高知県の梼原高校の躍進には

私は、高校野球のファンです。

四国の高校くらいは、強豪高とそうでない高校の見分けくらいはつくと思っていたのですが、高知県の梼原高校が甲子園に王手をかけていたのにはびっくりしました。
たった126人の高校です。
それまでに何の実績もなく、(私が知らないだけかも知れませんが)突然決勝戦にまで勝ち続けるなんて本当に奇跡です。
調べてみると、まさに地域密着の野球部のようです。
まず、横川恒雄さんを監督に呼んだのが始まりだったようです。
横川さんは梼原町出身です。
伊野商で投手としてプレーし、法政大学を卒業後、母校の伊野商の監督になっています。
当初は人数が少なく、ソフトボール部に助っ人を頼んでいたほどだったそうですが、部員を増やし、1980年には秋季四国大会に出場しています。
その後、養護学級の教員を7年間、務め、1997年、室戸の監督に就任しています。
2年目の秋には部員が9人ぎりぎりになり、地道に部員を呼び込んだそうです。
2006年、秋季四国大会で4強入りしています。
準決勝は高知に0―7で敗れたのですが、高知がその後の明治神宮大会で優勝したこともあって、室戸も2007年春の選抜大会に出場しています。
そして、初戦は強豪の報徳学園(兵庫)でした。
室戸の選手たちはかつてない良いプレーを見せ、勝ち進み、そのまま勢いに乗り、ベスト8まで突き進んだそうです。
定年退職後は一線から退くつもりだったそうですが、梼原町民の熱心な誘いで、13年に梼原の監督に就任したそうです。
一時は9人ぎりぎりだった部員も次第に増え、現在は高知市や四万十市から40人以上が下宿する大所帯になったそうです。
たった10年で、県大会の決勝戦にまで、それもこんな小さい町の高校でたどり着けるのは、地域密着の努力としか言いようがありません。
決勝戦では甲子園常連校の明徳義塾に惜しくも負けましたが、いずれは念願が叶うものと期待しています。
スポンサーサイト

稀勢の里の逆転V2

稀勢の里の逆転V2には感動しました。

テレビではなかなか観れず、ラジオで聞いていましたが、「勝つ」と予想できないほど怪我の状態が悪かったことと思います。
あんな状態で、2度まで勝てたのは、まさに「神風」なんでしょうね。
後からテレビで確認して、やっぱり左腕は使ってなかったようです。
勝負事には「絶対」はないことがよくわかりました。
これからの人生の糧にしたいと思います。

伊調馨さんに国民栄誉賞

リオデジャネイロ五輪レスリング女子58キロ級で、女性では史上初となるオリンピック4連覇を果たした伊調馨さんに対し、政府は25日、国民栄誉賞を授与する方針を固めたそうです。

大変喜ばしい話ですが、私から見れば遅すぎると思っているくらいです。
4年前のオリンピック3連覇だって大変な偉業です。
吉田沙保里さんにだけあげるのはえこひいきだと思っていました。
国民栄誉賞は、いったいどんな基準で選んでいるのでしょうか?
もともとは、王さんが世界一のホームラン王になった時に、作った賞だと記憶しています。
でも、今の日本にとっては、またスポーツ界にとっても最高の賞だとほとんどの人が思っています。
だからこそ、その時の気分で選んでいるみたいな選び方には納得がいかないのも事実です。
芸能界で、あれだけの感動を与えた美空ひばりさんだって亡くなってからです。
貴乃花は、現役で最後に優勝したときに、当時の総理大臣だった小泉さんは「感動した」とまで言っていましたが受賞していません。
千代の富士と比較してどこが足りないのでしょうか?
車椅子テニスの国枝慎吾さんも申し分のない実績と想像を絶する努力をしています。
今度のパラリンピックで優勝してもしなくても、十分に賞に値すると思います。
水泳の北島さんと、柔道の野村さんは、2連覇とか3連覇とかしています。
そして、体操の内村さんも2連覇です。
たった1回金メダルをとった高橋尚子さんよりはすごい実績です。
これからは、どんな競技でも「2連覇したら国民栄誉賞」くらいの基準がほしいものです。

北の湖さんと白鵬の「猫だまし」

大相撲の理事長だった北の湖さんが亡くなりました。
理事長としても、大相撲に貢献した人としても残念でなりません。

今にして思えば、北の湖さんらしいコメントが、亡くなる二日前にありました。
白鵬と栃煌山との一番で、白鵬が「猫だまし」をしました。
「猫だまし」は、昔舞の海さんあたりがしていたので知ってはいましたが、弱い人が強い人に対して使うフェイントなので、その時ラジオを聴いていた私は、栃煌山がしたのとばかり思っていました。
でも、したのは白鵬でした。
もともと白鵬の今までの態度には納得がいかなかったのですが、まさか「猫だまし」をするとはとびっくりでした。
北の湖さんも、横綱らしからぬ相撲内容を痛烈に批判していました。「考えられない。前代未聞じゃないの。歴代(の横綱)でもそんな人はいない」
今場所、白鵬が優勝できなかったのは、北の湖さんの魂がそうさせたのかも知れません。
白鵬は、北の湖さんが亡くなって、「猫だまし」の批判について、「理事長のそういった発言は愛のムチだったと思う」とコメントしていました。
まるでわかっていないその態度は、もうずっとずっと前から横綱失格だと私は思います。


ラグビーで「史上最大の番狂わせ」

まさに快挙だと思います。
ラグビーワールドカップ(W杯)のイングランド大会で、9月19日に、優勝経験が2回ある南アフリカを34―32で破りました。
W杯は、今年が8回目で、日本は、8大会連続8回目の出場ですが、W杯通算成績は1勝21敗2分でした。
唯一W杯で勝ったのは第2回の1991年大会のジンバブエ戦のみです。
それ以来、24年ぶりの勝利ですが、この勝利はまさに「史上最大の番狂わせ」だと思います。

ラグビーは、サッカーと同様にストリートフットボールから誕生したと言われています。
伝説では1823年に、イングランドのパブリックスクールであるラグビー校でエリス少年がフットボールの試合中にボールをもって走り出したのが起源だそうです。
日本においてもラグビーの歴史は古いそうで、最初の試合は、1874年に日本対イギリス航海士のチームで開催されたと記録されています。
競技人口は、ラグビーの起源となったイングランドで100万人以上と最も多く、第2位は南アフリカの40万人、第3位はフランスの20万人と続き、日本は12.5万人で第6位だそうです。
でも、ランキングは13位です。
出場チームのうち、予選で対戦するPOOL Bの他国は、
南アフリカ・・・・世界ランキング3位、W杯通算成績25勝4敗
スコットランド・・・・世界ランキング10位、W杯通算成績19勝13敗1分
サモア・・・・世界ランキング12位、W杯通算成績11勝13敗
アメリカ・・・・世界ランキング15位、W杯通算成績3勝18敗
世界ランキングで下位なのはアメリカだけですが、そのアメリカにも7月14日に対戦して18-23で負けています。
でも、南アフリカに勝ったのは事実ですし、他の国は南アフリカよりは弱いと思います。
各POOL2位までが予選を勝ち上がりベスト8になります。
日本が予選を勝ちあがるのは夢ではなくなったと思います。

現在、ラグビーワールドカップは、オリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ、世界三大スポーツイベントのひとつと言われています。
2007年のフランス大会では、過去最大の総観客数、約225万人を記録しました。
2011年のニュージーランド大会では総観客数が約141万人で、そのうち海外から訪れた観光客は約13万人、テレビ観戦者数は世界207の地域で約39億人でした。
そして、2019年には、日本はラグビーワールドカップのホスト国を務めることが決定しています。
アジアでは初めてです。
今回の快挙で、2019年は、ものすごく盛り上がると思いますが、まだ大会は始まったばかりです。
もっともっとイングランド大会で「史上最大の番狂わせ」を演じてほしいと思います。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR