豪雨による道路の冠水での車の水没について

豪雨による道路の冠水での車の水没について調べている資料がありました。

ゲリラ豪雨や台風による道路の冠水が全国各地で多発しています。
そして、アンダーパスのような低い場所で車両水没被害も起きています。
この実験では、そのような状況を想定し、水圧の影響でドアが開くかどうかを検証していました。
実験では、セダンとミニバンの車両2台で、試験場のスロープ(角度5.7°)と平坦部分を用いて、水深別(30cm、60cm、90cm、120cm)に車内からドアを開ける試験を行っていました。
そして、「後輪が浮いている状態」と「完全に水没した状態」で検証を行っていました。
また、計測器を用いて、車外からドア開けに必要な力を計測していました。
同車両2台とも「通常の場合」と「水深60cm(水没状態)」でテストを行っていました。
セダンは運転席ドア、ミニバンは後席スライドドアをテスト対象としました。
この結果から見ると、セダンは水深60cmから、ミニバンは90cmから後輪が浮き始めています。
そして、セダン、ミニバンともに「後輪が浮いている状態」では、車外の水位が高いためドアに外から強い水圧がかかり開けられなかったようです。
また、セダン、ミニバンともに「完全に水没した状態」では、車内外の水位差が小さくなり、水の抵抗で重いものの、どちらのドアも開けることができたようです。
ただし、ドアへの水圧によって、車外からドアを開けるのも困難になる場合もあります。

水没時にドアも窓も開かない場合、車内外の水位の差が小さくならないとドアは開けることができません。
車両が前傾して浮いている場合、後席のドアなど水圧の影響を受けにくいドアから脱出を試みる必要があります。
このことを考えると、アンダーパスなどの周囲より低い道路では、水かさが急激に増えて水没車両から脱出することが困難になることもあるので、安易に冠水路には入らないのが一番です。
そして、万が一に備えて、脱出用ハンマーを車内の手に届くところに常備しておくことも大切です。

車両車の状態水深
30cm60cm90cm120cm
セダン
(前席ドア)
後輪が浮いている-×××
完全に水没△24
ミニバン
(スライドドア)
後輪が浮いている--××
完全に水没△55△58△40

  • すぐに開けられた
  • なんとか開けられた
    (数字は開けるのにかかった秒数)
  • ×開けられなかった

スポンサーサイト

10月になっても真夏日の連続

10月になってからもまだまだ暑い日が続いています。

昨日の真夏日は、全国で63箇所もあったそうです。
今日の10日(火)も、四国に限らず、九州から関東は晴れて、夏日・真夏日続出となりそうな予報です。
そして、12日(木)頃までは九州から関東は気温は平年より高い状態が続く見込みだそうです。
今日のニュースだと、東京・足立区の4歳の男の子が、7日から静岡県伊東市の天城高原別荘地に家族などと一緒に訪れていましたが、昼ごろに行方がわからなくなり警察などが捜索し、およそ45時間後の9日午前9時前、行方がわからなくなった場所からおよそ700メートル離れた雑木林の斜面で、警察官が見つけたそうです。
今年は異常に暑い日が続いていたので、夜の気温も4歳児でも凌げる温度だったのがよかったのだと思います。
13日(金)からは一転、グッと冷えるとの事です。
九州から東北南部まで曇りや雨で、日中も気温は上がらないそうです。
東京での最高気温は、13日(金)は20度の予想で、12日よりも8度以上低くなる予想だそうです。
4歳の男の子の家族にとっては、まさに不幸中の幸いだったと思います。

大きい被害を出した台風18号

日本を縦断して、大きい被害を出した台風18号について調べてみました。

平成29年台風第18号(へいせい29ねん たいふうだい18ごう、アジア名: タリム/Talim、命名: フィリピン、意味: 鋭い刃先)は、2017年(平成29年)9月9日に発生し9月18日に温帯低気圧に変化した台風です。
マリアナ諸島で発生し、北上して鹿児島県に上陸し、その後も高知県、兵庫県、そして北海道には2度上陸し、さらにサハリンに上陸した18日の21時に温帯低気圧へと変化しました。
観測史上初めて北海道・本州・四国・九州の本土4島全てに上陸した台風です。
①台風の動き
9月7日21時にマリアナ諸島の東で熱帯低気圧が発生し、合同台風警報センター(JTWC)は、熱帯低気圧番号20Wを付番しました。
20Wは9日21時に北緯15度25分、東経143度10分で台風となり、フィリピンが命名したアジア名タリム(Talim)がつけられました。
11日午後にはフィリピンの監視領域に進入し、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名ラニー(Lannie)と命名しました。
フィリピンの東の海上を進む18号は11日に「強い」勢力となり、暴風域も伴いました。
13日の午前には先島諸島に接近し、宮古島を暴風域に巻き込んだ後、「非常に強い」勢力となった18号は東シナ海を北上し、ブーメランのように北東方向へ急カーブして進路を九州地方に向けました。
秋は太平洋高気圧の勢力が弱まった影響で偏西風が本州付近まで南下するそうですが、18号がその偏西風に乗ったため急カーブしたそうです。
17日11時半ごろ、18号は中心気圧975hPa、最大風速30m/sの勢力で鹿児島県南九州市付近に上陸しました。(その後、気象庁は再上陸したと認めていないものの、一度鹿児島湾に出た後、垂水市付近に再上陸しました。)
17日13時ごろには九州と四国の一部を暴風域に巻き込み、高知県内の複数個所では20m/sを超える最大瞬間風速が観測されました。
17日17時ごろに高知県宿毛市付近に再上陸し、四国のほぼ全域が暴風域に入り室戸岬では17日17時42分に最大瞬間風速47.8 m/sを観測しました。
その後、四国地方・瀬戸内海を横断し、17日22時ごろに兵庫県明石市付近に再上陸(3度目の上陸)しました。
18日3時に暴風域がなくなったものの、日本海に抜けたのち再発達し、18日6時に暴風域が再度出現しました。
18日10時過ぎに暴風域を伴ったまま北海道の檜山地方に再上陸(4度目の上陸)しました。
渡島半島を通過し、内浦湾に出たのち、18日12時過ぎに胆振地方西部に再上陸(5度目の上陸)しました。
その後北海道を縦断して稚内市付近で宗谷海峡に抜け、ロシアのサハリンに再上陸(6度目の上陸)し、18日21時に同島の北緯47度、東経143度で温帯低気圧に変わりました。
②気象状況
・大雨
台風の接近に伴い、北海道や西日本、南西諸島を中心に大雨となり、降り始めからの雨量が沖縄県宮古島や宮崎県で500ミリを超えたところがありました。
気象庁は14日未明、宮古島で「50年に1度の記録的な大雨」になっていると発表し、17日には大分県で4回の記録的短時間大雨情報を発表しました。
以下の地点では、観測史上1位の記録を更新しています。
・1時間雨量
北海道大樹町(大樹):85.0ミリ(18日10時34分まで)
大分県佐伯市(宇目):89.5ミリ(17日14時17分まで)
大分県佐伯市(佐伯):84.5ミリ(17日9時6分まで)
宮崎県国富町(国富):81.5ミリ(17日4時52分まで)
・24時間雨量
北海道登別市(カルルス):316.0ミリ(18日20時30分まで)
愛媛県東温市(上林):260.5ミリ(18日10時50分まで)
大分県大分市(佐賀関):335.0ミリ(17日19時10分まで)
宮崎県宮崎市(赤江):386.0ミリ(16日11時50分まで)
沖縄県宮古島市(城辺):533.0ミリ(14日6時まで。同市の他2か所でも観測史上1位を更新した)
・72時間雨量
大分県大分市(佐賀関):374.5ミリ(18日4時まで)
宮崎県宮崎市(赤江):512.0ミリ(17日23時30分まで)
沖縄県宮古島市(城辺):567.0ミリ(16日1時40分まで。同市の他2か所でも観測史上1位を更新した)
・暴風
北海道から沖縄県までの広い範囲で風速20メートル以上の非常に強い風が観測されました。
最大瞬間風速青森県八戸市(八戸):41.7メートル(18日12時4分。観測史上1位を更新)
・被害・影響
大分県では17日、大分県中部から県南部の川が多数氾濫しました。
臼杵市では市街地で冠水し、水防活動の面目で大分県知事から陸上自衛隊第41普通科連隊長へ災害派遣要請が出されました(災害派遣は翌18日13時に撤収要請)。
津久見市では津久見川と徳浦川で氾濫し、津久見市役所を含め広範囲で浸水しました。
このほか、大分市・豊後大野市の大野川、佐伯市の番匠川水系井崎川で氾濫が発生し、臼杵市の風成川や佐伯市の門前川でも、氾濫が発生したとみられます。
宮崎県では、宮崎市、国富町、日向市、延岡市で突風被害が発生しました。
また鹿児島県十島村でも突風被害が発生しました。

愛媛県では、台風の直撃ではなかったので、被害は比較的少なかった方ですが、それでも一日で、187.5mmの雨が降っています。
風も強く、ビニール傘があっという間に壊れてしまう程でした。
そして、暴風雨域も、大きくなったり小さくなったりで、息の長い台風でした。
最近は、特に台湾や中国のほうに行ったかと思えば、急カーブして日本列島を直撃しています。
近年は、このような天災が多くなってきています。
地震も含めて、地球の温暖化が深くかかわってきているような気がします。

台風18号によるものすごい豪雨

昨日の夕方は、台風18号によるものすごい豪雨でした。
雨のあまり降らない松山市での、こんな長時間の豪雨は久しぶりです。
昨日は、たった一日で187.5mmの雨が降っています。
午後2時18.5mm、3時35.0mm、4時35.5mm、5時15.0mm、6時24.0mm、7時40.0mmです。
ちょうど6時から7時の間は、外食のために店に入る時で、あまりの暴風雨で傘が壊れてしまいました。
時間雨量40mmの雨を経験したのは久しぶりでしたが、外に出られるような雨ではないですね。
松山市では、2015年7月9日にゲリラ豪雨があり、午前11時34分までの1時間に48mmを記録しています。
この時は、7月の1時間雨量としては1890年の統計開始以来でした。
この豪雨で、愛媛県では、少なくとも105棟で床上や床下が浸水したそうです。
松山市西石井のマンションでは、17日の午後、道路より低い場所にある1階の入り口が水につかり、住民がひざのあたりまで水につかった状態で出入りする様子が見られたそうです。
河川でも、松山市の中心を流れる重信川と、今治市の中心を流れる蒼社川が氾濫危険水位を超えて、住民が避難しています。
そして、小規模ですが決壊しているところもあったそうです。
でも、その後のニュースを見聞きすると、松山市は、まだ雨が少なかったほうだと思います。
愛媛県でも、成就社は354.5mm降って、時間雨量も65.0mm記録しています。
新居浜市でも293.5mm降って、時間雨量は86.5mmです。
九州では、宮崎市内で、降り始めからの雨量が600mmを超えています。
大分県で、佐伯市で時間雨量110mm、津久見市で120mmだそうです。
他にも、三重県、高知県、京都府で、1時間に90mm前後の猛烈な雨を観測したそうです。
時間雨量だけでも、松山市の40mmの倍以上の豪雨です。
こんな雨は、ほんとうに危険です。
松山の現在は、昨日の豪雨が嘘のように晴れ渡っていて、またまた夏になっています。
石手川ダムは、昨日までは61.7%で、取水制限をしていましたが、今日の8時10分で100%になり、明日解除するそうです。
松山市では、近県に比べると被害が少ないのでまだよかったのですが、本当にびっくりするような雨風でした。
こちらは通り過ぎましたが、東北や北海道では、より勢力が増している台風18号が、まだ大暴れしているようです。
被害が少ないことを祈るばかりです。

異常気象で日本が真っ二つ

今年の日本の天候は極端です。

東京は8月1日から21日まで21日連続で雨が降っていました。
8月に東京で、こんなに雨が続くのは1977年以来、なんと40年ぶりのことです。
東京での連続の雨は40年ぶりだそうです。
また、宮城県仙台市では8月26日まで雨が降り、降水連続日数が36日となりました。
6月~9月として統計を開始して以来、史上1位となっています。
【仙台 降水連続日数】
1位 36日間 2017/7/22~8/26
2位 35日間 1934/7/8~8/11
3位 31日間 1988/8/9~9/8
4位 28日間 1957/6/27~7/24
5位 26日間 1956/6/30~7/25
※6月~9月として統計開始(1926年)

ただし、これは関東や東北の状況で、私の住んでいる四国松山は、8月7日には57mmのまとまった雨が降ったのですが、その前後はほとんど降っていません。
松山に限らず、西日本はもう毎日ものすごく高い気温が続いています。
これに反して、東北や北海道の太平洋側は、関東以上に非常に気温の低い状態が続いているようです。
その様相は、「日本が真っ二つに割れている」ような気象で、気象庁の気温の予想分布でもそのような感じを受けます。
下の図では、濃い赤になればなるほど「通常より高い気温」が予測されていて、濃い青になればなるほど「通常より低い気温」となることが予測されていることを示します。
この図では、関東をはさんで、「西と東が完全にわかれた」というような形になっています。
そして、日本には「2つの異常天候早期警戒情報」が出されています。
気象庁が発令中の「異常天候早期警戒情報」では、
・8月 19日から 28日 西日本の大部分が「通常より気温がかなり高くなる」可能性が 30%以上
・8月 15日から 24日 東日本の太平洋側で「通常より気温がかなり低くなる」可能性が 30%以上
東日本では「平年より気温が異常に低くなり」、「西日本では平年より気温が異常に高くなる」ということで、つまり、これが示すところは、「日本はこの8月、大部分の場所が何らかの気温の異常の影響を受ける」ということになる可能性がかなり高いということを示しています。
気象庁発表の2017年8月12日から9月11日の平年との気温の差異

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR