FC2ブログ

ヨルダンのペトラ遺跡

ペトラ遺跡を紹介します。

ペトラ遺跡は、ヨルダンにある遺跡で、インディージョーンズのモデルとなった冒険心をくすぐる遺跡です。
死海とアカバ湾の間にある渓谷にあり、死海から約80km南に位置しています。
またペトラとは、ギリシャ語で崖を意味するそうです。
1985年12月6日、ユネスコの世界遺産(文化遺産)へ登録しています。
また、2007年7月、新・世界七不思議に選出されています。

ペトラのある地は、自然の要塞だったそうです。
西にガザ、北にダマスカス、そして紅海にも近く、中東での人や物の行き交う要衝の地でもあったそうです。
ナバテア人(Nabataeans)の首都、砂漠を移動していたキャラバン隊の中継基地であったと伝えられてきました。
立地条件の良さのため、紀元前1世紀ごろから、古代ナバテア人の有力都市として栄えたそうです。
ペトラの特徴として、スパイス交易の拠点機能と治水システムがあげられます。
完全な岩礁地帯であるので、農業には不向きでした。
そして、雨が降ると、鉄砲水となって渓谷内を通過して行きました。
ナバテア人は、ダムを作って鉄砲水を防ぎ、さらに水道管を通して給水設備を作り上げたことも分かっています。

紀元前312年に、国ができました。
これはナバテア王国と呼ばれ、10km四方にわたる都市ができたペトラが王国の首都となりました。
最盛期の人口は、3万人を超えたという大国だったようです。
この大国には文化も開花しました。
基本的にはアラビア文化の流れを汲み、少なからずギリシア文化の影響も受けています。
宗教はセム系で、アラビア語を話しアラム語を書くこの文化は、ナバテア文化と呼ばれています。
ヘレニズム様式の建築や優れた陶器製作技術を持っており、陶器の技術はエドム人から受け継ぎました。
ワディ・ムーサで発見された窯は、ペトラが3世紀末まで陶器生産の中心地となっており、その後衰退したことを証明しています。
天然の砂岩に彫刻をして中心街路が造られており、岩壁の所々にくねくねとした美しい飾り文字も刻まれています。
紀元前2世紀には王が誕生し、紀元前1世紀には石造りの家に住むようになりました。
この頃には、アイン・ムーサの泉水を使った、灌漑(かんがい)農耕が始まっています。
紀元前63年にはシリアとパレスチナを、ローマ帝国のポンペイウスが征服しました。
ペトラにまで勢力を伸ばしましたが、ナバテア人は裕福だったため平和的解決をすることができました。
それは、ナバテア自治は認めるものの、税金を払うというものでした。
この頃からペトラでは、ローマ風の建築物が造られ始め、砂漠からやってくる異民族の緩衝地帯としても使われるようになっていきます。
しかも、ナバテア王国とユダヤ王のヘロデとの争いにもローマ帝国が口を挟むようになり、ナバテア王のアレタス4世を処刑するようにとの命令を出したようです。
このアレタス4世の時代がペトロの最盛期といわれており、北は南シリアのダマスカス、南はヘグラ(現在のサウジアラビアの一部)まで領地がありました。
彼の時代に、エル・ハネズやカスル・アル・ビントといった岩窟墓なども造られたようです。
紀元前31年には、ヘロデに領地の大部分を取られてしまいました。
悲しいことに、106年にペトラがトラヤヌス帝によってローマに併合されたことにより、ナバテア王国はラベル2世の時代に幕を閉じました。
一方ローマ帝国は地中海のほぼ全域を手中に収め、紅海とシリアを結ぶ道路が造られました。
もちろんローマの支配を受けるようになってからは、お約束の浴場や円形劇場や神殿などが建設され、ローマ風の街並みへと造りかえられています。
ナバテア文化時代の遺跡たちが減り始め、栄華を極めたころの姿も見られなくなりました。
しかし、イランやパルティアとローマ帝国は激しくぶつかるようになります。
帝国線上には、世界遺産でもご存知のパルミラ遺跡があるパルミラが、交易の中心になります。
海洋貿易が発達するにつれパルミラが栄え、政治の中心はボスラに移され、次第にナバテアには陰りが見え始めました。
ペトラにXデーが訪れました。
363年にペトラを大地震が襲ったのです。
多くの建物が崩壊し、町に半分が壊滅的な被害を受けました。
379年にはローマ帝国がキリスト教化した影響で、改宗させられます。
451年にはカルケドン公会議で、エルサレムに総主教座がおかれました。
ペトラにも主教座がおかれ、キリスト教世界で重要な地位を占めるようになります。
しかし、ナバテアの人々はナバテアの神々を完全に捨てることはできず、6世紀中ごろのパピルス文書には、ナバテア王や神々の名前が残されています。
その後、ペトラは更に衰退し、6世紀末~7世紀にかけて次第に人が減っていき、数えるほどの人しか残りませんでした。
7世紀にイスラム軍が到来し、12世紀に十字軍が砦を造った以外は、廃墟同然になり忘れ去られます。
そして、ここには、砂漠に住む誇り高き民族ベドウィン族が、ひっそりと暮らすようになったそうです。

The Monastery الدّير(マアーン, ヨルダン)|絶景×世界遺産!ペトラ遺跡とワディラム砂漠を駆け抜けるヨルダンの旅(Horie Kentaroさん) - 03

ペトラ遺跡で最初に見えてくる建造物はこのThe Monastery(修道院)です。
中には入ることはできないそうですが、山々の間から急にこんなものが出てくるとその異様さに圧倒されます。
この「ペトラ遺跡」が発見されたのは1800年代のことで、「忘れ去られた都市」とも呼ばれているそうです。
人々から忘れ去られたペトロ遺跡は、1812年8月22日にスイス生まれの探検家で東洋学者の、ヨハン・ルートヴィヒ・ブルクハルトによって発見されました。
彼は、現在も観光客が通る「王の道」に沿う形で前進しました。
盗賊に間違えられれば命の保証はないと、モーセの兄アロンの墓に羊を捧げると偽っての探索だったそうです。
探検をしていたらこんなものを見つけてしまったそうです。



ペトラには、元々はナバテア王国という国があった場所をローマ帝国が征服した歴史があるそうで、この辺りは古代ローマ風の建築物の後を数多く見ることができます。

The Treasury الخزنة(マアーン, ヨルダン)|絶景×世界遺産!ペトラ遺跡とワディラム砂漠を駆け抜けるヨルダンの旅(Horie Kentaroさん) - 03 


これが、ザ・ペトラ遺跡のThe Treasury(宝物殿)です。
写真は、通常ルートから脇道に逸れたところから繋がるビューイングスポットからの景色です。
ここに至るまでの道が一番キツかったそうです。
ここの他にも「The best view in the world」や、「The best view of Petra」など、胡散臭い看板で方向を指示する看板が数多くあるそうですが、これらは全てビューイングスポットで休憩所(水やお菓子を売っている)を経営している店主の仕業だそうです。



Main Theater(劇場)です。
ローマ式の円形劇場の姿が綺麗に残っています。
舞台の上手や下手のような場所も存在し、どんな風に古代の人達は使っていたのだろう、と想像が膨らみます。

スポンサーサイト



面河渓の自然と地形

面河渓を紹介します。

愛媛県久万高原町にある面河渓(おもごけい)は、石鎚山の南麓に広がる四国最大級の渓谷です。
水質日本一に輝いた仁淀川の源流域に位置し、その手つかずの自然は「未来に残したい日本の自然100選」や「水源の森百選」にも選ばれています。

面河渓の散策には4ルートがあります。
①(関門遊歩道)片道約20分
面河山岳博物館の駐車場から通天橋まで渓谷沿いに歩くルートです。
V字谷に架かる空船橋は神秘的な雰囲気が漂う絶景ポイントです。
②(面河本流ルート)片道約45分
紅葉が美しい紅葉河原など、見所の多い人気の散策ルートです。
虎ヶ滝の先には秘境度満点の難所「苔の桟道」があります。
③ (鉄砲石川ルート)片道約1時間15分
花崗岩をくりぬいたトンネルをくぐり抜け鉄砲石川沿いを散策できるルートです。
途中には無料で利用できるキャンプ場があります。
④(亀腹展望台自然散策道)1周約1時間30分
五色河原から亀腹岩山頂の亀腹展望台、パノラマ台を経由しぐるりと1周できます。
展望台までは急な坂道が続くハードなルートです。

こうした石鎚山系の多様な地形は、どうやってできたのでしょうか?
その秘密を解くカギは、その地質にあります。
日本は、プレートテクトニクスで唱えられているように、岩盤(プレート)の動きで生じた付加体でほぼ構成されています。
付加体とは、プレートが地下に入り込む時に、表面の地表が削られて溜まったものです。
削られたときに、その時の地層の変化がそのまま残るので、四国は、ほぼ綺麗なマーブルラインができています。
石鎚山系は、三波川変成帯という緑色片岩(伊予の青石)の土台の上にありますが、この中に円状の地層があり、複雑に地層が入り組んでいます。
そして、この円形状の地形は、石鎚コールドロンと言います。
これは、1500万年前の大噴火の後です。
阿蘇山のカルデラのように、大地が円形に陥没するほどの巨大噴火で起こったと言われています。
カルデラとは火山性の凹地形で、かつて陥没したカルデラの中味が噴出マグマなどで埋まったり隆起して現在は山になっているような場合、凹地形ではないのでカルデラとは呼ばず、コールドロンと称することが一般的です。
石鎚山や面河渓は、このコールドロンの内にあり、瓶ヶ森は外にあります。
現在、四国には火山はありません。
石鎚山を構成する岩は、火山活動によるものですが、火山の噴火口がないように、マグマが堆積によって高くなったのではなく、その後の隆起によるものです。
「第四紀」(約260万年前)から急激に隆起し始めたとされていて、現在も毎年2ミリづつ継続しているそうです。

石鎚山系の地形と地質は、そこで育まれる植生に影響を与え、動植物や人間の営みにも影響を与えています。
石鎚山の頂上近くの1700m以上には、シコクシラベ・ヒメコマツ・ダケカンバ等の亜寒帯林、その下の1000m以上にブナ・ミズメ・ナラ・カエデ類・ウラジロモミを主体とした冷温帯林、さらに下がってモミ・ツガを主体にブナ・シデ・カエデ類・ケヤキ等の混入する中間温帯林、700mの面河渓関門付近以上には、ウラジロガシが主体となった暖温帯林が見られます。
亜寒帯・冷温帯・中間温帯・暖温帯が気候帯に対応して垂直に分布しています。
西日本では、このエリアだけと言われており、極めて多様性に富んだ南方系及び北方系の動植物を数多く見ることができます。
そして、石鎚山の亜寒帯には、ミヤマダイコンソウ・ヒロハノコメススキ・ツガサクラのような純高山植物が見られ、イシヅチサクラ、オモゴテンナンショウのような固有種も存在します。
本来は日本アルプスの標高2000メートル以上の高山に自生している純高山植物が、その標高に満たない石鎚山に自生しているのは、鳥や昆虫などが持ち込んだものでも、ましてや人が持ち込んだ外来生物だからでもありません。
氷河期時代に北方から南下してきたこれらの植物が、氷河期時代の終息と共に、寒冷な高所へと避難して来て、そのまま残っているようです。
温暖化が進むと、絶滅することになるという予測も出ています。

S__6758410.jpg
絶壁の岩が「亀腹」(かめばら)です。
「亀腹」は、五色河原の真向かいにそびえ立つ花崗岩の岩壁で、高さ100m、幅200mの巨大な壁が、垂直にそそり立っています。
大きな亀の腹のように見える姿から「亀腹」と呼ばれています。
近くで見ると、岸壁が迫ってくるように感じられ圧倒されます。
五色河原から亀腹山頂まで登る亀腹展望台コースもありますが、このコースは健脚の方向きです。
ハードな登りの連続です。

S__6758409.jpg
ここが「五色河原」ですが、ここは、面河渓散策の中心となるスポットです。
ここで、本流ルートと鉄砲石川ルートが分かれます。
まず、「五色河原」を橋から見下ろすと清流の透明度に驚き、深い青色なのに川の底まではっきり見えます。
これまでに見たことがない渓谷の眺めです。
五色とは、苔の黒、水の青、紅葉の赤、岩の白、藻の緑を表わしています。

S__6758408.jpg
面河渓を上流に進むと、ブナの木々や荒々しい渓谷さまざまな形の滝など、手つかずの自然が残っています。
また、つるつるした面河渓独特の花崗岩が広がっています。

宇和島市の薬師谷渓谷

宇和島市の薬師谷渓谷を紹介します。

S__6758407.jpg
谷を横断するのは木造りの橋がありました。
遠くから見るとどっしりとした橋なのですが、風化が進みぼろぼろになっている所もありました。
あと数年で架け替えする必要があります。
ただ、自然とマッチして景観としては素晴らしいです。

S__6758406.jpg
このような急な遊歩道を歩きました。
手摺りはほとんどなかったので危険なところもありました。

S__6758405.jpg
雪輪の滝です。
長い長いすべり台のような、雄大な景色の中に清らかな風情があります。
この他にも、延々と磨かれた岩盤が続く千畳敷や、積年の水と岩の戦いを物語る大ひょうたん、小ひょうたんなど、美しい景観を堪能することができる薬師谷渓谷でした。
ただ、去年は災害が多く、渓谷の斜面の至る所が崩れていたり、倒木や流木も散在していたのが残念でした。

S__6758404.jpg
凄く立派な砂防ダムです。
薬師谷渓谷の景観とマッチしていました。

蔵王連峰の「御釜」

「御釜」は、蔵王連峰の象徴ともいうべき火口湖です。

「御釜」は、火山噴火によってできた火口湖のことで、外輪山に囲まれた姿が「お釜」に似ていることからお釜と呼ばれているそうです。
湖水は美しいエメラルドグリーン色で、太陽光線の当たり方によって色が変わって見えることから五色沼とも呼ばれています。
蔵王は、あの「日本百名山」の1座でもあり、蔵王刈田岳山頂駐車場からぱ徒歩5分で、お釜を一望できる展望台に行けます。
また、展望台まではバリアフリー対応になっています。

「御釜」のあるエリアはカルデラですが、その外輪山の東側は崩壊しています。
外輪山の尾根をたどると北側が「ロバの耳岩」辺りから西側の「馬の背」を経て南側の「刈田岳」(標高1758m)に至るラテン文字のC形、あるいは、馬蹄形になっています。
この外輪山の内側に標高1674mの「五色岳」という中央火口丘(後カルデラ火砕丘)があり、この西側中腹に直径約400mの爆裂火口があります。
この火口の底に水が溜まってできた火口湖が「御釜」です。

蔵王の火山活動は、約100万年前から始まったとする説もありますが、近説では、70万年前には始まっていたと考えられています。
約3万年前には山体崩壊が発生してカルデラが形成されました。
その後、約3000年前から2000年前頃の活動で外輪山の東側が崩壊し、現在のような東側に開いたC形あるいは馬蹄形の形となっています。
約2000年前からは外輪山の内側での活動により中央火口丘である五色岳が形成されました。
当初の火口は、現在の五色岳の最高部の南側で、現在の「御釜」の中心から見て南東方向にある窪地だそうです。

馬の背から見る御釜
馬の背から見る「御釜」です。
深いエメラルドグリーン、翡翠のような緑色の湖水がよく見えています。
ここから見る「御釜」が一番いいそうです。

蔵王ハイライン方面の紅葉
蔵王連峰では、冬は「樹氷」が見られるのですが、この秋の紅葉は素晴らしいの一言です。

愛媛県の松山城

日本一高くて美しい松山城を紹介します。

 
松山城の本丸から天守閣を見上げた写真です。


大天守から本丸を見ています。
右側には馬具櫓や太鼓櫓が見えます。
すごく広い本丸です。

  
天守閣の周辺の様子です。


松山城とその周辺の様子です。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR