水抜ボーリングと集水井

道路を新設する場合とかに山をカットし、長大法面を施工しているのをよく見かけます。
そして、土砂と岩盤の間や、岩盤の亀裂などに湧水が出ていることがあります。
少しの湧水だと水抜パイプなどで対処できるのですが、あまりに大量だと法面が崩壊することだってあります。
そんな時には水抜ボーリングを何箇所も施工するのがいい方法だと考えられています。
先日、新潟県の雪解け水で発生した大規模地すべりも、やはり地すべりブロック内の水を排除するために水抜ボーリングを行っていました。
このように、明らかに水が出ている所の水を抜くのは比較的簡単なのですが、地すべり地帯で、地下水を排除するための水抜ボーリングは、うまく゛みずみち゛に当たると出るのですが、いくら掘っても出ないこともあります。
つまり、地すべりの誘因としては地下水(間隙水圧)が大きいのですが、必ずしも飽和しているのではなく、特に岩盤すべりでは、先に述べた゛みずみち゛つまり、岩盤の中の亀裂を伝わって流れている水の通り道に当たるか当たらないかは勘みたいなものです。
だから、水のありそうな所をめがけて扇状に何本もまとめて掘るのが一般的です。
掘削深度も20mくらいから50mくらいまでが一般的で、これは、地すべりブロックの範囲外までボーリングするとなると、これくらいの深度は掘らなければいけないという目安です。
大規模な地すべり地帯では集水井を施工します。
集水井とは、大規模な井戸のことで、よく使われている材料はライナープレートと言う鉄製の波板です。
ボーリング機械は使わず、小さいバックホーや手掘りなどで、直径3m~3.5mで深さが20m以上の井戸を掘って、水を集め、井戸底からはボーリング機械で谷川などをめがけて排水ボーリングを行い、この集水井に溜まっている水を排水します。
地すべり地帯では、この集水井を何基も施工しているのを見かけます。

地すべり工事での集水井の施工状況
集水井からの集水状況
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR