FC2ブログ

電気検層

ボーリング機械で井戸工事をするときに、掘削後に電気検層をすることがあります。
主な目的としては水脈の深度を把握してストレーナ位置を決めることです。
電気検層の方法は比抵抗と自然電位について行い、比抵抗の測定は二極法により、電極間隔0.25cm、0.50cm、1mの3種類を原則とします。
この電気検層の利点と欠点について考えてみます。

(1)利点
①地層に含まれる水が、淡水であるか塩分を含んだ水であるか、また水を含まないものかを区別することができます。
したがって、地下水理上好ましくない帯水層や地層をケーシング等によって遮断することができます。

②地層が帯水層(砂、礫が主体の層)か不透水層(粘土、シルトが主体の層)かの区別ができ、帯水層の位置にのみストレーナを設置することができます。

(2)欠点
①電気検層では水量はわかりません。
あくまで比抵抗値(Ω-m)のみなので比抵抗値が低いところは水量が少なく、高いところは水量が多いと判断できるだけです。

②測定条件としては裸孔のみです。
ベントナイト等で孔壁を保護して測定するのが一般的です。
孔壁の保護にケーシングを入れている場合は測定できません。

ボーリング井戸の掘削では径が大きくなるとトリコンビットを使うことが多く、コア取りや標準貫入試験などはしないので機械の音や逸水の状況、ベントナイトの濃度、それにオペレーターの勘が頼りとなります。
でもそれだけでは帯水層が完全に把握できていないこともあり、数値で表れる電気検層が一番頼りになります。
当社でも深井戸の掘削や施主さんの要望により電気検層を行っています。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR