です。
「観光への影響」を気にして、「風評被害」という言葉を箱根はよく使っていますが、小規模噴火だけでなく、規模の小さい火山性地震は29日は300回以上、30日も午前中に200回近く観測されています。
これは「風評」ではなく「被害」そのものだと思います。
政府も、気象庁も、より安全な指示を出すべきだと思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR