世界農業遺産の国東半島・宇佐

日本には、国際連合食糧農業機関が認定する「世界農業遺産」があります。
今回は、大分県の国東半島・宇佐の農林水産循環システムを紹介します。

大分県の国東半島・宇佐の農林水産循環システムは、熊本県の阿蘇草原の持続的農業、静岡県の伝統的な茶草場農法と一緒に、2013年5月29日に「世界農業遺産」の認定を受けました。
この理由として次のようなものがあります。

(1)世界農業遺産としての特徴
国東半島・宇佐地域は、クヌギ林とため池による「循環型の農業」が特徴です。
15年ほどで成長するクヌギはしいたけ栽培の原木用に伐採しても森の若々しさを維持できます。
一方で、落ち葉が保水層を形成し、約1200箇所ものため池とともに水田への給水源となっています。
このように、国東半島・宇佐地域には、「クヌギが育む資源循環システム」や「地域独特の歴史や文化」が脈々と維持、継承されています。
これを具体的に説明します。
①日本一のクヌギ林とため池群
・日本一の蓄積量を誇るクヌギ林の再生・再利用サイクルとミネラル・栄養分の豊富な水のかん養
・約1200箇所あるため池群の連携した利用
②クヌギの原木乾しいたけ
クヌギを原木として利用した日本一の質・量を誇るしいたけ栽培の食料安全保障への貢献
③多様な農林水産業と生物多様性
・米と原木乾しいたけ、黒毛和牛との複合経営や白ねぎ・小ねぎやハウスみかん等の多彩な経営
・稲作と七島イ(耐久性に優れた畳表の材料)の利用時期等を組み合わせた日本唯一の農法
・クヌギ林から周辺漁場への豊かな養分の供給
・カブトガニなどレッドリスト掲載の希少生物の生息
④地域農業に深く関わる歴史と文化
・神仏習合の六郷満山仏教文化
・中世の荘園の景観が今も残る「田染荘」(国の重要文化的景観)
・修正鬼会など1200年以上続く農耕にまつわる民俗行事

(2)今後の世界農業遺産の認定について
この国東半島・宇佐地域も、昔から育んできたクヌギ林とため池を活用することにより世界農業遺産に認定されました。
愛媛県でも、自然がいっぱいあり、活用できれば農業遺産になるところもあります。
地域での取り組みが大切ですね。
農業にとどまらず地域の振興に大きく寄与することが必要で、
①地域のイメージアップ
②農産物等への付加価値
③ブランド力の強化
④観光への活用
などを考えていかないといけません。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR