FC2ブログ

入り江について

入り江について調べてみました。

私たちは、海岸で少しへこんでいる地形を入り江と呼んでいますが、入り江を辞書で調べると、海岸や湖の一部が陸側にえぐるように入り込んでできた地形のことで、入り海(いりうみ)も同じ意味だそうです。
入り江は、多くの場合において、陸地と水面との境界が他の場所よりも深く陸地側に切り込まれている状態でありますが、ある程度大きくなると湾(大きく水辺が陸地方向に切れ込んだ地形)と呼ぶそうです。
但し、この境界は曖昧みたいです。
入り江も湾も、陸地と水面の境界線が深くなっており、かつ陸地側に食い込んでいる場所のことを言いますが、違いとしては、入り江の方が深さが浅く、湾の方が深さが深いということのようですが、厳密にいうと何m以下で入り江、何m以上で湾という決まりはないため、曖昧ということになります。
それと、入り江付近は遠浅な所が多いため、穏やかな水面が広いという傾向があります。
そのため、海水浴場なども設けられたりしています。
確かに、湾と呼ばれるところには海水浴場は見かけませんね。

似たような地形として浦があります。
浦は、入り江と同じ意味として捉えていることも多いと思いますが、辞書で調べると、湖海に沿った屈曲がない砂泥や小石からなる海岸平野を浜、同じような地形で岩塊が露出している磯に対して、陸地が湾曲して湖海が陸地の中に入り込んでいる地形を指すそうです。
この意味だと、浦は、海や湖が陸地に入り込んだ水域です入り江と同じ意味ですが、入り江や湾よりは小規模となるそうです。
また、特に浦・浜は、前近代において湖岸・海岸の集落(漁村・港町)を指す用語としても用いられていたそうです。
似たような地形として灘もあります。
灘は、沖合の中で波が荒く、潮流が速い所を指すようで、洋とも書き表されます。
さんずいに難という字の如く、古くから航海が困難な場所とされ、そのため沿岸には避難港が発達しています。

入り江は他の沿岸水域に比べ遠浅で、特に平均して季節風が叩き付けるような入り江を除けば、平坦な海岸線に比べると波が穏やかな水域が広い傾向となっています。
このため港などはこの入り江を利用して作られる場合もあり、また、前述したように、海水浴場は、入り江に面した地域に設けられることが多くあります。
しかし普段季節風の直撃がなく、台風やハリケーンなど特別な気象の変化で海側からの強風をもろに受けるようになった場合は、普段穏やかな入り江が一変、平坦な海岸線では平均して分散化される波の力が入り江の奥に殺到、高潮や水害といった被害を受けることもあります。
また津波では入り江の構造によって波のエネルギーが集中、波の高さが増幅されて被害が拡大することもあります。
このため入り江の入り口付近に防波堤を設置して、波が入り江の奥を洗わないようにするための地形改造(工事)も多く行われています。
入り江は海などの浸蝕によって海岸線が削られて入り江になる場合もあれば、川の流出口(河口)が浸蝕され入り江となる場合もあります。
特に河口の浸蝕が進行すると、三角江と呼ばれる河口部分が末広がりになる地形になります。
スポンサーサイト

いろいろな砂漠

砂漠について調べてみました。

砂漠(さばく、沙漠)とは、降雨が極端に少なく、砂や岩石の多い土地のことだそうです。
年間降雨量が250mm以下の地域、または降雨量よりも蒸発量の方が多い地域などの定義があるそうです。
降雨量が少ないと、植物がほとんど生息せず、気温の日較差が激しくなります。
したがって、農業には適さず、人間の居住が難しい地域(アネクメネ)となり、不毛の大地に成っていきます。

(1)土質による分類
①砂砂漠
砂漠と言ったら砂ばっかりの砂漠だと思っている人も多いと思いますが、砂の丘陵が続く砂砂漠は20%ぐらいだそうです。
一般的な砂砂漠は、砂は2mm以下の粒を指し、見渡す限り砂地が広がって風紋を織りなしている情景です。
砂砂漠(エルグerg)には砂地や砂丘が広がっています。
②岩石砂漠
岩石砂漠(rocky desert)とは、岩石や岩くずれで覆われている砂漠のことで、ハマダ(hamada)とも呼ばれています。
砂漠のうちで最も多く分布し、その名の通り土壌がほぼ存在せず、岩盤がむきだしとなっています。
これは砂漠の強い風などによって表層の土壌が吹き飛ばされてしまったためです。
地形としては山岳など、風が強く土壌がとどまりにくい地形に多く存在しています。
③礫砂漠
礫砂漠(レグreg)は、岩石砂漠のうち、礫(粒径が2mm以上の砕屑物)で覆われたものを呼んでおり、岩石砂漠と同様、かなりの範囲を占めています。
礫砂漠は、岩石砂漠よりも、やや緩やかな傾斜の地域に存在し、数十㎝程度の薄い土壌層は存在するものの、その上の地表はすべて礫によって覆われています。
礫砂漠を覆う礫は回転運動をすることがなく片面が常に太陽光の方を向いているため、風化によって日光を受ける面が変色しているのが特徴です。
④土砂漠
土砂漠は、土や粘土によっておおわれた砂漠で、軽い砂などが吹き飛ばされています。
こうした砂漠の土壌は砂漠土と呼ばれ、植物がほとんど生育しないことから腐植が非常に少ないこと、および塩分が強いことが特徴となっています。

(2)成因による分類
①熱帯砂漠
熱帯砂漠は、海岸砂漠とも呼んでいますが、大陸の西側を赤道方向に向かう寒流沿いの、大陸の海岸線に見られます。
寒流の上を渡る風は水蒸気の供給が少ないことと、大気が安定して上昇気流が起こりにくいことによるものです。
緯度10〜20°の大陸西岸に分布しています。
海岸沿いに細長く広がり砂漠の範囲は狭いものが多いのですが、大気が安定しているため降雨が非常に少なく、極度に乾燥していることが多いのが特徴です。
アタカマ砂漠、ナミブ砂漠などがこの砂漠です。
②亜熱帯砂漠
亜熱帯砂漠は、中緯度砂漠とも呼んでいますが、これは、熱帯で生じた上昇気流が大気上層を中緯度まで移動してから下降することによって発生する亜熱帯高圧帯の影響下に一年中あることによるものです。
気圧帯の影響によるものなので範囲が非常に広く、大規模な砂漠が成立しやすいことが特徴です。
ただし亜熱帯高圧帯は永久に不変というものではなく、地球の気候によって長期的には南北移動を繰り返すために、それに伴って砂漠の境界線も長期的には南北移動を繰り返す性質があります。
緯度20〜30°に見られ、サハラ砂漠、カラハリ砂漠、オーストラリアなどがこの砂漠です。
③温帯砂漠
温帯砂漠とは、雨陰砂漠山脈の方から吹き込む卓越風の風下となるために、下降気流地帯となるため生じる砂漠です。
緯度35〜50°に見られ、パタゴニアなどの砂漠があります。
④内陸砂漠
内陸砂漠は、大陸内部砂漠とも呼んでいますが、大陸の内陸部で湿った空気が届かず雨が降らない地域での砂漠です。
海から遠く、水蒸気の供給量が少ないため生じる砂漠で、ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠などがあります。
⑤雨陰砂漠
雨陰砂漠とは、高い山脈に取り囲まれ、山脈の風下側に成る所で、湿った空気が入って来にくい地形の所での砂漠です。
水分を含んだ空気は上昇気流となり山の斜面に沿って上っていきます。
その山を上っていく途中で雨を降らせるために、山を越えた風下側では乾燥した空気となります。
中国のタクラマカン砂漠は、南北に大きな山脈があって、海からの湿った空気がやってきません。
また、鳥取市の夏と冬の気候もこれに非常によく似ています。
夏は南からの暖かく湿った空気が中国山地にぶつかり、雨を降らせますが、その空気が山を降りると暑く乾いた空気をもたらします。
したがって、鳥取砂丘はこの砂漠に当たります。
⑥寒冷地砂漠
寒冷地砂漠とは、高緯度地域や高度の大きい山地にも乾燥した砂漠で、南極や高山地域に見られますが、この地域は乾燥地域の特性より寒冷地域の特性の方が著しいために、砂漠に含められないこともあります。

c0067690_11493441.jpg
どこにでもある平地か丘陵地みたいですが、これでも砂漠です。

「沼田の河岸段丘」について

群馬県沼田市の河岸段丘を紹介します。

「沼田の河岸段丘」
この名前を知っている人は多いと思います。
川を底辺としていくつもの段が重なったこのような地形を河岸段丘(かがんだんきゅう)といいます。
平坦な部分と傾斜が急な崖とが交互に現れ、平坦な部分を段丘面(だんきゅうめん)、急崖部分を段丘崖(だんきゅうがい)と呼んでいます。
段丘面は地下水面が低く、段丘崖の下には湧水が出ていることが多く見られます。
「沼田の河岸段丘」は、広さ高さともに大規模で、形もはっきりしているため、日本一美しい河岸段丘とも言われています。
片品川沿いに利根川と合流する前の下流域で段差が深くはっきりとした河岸段丘が発達しており、地理の教材に掲載されるほど有名です。
市街地は一番高い段丘面に位置し、玄関口であるJR上越線沼田駅との高低差は約70m以上もあります。
この河岸段丘は、椎坂峠や雨乞山、子持山などの高い場所からはっきりと確認することができます。
それだけでなく、市内にはいくつもビュースポットが設けられ、中には飲食店や露天風呂から一望できるところもあります。
この河岸段丘ですが、昔々、沼田一帯は大きな湖だったそうです。
そして、長い年月の間に、湖に流れ込む川が泥や砂を運び、次第に埋め立てられて、湖は平原へと姿を変えました。
その後、平原の低い場所に水が流れるようになり、現在の利根沼田地域を流れる利根川・薄根川・片品川が生まれました。
それぞれの川の両岸では、棚田のような階段状の地形を見ることができます。

江戸時代にはその険しい地形を利用し段丘上に沼田城(ぬまたじょう)が築かれました。
群馬県沼田市倉内にあり、利根川と薄根川の合流点の北東、河岸段丘の台地上に位置する丘城です。
二つの川側は約70mほどの崖となっており、典型的な崖城でもあります。
沼田城は、上野国利根郡(現:群馬県沼田市)にあった城(丘城)で、幾つかの守護城に囲まれた堅城です。
沼田氏の居城として建築され、戦国時代後期から江戸時代初期にかけて真田信幸氏の沼田領支配の拠点として機能していました沼田藩の藩庁で、はじめは倉内城と称していたそうです。
沼田城は北関東の要衝であり、軍事上の重要拠点として上杉氏・後北条氏・武田氏といった諸勢力の争奪戦の的となったそうです。
そして、本能寺の変後は真田氏の支配城として、後北条氏と争っています。
江戸時代に城主は真田家5代、天領、本多家3代、黒田氏(譜代大名)2代を経て、土岐氏12代目に明治維新を迎えています。
真田氏時代には5層の天守や3層の櫓が建てられたそうですが、時代とともに縮小し、本多氏時代には三の丸を改修して館を建てる程度の規模になったそうです。
明治維新後、1916年に旧沼田藩士の家の久米民之助によって城地が購入され整備されています。
1926年には沼田町(沼田市)に寄付され、現在は沼田公園となっています。
2017年続日本100名城(138番)に選定されています。

河岸段丘
これが、「沼田の河岸段丘」ですが、河岸段丘は、写真にするとわかりずらいと思います。
実際に行って見るのが一番だと思います。

峡谷について

地形用語で峡谷があります。

愛媛県では、小田深山渓谷、富郷渓谷、滑川渓谷、面河渓谷など、渓谷はいっぱいあるのですが、峡谷となると思い浮かべません。
峡谷と渓谷の違いとして、峡谷(きょうこくcanyon)は、渓谷(けいこくvalley)と比較して更に深い谷を呼んでいます。
V字谷(ブイじこく、ブイじだに)とも呼ばれ、谷の断面は、V字形をなす両岸が険しい崖になっていて谷底平野を持ちません。
隆起運動の激しい地域で、谷が横へ広がるより早く下刻が進む場合に形成されています。
谷壁はときに垂直の絶壁を成し、先に述べたように、谷底には平たんな所が少なく、谷床平坦面を欠いています。
峡谷は、
・谷壁をなす部分の岩石が硬くて急崖を保持できるような所
・河床勾配が急で下刻が活発に行われる所
・先行谷や表成谷として山地を横切る所
すなわち河川の流路が決定された後に、隆起などで生じた山地をそのままの流路を保って下刻した場合(先行谷)や、河川が基盤の構造に無関係にそのまま流路を保って下刻した場合(表成谷)などに形成されています。
地殻運動の激しい造山帯に属する日本では、黒部峡谷,天竜峡,飛水峡など多くの例がみられます。
世界的に有名なアメリカのグランド・キャニオンはコロラド川が延長450キロkmにわたって、平均1600mの深さの谷をうがっています。
ここでは、台地の最上部にある新生代の溶岩から谷底に露出する始原代の変成岩までを下刻によって露出させています。
登山用語では、切り立った岩壁にはさまれた峡谷はゴルジュと呼ばれるそうです。
これは、フランス語で「のど」という意味(仏: gorgeのどのように狭くなっているところから)だそうです。

峡谷は、V字谷とも呼ばれていると述べましたが、谷の形状として、
・V字谷・・・・谷底に平地を欠く谷で、欠床谷とも呼んでいます。
・盆谷・・・・谷壁斜面が緩やかな凹形を示す谷のことです。
・床谷・・・・谷の横断面の形によって谷底の平らな谷で、平底谷とも呼んでいます。
また、谷壁斜面が垂直に近く、谷の幅の狭いものが峡谷ですが、山脈や地層の走向と平行に延びる谷を縦谷と呼び、山脈を横切る谷を横谷と呼んでいます。

こういった峡谷の地形はダムを建設しやすい利点があります。
そのために何度もダム建設の対象となっていて過去に幾つもの景勝地が姿を消しています。
現在も、群馬県の吾妻峡に造ろうとしている八ッ場ダムなど、住民が反対運動を行っている場所が多く、ダム実行派と反対派による争いが起こっています。

日本の主な峡谷を紹介します。
①北海道
・層雲峡・天人峡・豊平峡・岩内仙峡・赤岩青巌峡(あかいわせいげん-)など
②東北地方
・馬仙峡(岩手県)
・鳴子峡・二口峡谷(宮城県)
・小又峡・小安峡・藤里峡・岨谷峡など(秋田県)
・最上峡・赤芝峡など(山形県)
・塔のへつりなど(福島県)
③関東地方
・養老渓谷(千葉県)
・竜神峡(茨城県)
・龍王峡・瀬戸合峡など(栃木県)
・吾妻峡、照葉峡・高津戸峡など(群馬県)
・三波石峡(群馬県・埼玉県)
・中津峡(埼玉県)
・御岳昇仙峡など(山梨県)
④中部地方
・清津峡・ヒスイ峡・橋立ヒスイ峡・荒川峡など(新潟県)
・黒部峡谷・神通峡・庄川峡など(富山県)
・天竜峡・内山峡・寝覚の床・横谷峡・差切峡など(長野県)
・恵那峡・蘇水峡・深沢峡・付知峡・飛水峡・揖斐峡・横谷峡など(岐阜県)
・寸又峡・接岨峡・山王峡・世古峡など(静岡県)
・鳳来峡・勘八峡・下山峡など(愛知県)
・大杉谷・宮妻峡・多度峡・香肌峡・宮川峡など(三重県)
・手取峡谷など(石川県)
・九頭竜峡など(福井県)
⑤近畿地方
・醒井峡谷(滋賀県)
・保津峡・夢絃峡など(京都府)
・摂津峡など(大阪府)
・蓬莱峡・立雲峡(兵庫県)
・瀞峡(奈良県・和歌山県・三重県)
・瀞八丁(奈良県・和歌山県)
・奇絶峡・玉川峡・古座川峡など(和歌山県)
⑥中国地方
・匹見峡・立久恵峡・鬼の舌震など(島根県)
・井倉峡など(岡山県)
・三段峡・帝釈峡・山野峡・南原峡・二級峡・二河峡・神之瀬峡(かんのせ-)・石ヶ谷峡など(広島県)
・寂地峡・長門峡・深谷峡など(山口県)
⑦四国地方
・大歩危・小歩危・高の瀬峡など(徳島県)
・別府峡(べふ-)など(高知県)
⑧九州地方
・日向神峡・上野峡(あがの-)など(福岡県)
・川上峡など(佐賀県)
・轟峡など(長崎県)
・蘇陽峡・仙酔峡・遊水峡・立神峡(たてがみ-)など(熊本県)
・由布川峡谷・犬江釜峡(けんこうふ-)(大分県)
・高千穂峡・杉安峡・三之宮峡・狗留孫峡など(宮崎県)
・白谷雲水峡・唐船峡・大川原峡など(鹿児島県)

地形を表わす山の用語について

地形を表わす山の用語をまとめてみました。

①登山口
言わずと知れた登山コースの起点のことです。
登山口はコースの終点でもあり、入山口(にゅうざんぐち)、下山口(げざんぐち)という呼び方もしています。
②谷
尾根にはさまれた山の深みのことで、山岳地では谷の水流を沢(さわ)と呼んでいます。
また沢の本流を本谷、支流を支(枝)沢と区別することもあります。
さらに沢が2本に枝分かれする地点を二股(俣)と呼んでいます。
そして、下流から見て右に分かれた沢を右股(俣)、左を左股(俣)と呼んでいます。
③尾根
谷と谷を分ける山の高みで、山頂から山麓にかけて延びています。
山の名前と同様に名前の付いている尾根も多く見られます。
稜線との違いとして、頂上と頂上を結ぶ主脈が稜線、頂上と平地を結ぶ支脈が尾根という使い分けになるようです。
④山頂
山のような起伏のある地形において、隣接した他の全ての地点よりも高い場所のことで、山の頂上、ピークとも言います。
山頂部ともいう場合は頂上一帯(周辺)を指します。
複数のピークからなる山もあり、その場合、山名はそれらのピークの総称であることが多いようです。
また山の姿を山容といい、勇ましいとか穏やかとか、その印象をよく表現しています。
⑤支(枝)尾根
山頂から連なる尾根に対して、尾根の途中から枝分かれするように延びる尾根を特に支(枝)尾根と呼び、逆に支尾根に対して、主尾根、主稜といった呼び方もあります。
⑥巻き道
尾根上にある小さなピークなどの、ピークへ登らず、直下を水平に横切っていくような道のことです。
この場合は「小ピークを巻き、山腹をトラバースしていく」といった表現をします。
岩場や滝などの難所を迂回する巻き道もあります。
巻き道に対して岩場などを登る道を直登(ちょくとう)コースと呼び分けることもあります。
⑦取り付き
登山口からしばらく平坦な道を歩き、尾根伝いの本格的な登りが始まる地点で「尾根に取り付く」と表現し、その地点を取り付き(点)と呼んでいます。
この言葉は、「岩場に取り付く」、「雪渓の取り付き」、など尾根以外の地形に対しても使っています。
⑧出会(であい)
沢の支流が本流(谷)に注ぐ地点が出会です。
沢だけでなく、登山道が交わる地点や、登山道から林道に出る地点などでも使います。
⑨右岸、左岸(うがん、さがん)
沢の岸の呼び方で、上流から下流を見て右の岸を右岸、左の岸を左岸と呼んでいます。
沢に沿って下流から上流に登っている時は、向かって右が左岸、左が右岸となります。
⑩双耳峰(そうじほう)
2つのピークからなる山で、ピークを耳にみたててこの呼び名があります。
また2つのピークの間で弧をえがく稜線を吊り尾根といい、山域によっては固有の地名になっています。
説明のうえで2つのピークを持つ場合、高いほうのピークを最高点と表現をすることがありますが、主峰、最高峰という場合はその山の属する山域(山脈、山塊)のうちでもっとも高いピークをさす事が多いようです。
⑪稜線(りょうせん)
尾根とほぼ同じ地形ですが、特にピーク、ピークを結ぶ線を稜線と呼んでいます。
稜線をたどり、複数のピークを踏破してゆく縦走は、代表的な登山形態の一つです。
また岩が露出して、けわしい急な稜線を岩綾(がんりょう)と言い、けわしい稜線の名前には、歯、刃、鎌などの文字が付いています。
⑫鞍部(あんぶ、コル)
尾根(稜線)上の一番低くなった(くぼんだ)部分のことです。
低山の里山では日常的には峠(とうげ)といった方がわかりやすいですが、登山では鞍部とまたはコルと呼ぶ事が多いようです。
鞍部とは馬の鞍に見立てた名称です。
また峠と同様の意味で乗越(のっこし)の地名もあります。
⑬キレット
漢字にあてると切戸です。
尾根(稜線)上のとくに切り立った鞍部の呼び名で、固有の地名になっている場所もあります。
北アルプスの剣岳周辺では同様の場所を窓(まど)と呼んでいます。
⑭頭(あたま、かしら)
沢などの源頭にあたる、尾根上の突起物を指します。





最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR