岡山県の「備中松山城」

岡山県の「備中松山城」を紹介します。

「備中松山城」は岡山県高梁市(たかはしし)内山下にあった山城で、別名「高梁城」と呼んでいます。
「高梁城」が昔の名前だと思いますが、四国の愛媛県松山市にある松山城を初め、各地の松山城との混同を避けるために、「備中松山城」と呼んでいるそうです。
「備中松山城」がある臥牛山(標高約480m)は、 北から、大松山、天神の丸、小松山、前山の四つの峰からなり、南から見た山容が、草の上に伏 した老牛の姿に似ているとして、老牛伏草山とか臥牛山などと呼ばれており、「備中松山城」はその頂を中心に全域に及んでいます。
現在、一般に「備中松山城」と呼ばれるのは、この内の小松山の山頂(標高約430m)を中心に築か れた近世城郭を指しているそうで、天守の現存する山城としては随一の高さを誇っているそうです。
城内には天守、二 重櫓、土塀の一部が現存しており、昭和十六年には国宝(昭和二十五年文化財保護法の制定により 重要文化財)の指定を受けているそうです。
平成六年度からはこれら重要文化財を中心に、本丸の復元整備が行われており、本丸の正面玄関ともいえる本丸南御門をはじめ、東御門、腕木御門、路地門、五の平櫓、土塀などが忠実に復元されています。
「備中松山城」の歴史は古く、鎌倉時代の延応二年(1240年)に有漢の郷(現在の上房郡有漢町)の地頭に任ぜられた秋庭三郎重信により臥牛山のうちの大松山に砦が築かれたことに始まります。
その後、小松山に移り、城の縄張りは時代と共に変化しますが、なかでも天正二年(1574)に起こった 「備中兵乱」時は「砦二十一丸」と呼ばれた出丸が築かれていたことが記録として残っており、臥牛山ー大要塞となっていたそうです。
当時の城主であった三村氏が滅んだ後も、毛利氏の東方進出の拠点として、またさらに毛利氏が防長二国に退いてからも、備中 国奉行として赴任していた小堀正次・正一(遠州)父子により修改築が なされるなどなど備中の要衝としての役割を担っていたようです。
以降、池田氏、水谷氏、安藤氏、石川氏、板倉氏と城主がかわり明治維新を迎えますが、現存する天守などは天和三年(1683年)に水谷勝宗により修築されたものと伝えられています。
私は、松山生まれで、松山市にある松山城は毎日眺めながらの暮らしですが、「松山城」という名前はやはり身近に感じられました。

P5030204.jpg
麓の駐車場からシャトルバスに乗って山の中腹に降りました。
それからは、まさに登山です。
いくら歩いても城は見えないのですが、ゴールデンウィークだったので常にぞろぞろと上り下りしていました。
途中で野生の猿も見かけました。
30分以上歩いてやっと城の前に着いたところです。

P5030210.jpg
歩いている途中から見た高梁市の町並みです。
まだ武家屋敷も残っているようです。

P5030212.jpg
駐車場にあった案内図です。
ここからは、どの方向に「備中松山城」があるのかはさっぱりわかりません。

スポンサーサイト

満奇洞のLED効果

岡山県にある満奇洞を紹介します。

満奇洞(まきどう)は、岡山県新見市にある鍾乳洞です。
草間カルスト台地に存在する鍾乳洞で、江戸時代末期、狸猟をしていた猟師により偶然発見されたそうです。
岡山県の鍾乳洞ではもっとも早く存在が認知されたと言われています。
名称の由来は1929年(昭和4年)にこの地を訪れた歌人の与謝野鉄幹・晶子夫妻が「奇に満ちた洞」と詠んだことからと言われています。
ここは、映画「八つ墓村」のロケ地として全国的に有名な場所となりました。
映画は少し古くなりましたが、最近では美しき鍾乳洞として人気が再燃しています。
その理由は2014年3月、鍾乳洞内の照明をLEDに変えたことで「幻想的」な姿となったからと思います。
内部は高低があまりない全長 約450 m の洞窟が続いています。
雄大な地底湖があり竜宮城のような朱色の橋が架けられています。
これだけでなく、数々の鍾乳石がいろいろな色にライトアップされ幻想的な雰囲気が楽しめました。
この満奇洞への道のりは、県道322号線から少し狭い道を100mくらい走ると無料の駐車場に着きます。
そこから、車両進入禁止となっている舗装された坂道を200m程徒歩で上がりますがし。
坂道の途中には券売機がありそこでチケットを購入できます。
さらに上がっていくと、洞の入り口に着きます。

新見市には井倉洞もあり、こちらも有名です。
ただし、井倉洞は階段が多く高低差がずいぶんあります。
それに比べて満奇洞は上り下りがほとんどありません。
そして、時間にして約30分の観光となります。
満奇洞は岡山県指定天然記念物、岡山県高梁川上流県立自然公園特別地域になっています。

P5030040.jpg
ここはブルーだけでしたが、数々の鍾乳石がいろいろな色にライトアップされていました。

P5030064.jpg
ところどころは、低いところや狭いところがあって、注意が必要となりますが、どこも名所に見えるくらい幻想的な鍾乳洞でした。

伯方島の開山公園

愛媛県の伯方島に開山公園があります。

開山(ひらきやま)公園からの眺望はしまなみ海道の中でも1、2を争うほどすばらしいものです。
多々羅大橋、大三島橋、伯方・大島大橋の三つの橋と、遠くには岩城島も見えます。
標高は149mとあまり高くないのですが、自転車で登る場合には急坂が続くのですごく疲れる道です。
車で行く場合には、山頂に広い駐車場があります。
私は4月の後半に行き、つつじは満開だったのですが、最も美しい季節は3月後半から4月の始めにかけての桜の季節だそうです。
しまなみ海道では岩城島の積善山と、ここ開山が最も桜が美しいと言われています。
積善山は3000本あるのに対して、開山は1000本と少ないのですが、密集度からいくとだんぜん開山だそうです。
私は葉桜の中を歩きましたが、桜がぎっしりでした。
桜の木もまだ若いようです。
花が見ごろの土日は大変込み合い、広い山頂の駐車場がいっぱいになるそうです。
夜桜用にちょうちんも灯され、公園内には36mの滑り台や、ジャングルジムなどもありました。

P4270003.jpg
開山公園の展望台から見た大三島橋です。
きれいなアーチ橋で、しまなみ街道の愛媛県側では、一番最初に出来たと記憶しています。

P4270012.jpg
開山公園の展望台です。
出来上がってからあまり経っていないのか、まだまだきれいな木作りの展望台でした。
展望台の周りには、神社や子安地蔵がありました。
少し違和感がありましたが、きっと展望台が出来る前からあったのでしょう。

P4270013.jpg
私が行った時は、残念ながらすべて葉桜になっていました。

P4270014.jpg
遊歩道に、「開山」の大きい看板がありました。

伯方島、開山「頂上展望台」桜
桜の季節には、展望台も見えにくくなるくらいの桜が咲いています。

倉敷市の「美観地区」について

岡山県倉敷市には、「美観地区」があります。

この「美観地区」は、倉敷市本町全域、中央1丁目北部(前神町など)、東町・阿知2丁目・鶴形2丁目の各一部が含まれたエリアで、「美観地区」の面積は21.0ヘクタールになります。
このうち伝統的建造物群保存地区(第一種美観地区)が15.0ヘクタール、伝統美観保存地区(第二種美観地区)が6.0ヘクタールとなっています。
伝統的建造物群保存地区(倉敷川周辺に当たります)は倉敷川畔伝統的建造物群保存地区の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。
江戸時代初期の寛永19年(1642年)に、江戸幕府の天領に定められた際に倉敷代官所が当地区に設けられ、これ以来備中国南部の物資の集散地として発展した歴史を持っています。
倉敷川の畔から鶴形山南側の街道一帯に白壁なまこ壁の屋敷や蔵が並び、天領時代の町並みをよく残しています。
1930年(昭和5年)に建てられた日本最初の西洋美術館大原美術館
1888年(明治21年)に代官所跡地に建てられた旧倉敷紡績工場の建物を改修・再利用した観光施設倉敷アイビースクエア
等は、「美観地区」を代表する建築物です。
愛媛県でも、内子町で、白壁の商家が連なる独特の町並みが築かれています。
江戸時代に、木蝋の生産・取引で町全体が賑わったところで、現代まで続くこの町並みは、訪れる人々になにか懐かしい気持ちにさせてもらっていますが、保存の規模では「美観地区」に遠く及ばないです。

P5040250.jpg
白壁の屋敷や蔵などの町家が並ぶ風情は、実に情緒豊かでした。

P5040264.jpg
ゴールデンウィーク期間中だったので、人でぎっしりでした。

P5040243.jpg
くらしき川舟流しです。
かつて物資を積んだ川舟の往来でにぎわった倉敷川ですが、その風情を味わえる観光川舟が運行されていました。
ゆったりと進む舟に腰を下ろして眺める白壁の町並みは、川舟流しならではの表情を見せてくれています。
大人一人500円で乗ることができます。

P5040248.jpg
古き良き時代の町並みがよく保存された「倉敷美観地区」の倉敷川沿いの風景です。
情緒がありますね。

P5040232.jpg
近年では、「倉敷帆布」や「倉敷デニム」、「マスキングテープ」といった倉敷発のブランドが人気を高め、「倉敷ガラス」などの伝統的手工芸に注目が集まっています
「美観地区」には、そうした伝統の手仕事や倉敷ブランドの商品を扱う、個性的で魅力的なショップが軒を連ねていました。
この写真は、トルコ人がやっているガラス工芸店です。
個性的なカップとかが色とりどりに並んでいました。

徳島県三好市の「かかしの里」

徳島県三好市の元東祖谷山村に「かかしの里」があります。

ここには、人間そっくりの“かかし”が、集落のあちこちにまるで生活をしたり、働いたりしているように置かれています。
その人形の数は、集落の人数(約30人だそうです)より多い約200体近くに上っています。
これらすべての人形は、綾野月美さん(70歳くらいだと思います)によって作り上げられています。
きっかけは農作物を荒らすカラスや野鳥対策として、農作業をしている父親を似せて作った等身大の案山子(かかし)を作ったことから始まっているそうです。
そして、綾野さんが作った人形を見た人が何度も何度も、父親と間違えて「こんにちは。」、「おはよう」と人形にあいさつしているのを見て、それがおかしくて徐々に人形を増やすようになったそうです。
綾野さんの作る人形は口こみで話題となり、テレビなどでも紹介されるようになりました。
私も、テレビで観て行ってみようかなと思ったしだいです。
人形は人間のように長生きはしないそうです。
野ざらしの状態になっている人形は長くても3年で寿命がくるそうです。
このままの状態を維持するのでも大変なようです。
綾野さんの作る人形の服などの材料は、昔は近所の人に古着を分けてもらっていたそうですが、今では全国から送ってもらっているそうです。
そして、『かかしプロジェクト』なるものが発足し、綾野さんは人形作りの講師としてボランティアとして活動中だそうです。
引き継ぐ人たちがいれば、もっともっと活気のある村づくりが出来ると思います。
「かかしの里」へは、自家用車で行くと、井川・池田ICから国道32号(高知方面)→県道45号→県道32号→国道439号(剣山方面)で約2時間かかります。
私は、愛媛県の松山市に住んでいるので、大豊ICからの方が早いかなと思って、そこから京柱峠を経由して行きました。
でも、ものすごく道が悪いところがあったので、井川・池田ICからの方をお勧めします。

P4300028.jpg
畑でいっぱい“かかし”が農作業をしています。

P4300030.jpg
自転車に乗っている“かかし”です。
ちょっと驚きました。

P4300031.jpg
ここはバス停でしょうか?
いっぱい“かかし”が待っています。

P4300042.jpg
「かかし工房」に入るとものすごい数の“かかし”がいました。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR