環太平洋火山帯で頻発する火山噴火

キラウエア火山の噴火の続編と、環太平洋火山帯で頻発する火山噴火について調べてみました。

キラウエア火山が噴火して溶岩の流出が始まったのは1カ月以上前で、これまでに約20平方キロが溶岩に覆われていたのですが、同島カポホにある同州最大の淡水湖であるグリーンレイクで最初に蒸気の煙が現れたのは2日午前10時頃だったそうです。
そして、午後3時には、ハワイ郡消防当局から米地質調査所(USGS)に、湖は溶岩で埋め尽くされ、湖水はもう存在しないとの確認があったそうです。
グリーンレイクは遊泳スポットとして人気で、水深が61mもある湖があっという間に消滅するのはものすごい威力です。
ハワイ島では4日にも、活発な火山活動が続くキラウエア火山から溶岩がおよそ700メートル四方にわたり湾に流れ込み、有毒な煙が発生しました。
そして5日には、潮だまりで名高いカポホ湾が溶岩で埋め尽くされました。
この煙は溶岩が海水に触れることによって発生したもので、ガラス性の粒子など有毒な物質も含んでいて、健康への影響も懸念される「レイズ」が含まれている場合もあります。
下の写真の白い煙が「レイズ」です。
「レイズ」とは、1000℃以上ある溶岩流(ラバ)が海水に触れて化学反応を起こすことで発生する塩酸ガスや火山性のガラスの微粒子を含んだ有害な煙(ヘイズ)を指します。
つまりラバ(溶岩流・lava)とヘイズ(煙・haze)で「レイズ」(laze)です。
見た目は真っ白で美しくも見えるのですが、「レイズ」が発生すると、目や肌の炎症や肺の損傷、最悪の場合は死に至ることもあるそうです。
2000年にキラウエア火山が噴火した際にも「レイズ」が発生し、溶岩が流れ込んだ場所から100mのところにいた男女2人が、肺の損傷で死亡しているそうです。
ハワイ島では、流れ出した溶岩で、既におよそ120棟の家が焼かれていますが、今回の溶岩流出でさらに数百の家屋が焼失したとの見方を示しましています。

火山噴火はここだけではありません。
中米グアテマラのフエゴ火山が3日と5日、新たに噴火したとのニュースが入ってきました。
3日の大噴火による死者数は、これまでに確認されただけでも75人、行方不明者は少なくとも192人に上るそうですが、3日の大噴火による被災地で救援・捜索活動に当たっていた当局者やボランティア、報道陣も新たな噴火で避難を余儀なくされたそうです。
フエゴ火山は最初の噴火で、高さ約10キロまで火山灰などを噴き上げた。火山のふもとにある多数の集落が、火山灰や泥に埋まったそうです。
地元当局によると、3日の噴火で170万人が影響を受け、3000人以上が避難したそうです。
グアテマラ国立地震学研究所のエディー・サンチェス所長さん、は5日に、「今後数日の間は噴火はないだろう」と述べていたのですが、その後に新たな噴火が発生したそうです。
フエゴ火山2012年に6回噴火していますが、それから5年間は噴火していませんでした。
火山学者ジャニーン・クリップナー博士は、「フエゴは非常に活発な活火山だ。粘度の低い火山物質が堆積している上、火山は雨量の多い地域にある。そのため、豪雨が火山を襲うと、雨が堆積物を押し流して泥流の一部とする。泥流は大量の瓦礫(がれき)や岩石を運ぶ」と、BBCに対して語っていました。

今年に入り、日本列島を含む環太平洋地域で火山噴火が頻発しています。
日本では、桜島(1月~)、草津白根山(1月)、諏訪之瀬島(3月)、新燃岳(3月)、霧島連山の硫黄山(4月)があります。
海外では、フィリピンのマヨン山、インドネシアのシナブン山・ムラピ山、メキシコのポポカテペトル山、ハワイのキラウエア火山などと、今回のフエゴ火山です。
以前から、「リング・オブ・ファイア」つまり環太平洋火山帯(または環太平洋造山帯)のくくりで大地震や火山噴火の発生をチェックすることの重要性がありますが、そのリングの内側に位置するハワイ島なども要注意エリアです。
ハワイのキラウエア火山やマウナロア山で火山活動が活発になった時には、リング・オブ・ファイア上でも火山噴火や大地震が起きやすいそうです。

キラウエア火山噴火の溶岩が淡水湖に流れ込み湖水が蒸発した

キラウエア火山噴火の溶岩が淡水湖に流れ込み湖水が蒸発しました

ハワイ諸島の地図
ハワイ諸島とキラウエア火山の位置図です。

スポンサーサイト

ハワイ島のキラウエア火山の噴火について(続編)

ハワイ島のキラウエア火山の噴火の続報です。

ハワイ島のキラウエア火山では、噴火が相次いでいます。
航空向けの警戒レベルが最高の「レッド」に引きあげられました。
さらに、AFPニュースによると、17日早朝には爆発的噴火が発生し、火山灰は上空約9kmまで立ちのぼったそうです。
キラウエア火山では過去30年間以上も噴火が続いていたものの、問題が深刻化したのは数週間前からでした。
山頂のハレマウマウ火口の東の側面が崩れ、せき止められていた溶岩が島の各地に流れ出して以来事態は悪化し続けており、5月3日には最初の大規模な噴火が起きました。
噴火の影響を受け、13日の時点で17ヵ所の亀裂が確認され、溶岩と有毒ガスを噴き出す危険なスポットとなっています。
そのうちひとつの亀裂がプナ・ジオサーマル・ベンチャーのエネルギー変換工場の近くで発見されましたが、工場内からは可燃性ガスおよそ19万リットルを無事退避させたとCBSが報じています。
さらに、溶岩を30mの高さにまで吹き出している亀裂もあるそうです。
また、キラウエア火山が以前1955年に噴火した名残りで、比較的温度が低くて動きが鈍い溶岩が火口内の上のほうに溜まっていますが、それらがすべて吐き出されると下からより活発なマグマが湧き出てくる恐れもあり、油断できない状況だそうです。
何の予告もなく溶岩が地表までせりあがり、大規模な噴火につながるかもしれないそうです。
そして、懸念されるのは住民が溶岩流や有毒ガスの吹き溜まりに取り残されないかも知れないということです。
いつ終息するかもわからない噴火ですから異常事態です。
日本でも、2018年だけで 硫黄島、駒ヶ岳、新燃岳など多数の火山活動が報告されました。
キラウエア火山の噴火は決して他人事ではありません。
日本では、ハワイのように庭先まで溶岩が流れ込んでくる危険はないとしても、防災の準備を今一度確認しておいたほうがいいかと思います。

ハワイ島のキラウエア火山が爆発的噴火、上空9kmまで火山灰が立ちのぼる
ハワイ島のキラウエア火山が爆発的噴火している様子です。
上空9kmまで火山灰が立ちのぼったそうです。


霧島連山・新燃岳の噴火と危険な火山

先日まで、ハワイ島のキラウエア火山の噴火のニュースでもちきりでしたが、昨日、霧島連山・新燃岳がまた噴火したようです。

宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)が、5月14日午後2時45分ごろ噴火しました。
気象庁によると、新燃岳は3月6日、約7年ぶりに爆発的噴火を観測し、活発な火山活動が続いていましたが、噴火したのは4月6日以来だそうです。
噴煙が火口から4500mまで上がったそうですが、噴石は確認されていないようです。
同じ霧島連山の硫黄山も4月19日、250年ぶりに噴火しています。
そして、近くの長江川などから環境基準を超えるヒ素などの有害物質が検出されました。
午後4時までに地下のマグマなどの動きで生じる火山性微動が1回、火山性地震は120回観測されました。

火山の専門家たちは、今年は特に地震と火山活動の多い年になると予測しており、2018年に噴火の可能性があるとして、世界で6つの火山を注視していました。
キール大学(イギリス)鉱物学と岩石学の准教授ラルフ・ゲルティス博士、グラスゴー大学(スコットランド)火山学者のケイティ・プリース氏と、サウスフロリダ大学火山学助教授のウィルベイン・シャルボニエ博士が、甚大な被害をもたらす可能性のある6つの火山を特定していました。
そして、その中に、日本の霧島山とキラウエア火山が含まれていました。
このほかには、
・エーライヴァヨークトル(アイスランド)
・ムラピ山(インドネシア)
・ビジャリカ火山(チリ)
・ポポカテペトル山(メキシコ)
の4つの火山が危険なそうです。
エーライヴァヨークトルは、アイスランドの南東に位置する火山(標高2,110m)で、ノルディック地方最高峰の火山です。
もしエーライヴァヨークトルが1727年以来の大噴火を起こせば、2010年に噴火したエイヤフィヤトラヨークトル火山と同等の被害が予想されています。
エイヤフィヤトラヨークトルが2010年4月に噴出した火山灰の影響で、当時ヨーロッパ全域で交通に混乱が生じたのは覚えています。
ゲルティス博士、プリース氏、そしてシャルボニエ博士は対談の中で「エーライヴァヨークトルは長い休眠から目を覚ましつつある。2017年8月から火山内で地震制微動を観測しており、11月には通常氷に覆われている噴火口の窪みがあらわになった。この現象は通常、火山内部の温度が上がり、表面の氷が溶けることが原因である。」と語っています。
ムラピ山は、ジャワ島にある標高2,930mの火山で、2010年の噴火で400名もの犠牲者を出し、依然として世界で最も危険な火山の一つす。
昨年は同じインドネシアにあるバリ島アグン山が話題に上ることが多かったのですが、真に恐れるべきはムラピ山だと専門家たちは警鐘を鳴らしています。
ムラピ山はその噴火頻度と、裾野の人口密度の高さから、最も危険な火山の一つと言えるそうです。
ビジャリカ火山は、チリで最も活発な火山です。
標高2,847m、麓の町プコンを見下ろすこの火山が最後に噴火したのは2015年3月です。
溶岩と火山灰を数千m上空に噴出し、プコンの全住民が避難しました。
そして今、専門家たちはビジャリカ火山の再噴火を警戒しています。
2017年11月中旬頃から、火山性地震と溶岩溜まりの活動が活発化してきており、溶岩噴泉は150mの高さにまで上がってきているそうです。
ポポカテペトル山は、メキシコシティから70km離れた、標高5,426mの火山で、北アメリカで2番目に大きな火山です。
2000年に噴火して以来16年ぶりとなる2016年に噴火しました。
火山灰を脅威の上空3kmまで吹き上げ、それ以来継続的に噴火しています。
現在メキシコで最も活発な火山です。
噴火は、近くにいたら危険なだけでなく、さまざまな二次災害を招きます。
災害の要因となる主な火山現象には、大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流、溶岩流、小さな噴石・火山灰、土石流、火山ガス等があります。
特に、大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流は、噴火に伴って発生し、避難までの時間的猶予がほとんどなく、生命に対する危険性が高いため、防災対策上重要度の高い火山現象として位置付けられており、噴火警報や避難計画を活用した事前の避難が必要になります。
こうなると、地震と関連した噴火の予知技術もよりすぐれたものにしていく必要があります。
早く、天気予報みたいに、噴火や大規模地震の予知が正確になってほしいものです。


霧島連山・新燃岳の噴火の様子です。

ハワイ島のキラウエア火山の噴火について(続編)

ハワイ島のキラウエア火山の噴火の続報です。

米地質調査所(USGS)とハワイ火山観測所は9日、ハワイ島のキラウエア火山について、今後数週間のうちに爆発的な噴火が起きる可能性があると発表しました。
有害なスモッグや酸性雨が発生する恐れもあるそうです。
USGSなどによると、火口内の溶岩湖が沈下を続けており、地下水と接触すれば、蒸気爆発が起きる可能性があるそうで、蒸気爆発が起きれば、重さ数トンもある岩石や小石が大量に吹き飛び、酸性の雲が上空に広がって、広い範囲に酸性雨をもたらす恐れがあるそうです。
「現時点で、そうした爆発的な活動が起きるかどうかの確証はない。爆発が起きた場合の規模や、爆発的な活動がどれくらい続くのかも分からない」そうです。
キラウエア火山の噴火では、東部の住宅地でも地面に亀裂ができて溶岩が流れ出し、有毒ガスを放出しています。
二酸化硫黄の濃度が危険な水準にあると警告していたのですが、USGSによると、風が弱まれば、こうした有毒ガスなどが湿気や埃と混じって「ヴォッグ」と呼ばれる火山スモッグを発生させ、硫酸の水滴によって呼吸器系の問題を生じさせる恐れがあるそうです。
10日から11日にかけては貿易風が弱まると予想され、ハワイ島南部の海上に集積していたヴォッグが拡大して健康被害を発生させる可能性もあります。
同日にかけては雨が降る確率も高いことから、酸性雨と呼ばれる硫酸の雨が降る恐れもあるそうです。
ハワイ大学の研究者によると、高い濃度のヴォッグは頭痛の原因になったり、肺や目の不快感を生じさせたりすることがあるようです。
ぜんそくなどの呼吸器疾患を持つ人は、肺の気道が締め付けられて呼吸困難に陥る恐れもあるようですが、「ヴォッグが健康な人に長期的なダメージを生じさせるという明らかな証拠はない」そうです。
予報通り、週の後半にかけて貿易風が弱まれば、ヴォッグが北へ向かって集積し、11日までにハワイ島の一部を覆うことも予想されます。
ただ、風は再び吹き始める見通しで、そうなれば11日夜までに陸地からは吹き払われるかも知れません。
ヴォッグが発生する地域では、酸性雨も予想されます。
酸性雨は農作物に被害をもたらし、車や工作機械や建築資材といった金属製品のさびも加速させます。
人体への被害については、「酸性雨の中を歩いたり、酸性雨の影響を受けた湖で泳いだりしても、普通の雨の中を歩いたり非酸性の湖で泳いだりするより大きな危険が生じることはない」(米環境保護庁=EPA)といわれています。
ただし、溶岩だけでなく、火山活動でできた亀裂や地震による危険も続きます。
8日には、約1700人の住民が避難したレイラニ・エステーツ地区で、13番目と14番目の亀裂ができたそうです。
これまでに破壊された構造物は、住宅26軒を含め、少なくとも36棟に上ります。

いつまで続くかもわからないので、避難している人はどうしようもないとは思います。
思えば、原発の事故でも、何時帰ってこれるのかわからない状態での避難でした。
災害に対して、人間は無力ですね。
レイラニ地区は、キラウエア火山の噴火と隣りあわせで生活しているので、土地の価格は100坪で12万円程度とものすごく安く設定しているそうです。
それでも、「家がなくなるかも知れない」と思いながら買った人はいないはずです。
一日も早く終息してほしいものです。

ハワイの火山に爆発的噴火の恐れ
溶岩流が民家に切迫している航空写真です。
ほんと、火の海です。


道路が溶岩流に飲み込まれています。
恐ろしい光景です。

火山スモッグや酸性雨にも要警戒
花火工場の火事みたいですが、これは亀裂から溶岩が吹き上がっている様子です。
レイラニ・エステーツ地区では、新たに地面が割れ、溶岩が70メートル上空まで吹き上がったそうです。

ハワイ島のキラウエア火山の噴火について(続編)

ハワイ島のキラウエア火山の噴火についての続編です。

5月3日に噴火した米ハワイ島のキラウエア火山では、依然として溶岩流の噴出が続いています。
ハワイ島南東部に位置するキラウエア火山が噴火したのは現地時間3日午前10時ごろです。
アメリカ地質調査所(USGS)によると、プウ・オーオー火口では先月30日に火口周辺に堆積した火山噴出物が吹っ飛び、周辺や東部レイラニ地区の地表に地割れが確認されていたそうです。
その後、キラウエア火山南部を震源とする火山性地震が相次ぎ、5月5日には最大マグニチュード(M)6.9の地震が観測されました。
この地震は1975年以来、ハワイ島で観測された最大規模の地震だそうです。
私は、溶岩流の噴出は、てっきりプウ・オーオー火口か、その近くのカルデラ内だとばっかり思っていましたが、民家に多大な被害を与えている溶岩流の噴出は、プウ・オーオー火口から20kmも離れた南東部のレイラニ地区内での噴出だそうです。
テレビの画像で観るレイラニ地区は、高速道路や住宅用道路など複数の道路に亀裂が広がり、このうち分譲住宅が立ち並ぶマカマエ・ストリートでは厚さ2mもの溶岩流が、ジワジワと海岸に向かって進んでいるようすがとらえられています。
また、ルアナ通りにできたふたつの地割れからは、溶岩が噴水のように噴き上がり、その高さは100m近くに達し、周辺森林が全焼したそうです。
レイラニ地区で新たな亀裂が見つかり、溶岩噴出孔は12個に増えたそうです。
これまでに35軒の住宅が飲み込まれた周辺地区は、一面の焦土と化した様子がみてとれます。
一方、山頂火口の溶岩湖では溶岩量が急速に減少を続けており、1週間で溶岩レベルが220m下がったそうです。
火口湖の溶岩レベルが下がるにつれて、火口を囲む壁が振動し、周辺火口から大量の火山ガスや火山灰が放出されているそうです。
アメリカ海洋大気庁(NOAA)の気象衛星スオミNPPは5月3日に、ハワイ上空に広がる二酸化硫黄を大量に含む噴煙をとらえていました。
二酸化硫黄はひとの目には見えないそうですが、大気中の水蒸気と化学反応を起こすと、酸性雨を降らせ、大気汚染や健康への被害を引き起こす有害物質です。
二酸化硫黄は呼吸器を刺激し、せき、気管支喘息、気管支炎などの障害を引き起こすそうです。
・0.5 ppm 以上でにおいを感じます。
・30-40 ppm 以上で呼吸困難を引き起こします。
・100 ppm の濃度下に50〜70分以上留まると危険です。
・400 ppm 以上の場合、数分で生命に危険が及びます。
・500 ppm を超えると嗅覚が冒され、むしろ臭気を感じなくなります。
高濃度の地域に短時間いるよりも、低濃度地域に長時間いる場合の被害のほうが多いと言われています。
レイラニ地区での二酸化硫黄の濃度は不明ですが、高濃度の火山ガス放出と言われているので、かなり高いものと想像できます。
地面の亀裂は今後も増える可能性が高いそうです。
レイラニ地区の避難住民が帰宅できる目処は立っていないだけでなく、USGSのハワイ火山観測所(HVO)は、「噴火活動は強まっており、これからも断続的に続くおそれがある。現在の活動は、南東部レイラニ地区に集中しているが、噴火活動が長引くと、他の地域も危険にさらされる可能性がある」と警告しています。
ハワイ郡民間防衛局(Hawaii County Civil Defense)は、付近の住民1万人に避難勧告を発令しています。

ハワイ島
ハワイ島南東部の東リフト地帯の溶岩噴出を上空から撮影しています。(USGS撮影 )
この写真だけ見ても、突如亀裂からの溶岩流の噴出だと想像できます。

地割れ
このような亀裂は、日本ではどこでも見かけます。
この下に、すぐマグマがあると想像するだけでものすごく物騒です。

 
亀裂からの溶岩流の噴出です。
キラウエア火山のマグマは、日本のマグマと違って粘り気がないそうです。
だから、溶岩流のスピードも速いそうです。


キラウエア火山の東に位置するレイラニ地区に溶岩流が広がっています。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR