FC2ブログ

危険な台風21号について

現在の松山は、9月に入っても気温が32度以上になり、蒸し暑い日になっています。

こんな中、またまた台風がやってきます。
今度の台風21号は、非常に強い台風だそうで、3日正午現在、沖縄県・南大東島の北東約200kmの海上を北西へ時速20kmで進んでいるそうです。
中心気圧は940ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45m/秒、最大瞬間風速は65m/秒だそうです。
恐ろしいくらいの風速です。
下の(b)風の強さと被害の程度では、50m/秒で、「ほとんどの木造家屋や木が根こそぎ倒される」となっています。
気象庁によると、記録が残る91年以降、非常に強い勢力(最大風速44m以上、54m未満)のまま台風が上陸したのは91年の19号と93年の13号だけだそうです。
勢力を維持したまま上陸するとなると、まさに25年ぶりで、まさに危機をもって行動しないといけないくらいの風の強さと想像できます。
この台風21号は、進路を北北東に変えて速度を上げながら進み、4日午後には勢力を保って四国地方から東海地方に接近、上陸する見込みだそうです。
そして、台風接近に伴い、3日午後は西日本の太平洋側で雨が強まり、4日は西日本から東日本で急に風が強まり、雷を伴って局地的に猛烈な雨が降る見通しだそうです。
4日正午までに予想される24時間雨量は、多いところで四国400mm、近畿200mmで、5日正午まででは東海で500mm、近畿と関東甲信、北陸で400mmと想定されています。
1時間に降る雨量でも、最近は100mmを超えることはよくあります。
だからこそ各地で土砂崩れを起こしているのは周知の通りです。
まさに、それほど大きくて危険な台風だと思います。 
勢力が、ぐっと弱くなることを期待します。
自然災害(雨・風・地震)についての状況は次のとおりです。
(a)1時間に降る雨量の目安
①5~10mm
  雨音がよく聞こえ、道路や庭にみるみるうちに水たまりができる。
②20~30mm
  土砂降りの状態で、側溝に水があふれ、道路が川のようになる。
③50mm以上
  話も聞こえないほどの音を立て、バケツをひっくり返したように激しく降る。
④100mm以上
  あたりの景色や人の姿も見えにくいくらい激しく降る。
  土砂崩れを起こす可能性がある。
(b)風の強さと被害の程度
①10m/秒
  傘の骨が折れる。
②15m/秒
  取り付け状態の悪い看板やトタン板が飛ぶ。
③20m/秒
  子供は歩くことができない。
  大人は体を傾けてやっと歩ける。
④25m/秒
  テレビのアンテナが倒れ、煙突や瓦は吹き飛ばされる。
⑤30m/秒
  雨戸が外れる。
  しっかりしていない家は倒されてしまう。
⑥40m/秒
  小石が飛び散る。
  電車は倒されてしまう。
⑦50m/秒
  ほとんどの木造家屋や木が根こそぎ倒される。


スポンサーサイト

「地球平面説」を唱えている組織があります

まだ「地球平面説」を唱えている組織が存在しています。

地球は球体ではなく、平面かつ円盤状であるという「地球平面説」を信じ、日々普及・啓蒙活動をしている「地球平面協会(The Flat Earth Society)」という組織が存在しているそうです。
彼らの言い分として、そもそも、世界各地の古代文明において「地球平面説」は代表的な宇宙論のひとつとして広く認められていたものであり、現在主流となっている「地球球体説」は、各国政府やNASAによる捏造であるというのだそうです。
そんな地球平面協会が、近年急速にその会員数を増やしているそうです。
そして、とうとう地球が平面であることを証明するための調査隊を組織し、南極へと派遣することを決定したという衝撃的なニュースもありました。
地球平面協会の「地球平面説」の主張は次のようなものです。
・ 地球は平面、かつ円盤状である
・ 円盤の中心は北極である
・ 円盤の周囲はぐるりと氷の壁で縁取られており、これが南極である
・ 太陽と月の直径はともに51kmほどであり、約4,800km上空の天球上を24時間周期で移動している(その他の星は約5,000km上空を移動している)
・ 重力は幻覚。自由落下運動の加速度(g=9.8m/s2)は誤りであり、実際は地球がその速さで上昇している(原因は不明だが、恐らく謎の「暗黒エネルギー」によるもの)
・ 地面の下に何があるのかは不明、しかし恐らく岩で構成されている
・ 衛星写真などで見る丸い地球は、すべて加工されたもの
・ NASAや政府などの陰謀により、地球は球体と信じ込まされている
・ 南極で自由に活動できない理由は、円盤の縁から人間が落下する事故を防ぐため
・ 国連旗は、地球が平面であることを暗に示すものである

「地球儀を見たことがないのか?」と言いたいくらいなのですが、確かに飛行機から見る地球でも完全には「地球平面説」は否定できません。
宇宙飛行士に聞くしかないのですが、すべての宇宙飛行士が嘘をついていたとしたら、宇宙に行く時代がこないかぎり、これは謎だと言うことも可能にはなります。

日本では、日本書紀の第1章には大地は平面状で乾いた島々が「油のように」水に浮かんでいるという古代日本の世界観が描かれています。
それゆえ、世界が作られ始めたときには島々の素材となる土が水面を戯れる魚が漂うのと同じような仕方で漂っていたと言われていました。
昔、大地が新しかった頃には、大地は油が漂うかのように漂っていたとされています。
その頃には、あるものが地上で作られたそうですが、それは萌え上がる葦の芽のような形をしていたとされています。
古事記やアイヌの民話でも、水面を「漂う」大地という「地球平面説」がみられていました。
日本には16世紀後半まで地球という概念が存在しなかったそうです。
宣教師フランシスコ・ザビエルはその報告において、日本人が地球が球体であったという事を知らなかったと報告しています。
その後マテオ・リッチの坤輿万国全図が伝わり、南蛮図屏風などで円形の地球が描かれるようになりました。
しかし近世儒学の祖の一人林羅山は儒教的な秩序論により、この説に反対していたそうです。
羅山は宣教師ハビアンとの対談において、「万物にはすべて上下がある」とした上で、地球が球体であるというのは儒教の渾天説の世界観を模したものであると非難したそうです。
また従来の須弥山的世界観を持つ仏教者の中からも「地球球体説」に対する反発が起きていたそうです。

こんな「地球平面説」ですが、去年の1月には、地球平面協会は、南極に調査隊を派遣することで、地球の周囲が(落下を防ぐために)氷の壁で縁取られていることを科学的に証明しようとしていました。
地球平面協会が、満を持して立ち上げた南極探査プログラムは、「コペルニクス・プロジェクト ― 地球平面調査」というのだそうです。
公式フェイスブックによれば、彼らは25~50トン級の調査船に乗り込み南極へと向かい、高高度気球を飛ばして地球が“氷の縁”で囲まれている証拠を掴みたいとしています。
びっくりするような試みに聞こえますが、この地球平面協会は決して“おかしな人々”の集団ではないそうです。
彼らが何よりも問題視するのは、「事実(とされるもの)」と「実感」が合致しない点であり、「Zetetic(真理を究明する)メソッド」という現代科学に疑問を呈する立場から、常識を打破しようと試みる“現代科学への挑戦者”だそうです。
日本ではまったく報じられなかったのですが、彼らのチャレンジにはその当時のオバマ大統領やトランプ次期大統領、さらに「ワシントン・ポスト」紙をはじめとする数々の大手メディアまでもが並々ならぬ関心を寄せているという事実がありました。
もう1年以上経過したのですが、その結果はネットを調べてもどこにもありません。
結果だけでも知りたいものです。


この想像図ってどうなの?

松山市の石手川公園の桜

昨日の朝の石手川公園の桜です。

P3270008.jpg

P3270007.jpg

P3270006.jpg

P3270005.jpg
ソメイヨシノですが、これは満開といってもいいでしょう。

富士山の「笠雲」と「つるし雲」

今年の1月8日に富士山で「笠雲」と「つるし雲」が見られました。
これは世界中に配信されたようです。


富士山の上に覆い被さるように、滑らかな形状の雲が出ています。このような雲が「笠雲(かさぐも)」と呼ばれています。
上空を流れる湿った空気が山の斜面にぶつかることによって、強制的に上昇して雲ができます。
このとき、上空の風が強いと、風上側の斜面で雲が発生します。
そして、風下側の斜面では雲が消えていくという現象を絶え間なく繰り返すことによって、山頂付近で雲が止まって見えることになります。


また富士山の風下には、まるで空飛ぶ円盤のような滑らかな形状の雲が出ています。
このような雲が「つるし雲」と呼ばれています。
この日の富士山山頂付近では強い西風が吹いていました。
山を越えた湿った風がその風下でも波打ち続け、強制的に風が上昇している部分で雲ができます。
「笠雲」と同様に、風が上昇する場所で雲が出来て、風が下降する場所では雲が消えていくという現象を絶え間なく繰り返すことによって、同じ場所で雲が止まって見えることになります。

「笠雲」や「つるし雲」は「レンズ雲」と呼ばれる種類の雲の一種で、
・上空に湿った空気が存在
・上空の風が強い
という状況の時に発生しやすくなります。
上空が湿っているということは、雲が発生する条件がそろい始めている証拠だそうです。
そのため、「笠雲」や「つるし雲」が見えると天気が下り坂といわれています。

福井県での車の立ち往生

北陸地方が大変なことになっています。

上空の強い寒気や低気圧の影響で、北日本から西日本では日本海側を中心に大雪となっています。
特に、福井県嶺北では、きのう6日(火)の降雪量が記録的な大雪となり、なかでも福井市の積雪は136cmを観測し、1981年の「56豪雪」以来、37年ぶりの異常事態となっています。
「昨日の晩には何も積もってなかった車が朝方にはこんな状況になっていました。一気に積もっていて、除雪をしても追いつきません。車もそこらじゅうでスタックするなど、道路がまともに通れず、パニック状態です」
「新聞もお昼に届きました。近くのコンビニも食べ物がほとんどないような状況で、今後も降り続くときいて食料が心配です。屋根の雪も取らないと潰れるのではないかと不安になっています」
と地元の人は言っています。
そして、この大雪の影響のため、福井県と石川県を結ぶ国道8号で6日、計約1500台の車が立ち往生していました。
立ち往生が発生したのは福井県坂井市から同県あわら市へ北上する車線約8kmと、石川県加賀市からあわら市へ南下する約9.3kmです。
雪にはまって動けなくなった車があるほか、並行して走る北陸自動車道の通行止めで8号に大量の車が流入したことなどが原因とみられています。
だけど、まだ今日になっても1000台くらいが立ち往生のままだそうです。

福井県で記録的な大雪になったのは、日本海上に発達した雪雲の列ができて、次々と福井県付近にぶつかったためだそうで、1月中旬以降、偏西風が日本付近で大きく南に蛇行し、シベリアから数年に1度のレベルの寒気が1月下旬以降、断続的に流れ込んでいることも背景にあるとみられています。
雲の列は「日本海寒帯気団収束帯」と呼ばれる前線のような場所で生まれています。
大陸から吹く北西の季節風が朝鮮半島北部の「長白山脈」でいったん分かれた後、日本海上で合流して収束帯が発生し、ここで発達した帯状の雲が作られ、福井県付近に流れ込む形になったそうです。
季節風が合流する際、上空の寒気が強いほど雪雲は成長します。
西日本の上空1500m付近では、平年より約10度も低い氷点下12度前後の強烈な寒気が流れこんでおり、雪雲の発達を強めました。
東太平洋赤道付近の海面水温が平年より低くなる「ラニーニャ現象」も、一般的に厳冬をもたらすとされています。
気象庁は現在、6年ぶりに発生しているとみており、寒波との関係を調べているそうです。

「福井 大雪」の画像検索結果
立ち往生している車の列です。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR