FC2ブログ

本田圭佑さんが驚きの「マーキープレーヤー」に

日本のサッカーが認められたのでしょうか?
それとも、本田圭佑さんがすごいのでしょうか?

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MF本田圭佑さん(32)のオーストラリア、メルボルン・ビクトリー加入が6日、決まったそうです。
同クラブが発表し、本田も自身のツイッターで「サインしました! オーストラリアでお会いできるのを楽しみにしています」とつぶやいています。
契約期間は10カ月だそうで、年俸は、破格の360万ドル(約3億9600万円)であることも判明しました。
クラブは公式サイトで「クラブ史上最大の契約」だと言っています。
でも、これだけでは、特別すごいわけではありません。
事実、本田圭佑さんは、ACミラン(イタリア)では7億7000万円だったし、パチューカ(メキシコ)でも4億1400万円でした。
すごいのは、オーストラリアのAリーグは、サラリーキャップ制度を導入していることにあります。
つまり、チーム全員の年俸合計額が日本円にして約1億7000万円以下と定められています。
ただし、各クラブともその制限を受けない「マーキープレーヤー」を1名だけ獲得することが可能で、その1名が本田圭佑さんになったという事実です。
日本でも、多くのJリーグで活躍しているプレイヤーでも、年棒は500万から1000万くらいのものです。
事実本田さんだって名古屋(J1)にいたころはこれくらいの年棒でした。
プロ野球と違い、サッカー後進国はお客さんをあまり呼べないので、そんな年棒になるのです。
たった10カ月の契約期間ですが、他の選手からみて、明らかに優れているところを見せないと給料泥棒と言われてしまいます。
頑張ってほしいものです。
本田さんの年俸の推移は以下の通りです。
ただし、すべて推定で、当時のレートで日本円換算しています。
 ▽名古屋(J1)
 05年=480万円
 06年=1000万円
 07年=1800万円
 ▽VVV(オランダ)
 07-08年=3250万円※シーズン途中の移籍で半年間だけの期間
 08-09年=6500万円
 09-10年=6500万円
 ▽CSKAモスクワ(ロシア)
 10年=1・5億円※シーズン途中の移籍で半年間だけの期間
 11-12年=3億円
 12-13年=3億円
 13-14年=1・5億円※シーズン途中の移籍で半年間だけの期間
 ▽ACミラン(イタリア)
 13-14年=3億3500万円※シーズン途中の移籍で半年間だけの期間
 14-15年=7億7000万円
 15-16年=7億7000万円
 16-17年=7億7000万円
 ▽パチューカ(メキシコ)
 17-18年=4億1400万円
 ▽メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)
 18-19年=3億9600万円
スポンサーサイト

シドニーの猛暑と「全豪オープンテニス」

日本では、寒い日が続いていますが、オーストラリアのシドニーでは記録的な猛暑に見舞われています。

ニューサウスウェールズ州気象局によると、シドニー西郊にあるペンリスの観測所で7日午後3時25分(日本時間午後1時25分)ごろ、47・3度を記録したそうです。
この日のシドニーは各地で40度を超える猛暑となり、開催中のテニス大会「シドニー国際」は高温のために試合が中断されたようです。
シドニーの気温は、1939年に記録された47・8度が過去最高だそうですが、2017年2月11日にはシドニーで47度を記録していたそうです。
オーストラリアでは、2016年12月から2017年2月にも熱波や森林火災、洪水などの自然災害が相次ぎ、気象関連の記録が200以上更新されたそうです。
現在は、シドニーの警察が住民に対し、シドニー市内や周辺地域では猛暑や強風が予想されることから、火の使用が全面的に禁止されたそうです。
もうすぐ、メルボルンで「全豪オープンテニス」が開催されます。
シドニーとメルボルンは近くです。
毎年、ものすごい暑さの中でのプレーですが、テレビで観ているだけでも暑きが伝わってきていました。
今年はどうなるのでしょうか?
「シドニー国際」みたいにプレーを止めることも起こるのでしょうか?
楽しみ半分ですが、半分は危険な匂いもしてきます。


大相撲の体質について

私は、大相撲のファンですが、最近のいろいろな騒動についてひとこと言いたくなってしまいました。

まず、貴乃花親方を批判する声があるのがよくわかりません。
確かに、現役の頃に比べるとずいぶんと痩せていて、それに猪木みたいな長いマフラーをして、一見やくざ風なのが批判の原点かも知れませんが、昨日、大相撲の横綱審議委員会(横審)が横綱日馬富士の暴行問題で貴乃花親方を批判していました。
60分くらいの話し合いの中で、日馬富士の処分の話は少しの時間で、ほとんどが貴乃花親方の批判だったそうです。
委員長の北村正任さんが言うのには、「貴乃花親方の姿勢は納得できない。理事という立場にあって、協会全体が進めることをぶち壊すような動きをしているという疑念、不可解だという意見はみんなあった」とのことでした。
最近、しょっちゅう出てくる評議委員の池坊さんもそのような見解でした。
でも、なぜ被害者側をやたら非難するのでしょうか?
落語家の立川志らくさんが、今日放送のTBS系「ひるおび!」で言っていましたが、横審について「協力しないってところで組織では『いかがなものか』っていうのはもちろんあるけど、なんでもっと加害者を非難せず、被害者側をやたらと非難するのか、わけがわからない」と首を傾げ、「これは学校でイジメの被害者の親を『なんで学校に協力しないんだ』ってみんなで批判している(のと同じ)」と例えたそうです。
人の息子を殴って、その親を批判するのは筋がちがいます。
貴乃花親方も貴ノ岩も警察の事情聴取には応じていますし、大相撲協会に言ってももみ消されるかも知れないと思い先に警察に知らせたのだろうと想像できます。
大相撲協会の体質は、部外者の私には知る由もありませんが、理事である貴乃花親方が、いろいろなリスクを背負ってでも沈黙していることだけでも、想像もできない体質の改善が必要なのかなと思ってしまいます。
まだまだあります。
また横綱白鵬が優勝したのですが、大相撲九州場所千秋楽の優勝インタビューで「日馬富士関と貴ノ岩関を再び、この土俵に上げてあげたいなと思います」と発言していました。
加害者と被害者とを同列に扱うことについて、本当に日本語わかっているのかなと思います。
事態を究明して「うみ」を出し切ることが必要とも言っていたので、体質の改善が必要なのは知っていると思います。
知っていて黙っているだけだと思わざるを得ません。
あと、「万歳三唱」て自分のため?
これは何の権限があってしたのでしょうか?
貴乃花親方の母でタレントの藤田紀子さんも、横綱日馬富士の暴行問題をめぐる横綱白鵬の言動を問題視していました。
今日放送のフジテレビ系「バイキング」に出演し、以前に同番組に出演した際、日馬富士が貴ノ岩をビール瓶で殴打したとの一部報道を否定するなど証言した白鵬について「一番問題視している」と語り、「深いことは言えませんけれど」と断った上で、「手を出した日馬富士1人の問題で事は済まないのではないかと思っています」と推測していました。
暴行現場には白鵬ほか力士たちが同席していたことに触れ、「横綱、大関が居たんですよ。場所が近いですよ。『こんなことがありました』って親方に言って協会に報告しなくていいですかそれは?」と、同席した力士たちが報告しなかった疑問を投げかけるとともに、「この問題は暴行だけじゃない、根源がある」と言っていました。
長い間、大相撲にかかわっていた藤田紀子さんの言葉なので重いものです。
ある理事は、「問題にしなければよかった」とまで言っていました。
また誰かが亡くならないとこのような体質は変わらないのでしょうか?
最近は、表に出るのがモンゴル人ばっかりなのですが、日本人は大丈夫なのでしょうか?
外国人が、大相撲の体質を悪くしているとしたら、大相撲は日本人力士だけのほうがいいのではないかと私は思います。

高知県の梼原高校の躍進には

私は、高校野球のファンです。

四国の高校くらいは、強豪高とそうでない高校の見分けくらいはつくと思っていたのですが、高知県の梼原高校が甲子園に王手をかけていたのにはびっくりしました。
たった126人の高校です。
それまでに何の実績もなく、(私が知らないだけかも知れませんが)突然決勝戦にまで勝ち続けるなんて本当に奇跡です。
調べてみると、まさに地域密着の野球部のようです。
まず、横川恒雄さんを監督に呼んだのが始まりだったようです。
横川さんは梼原町出身です。
伊野商で投手としてプレーし、法政大学を卒業後、母校の伊野商の監督になっています。
当初は人数が少なく、ソフトボール部に助っ人を頼んでいたほどだったそうですが、部員を増やし、1980年には秋季四国大会に出場しています。
その後、養護学級の教員を7年間、務め、1997年、室戸の監督に就任しています。
2年目の秋には部員が9人ぎりぎりになり、地道に部員を呼び込んだそうです。
2006年、秋季四国大会で4強入りしています。
準決勝は高知に0―7で敗れたのですが、高知がその後の明治神宮大会で優勝したこともあって、室戸も2007年春の選抜大会に出場しています。
そして、初戦は強豪の報徳学園(兵庫)でした。
室戸の選手たちはかつてない良いプレーを見せ、勝ち進み、そのまま勢いに乗り、ベスト8まで突き進んだそうです。
定年退職後は一線から退くつもりだったそうですが、梼原町民の熱心な誘いで、13年に梼原の監督に就任したそうです。
一時は9人ぎりぎりだった部員も次第に増え、現在は高知市や四万十市から40人以上が下宿する大所帯になったそうです。
たった10年で、県大会の決勝戦にまで、それもこんな小さい町の高校でたどり着けるのは、地域密着の努力としか言いようがありません。
決勝戦では甲子園常連校の明徳義塾に惜しくも負けましたが、いずれは念願が叶うものと期待しています。

稀勢の里の逆転V2

稀勢の里の逆転V2には感動しました。

テレビではなかなか観れず、ラジオで聞いていましたが、「勝つ」と予想できないほど怪我の状態が悪かったことと思います。
あんな状態で、2度まで勝てたのは、まさに「神風」なんでしょうね。
後からテレビで確認して、やっぱり左腕は使ってなかったようです。
勝負事には「絶対」はないことがよくわかりました。
これからの人生の糧にしたいと思います。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR