愛媛県の陸繋島

陸繋島について調べてみました。

陸繋島(りくけいとう land-tied island)は、陸を繋ぐ島と書きますが、この字の通り、海岸近くに存在する島に砂州(さす)が発達して、ついに陸岸とつながってしまったものを言います。
島と陸岸とを結ぶ砂州はトンボロtomboloと呼ばれ、陸繋島に対し1本で結ばれたものや、2本、3本で結ばれて中央に海跡湖(潟湖(せきこ))をもったものなど種々の形態があります。
わが国の代表的な陸繋島は、北海道の函館山や、紀伊半島の潮岬(しおのみさき)などがあり、そのトンボロには函館市街や串本漁港(和歌山県)などが発達しています。
リアス式の海岸には小さい規模の陸繋島が多数存在しています。

愛媛県でも、沖の島とか弓削島、由利島が陸繋島です。
沖の島(おきのしま)は、愛媛県宇和島市の沖合いで、日振島の北方約600m沖合いに位置しています。
面積0.18平方kmの小島で無人島です。
日振島の北端から約600m沖合いに位置し、元は小島が4つあったそうですが、砂州により結合して一つの島となったそうです。
最高標高70mでアコウ樹等が自生しており、周囲には砂洲が広がっています。
島のすぐ東には同様の無人島である竹ヶ島があります。
島の東部の砂洲にはハマユウが群生し、愛媛県指定の天然記念物となっています。
一時は害虫により壊滅的な打撃を被っていたそうですが、地元中学生の世話等により、よみがえっているそうです。
弓削島(8.81平方㎞)は、上島諸島のなかで最も大きな島です。
ひょうたん形をしたこの島の北の上弓削と南の下弓削の、二つの島をつないだトンボロ(陸繋砂洲)を利用した揚げ浜式塩田のあったところが弓削の中心地になります。
弓削という名の由来は諸説があるのですが、古くは久司の浦と呼ばれたことがあり、物部氏の一族だった弓削部の人々が移住したことから弓削の名が起こったとも言われています。
このブログで何度も紹介した由利島(ゆりじま)も陸繋島です。
松山港の沖合の標高194mの無人島で、面積0.45km2の小島ですが、大小二つの島が砂州でつながった形をしており、それぞれ大由利、小由利と呼ばれています。

瀬戸内海の「島の数」は、外周が0.1Km以上の島の数は727と言われています。
(昭和61年の海上保安庁の調査です)
①広島 142
②愛媛 133
③山口 127
④香川 112
⑤岡山 87
⑥兵庫 57
⑦和歌山 41
⑧徳島 24
⑨福岡 6
⑩大分 3
なお、島の定義の範囲外では、約3000を数えるとも言われています。
小規模の陸繋島は、限りなくあると思います。
スポンサーサイト

海食柱について

海食柱について調べてみました。

海沿いにそびえ立つ海食柱(かいしょくちゅう:Sea Stack)は、長い時間をかけて岩盤が海に浸食されて形成されたもので、その奇景にはびっくりします。
これらの海食柱を征服しようと考えるクライマーは多いのですが、その多くはアクセスや登攀が極めて困難で、中には立ち入り自体が禁止されているものもあります。
この中で、特に奇抜な海食柱を2箇所紹介します。

①Sail Rock(セイル・ロック)
Sail Rockは、帆岩とも言い、中生代白亜紀の後期に形成された、砂岩の一枚岩でできた、帆船の帆のような形をした海食柱です。
帆岩という名称は、この形状のために名付けられ、ロシアのクラスノダール地方、ゲレンジークから南に17kmのところにあるバルト海の海岸に存在しています。
この砂岩は、海による侵食のために周囲の岩盤から切り離され、現在は海岸からほぼ垂直に立ち上がった状態で存在しています。
注目すべきはその形状で、高さは約25m、幅は約20mあるのにもかかわらず、その厚みはわずか1m程度しかありません。
このような形状であるために、この岩は四角形の帆に似ていると言われています。
このような形状になったのは、この砂岩には異なった強度を持った層が存在しており、そこに海の波が打ち付けて侵食された結果だと考えられています。
このSail Rockには地上から約250cm程度の所に穴が開いていて、その穴は帆を貫通しています。
この穴の起源について、正確なことは判っていませんが、多くのガイドは、コーカサス戦争の時に軍艦からの大砲の弾が当ったためにできた穴だと言っています。
しかしながら、この説の正確性には疑わしい点が存在するそうです。
1903年にバルト海沿岸を調査したS. Vasyukovが、Sail Rockを調査した後に書いた文章に、「……戦艦から砲撃を行う時、弾丸は4つ放つものだが、この岩にそのような穴は開いていない……」とあります。
さて、真実はどうなのでしょうか。
Sail Rockは、1971年11月にゲレンジークの行政当局によって天然記念物として指定されています。

「帆岩 Sail Rock  ロシア」の画像検索結果
ロシアの黒海沿岸にそびえ立つSail Rockです。
動画で、横からも見ましたが、まさに「せんべい板」のようです。
いくら岩盤が硬いとはいえ、波の荒い海岸で、よくも今まで倒れずにいたものかと思います。
打ち寄せる波の方向が常に横からなのでしょうか。
それにしても不思議な岩です。

②North Gaulton Castle(ノース・ゴルトン・キャッスル)
North Gaulton Castleは、オークニー諸島(スコットランド)の西海岸にあります。
高さは55mもあります。
先に紹介したSail Rockはクライミングは不可能だそうですが、このNorth Gaulton Castleは、大変な難易度ですが、クライミングはできるそうです。
ただし、波は激しく、頂点近くの岩質は脆弱だそうです。
North Gaulton Castleは、まるで円形競技場のようにぐるりと周囲を囲む断崖の中央に位置しています。
見るからに危ういこの海食柱は、細い基部から頂点に向かうに従って幅が広くなっています。
この写真からだけを見ると、砂岩と泥岩の互層のようにも見えて、層理面がほぼフラットのようです。
この海食柱にアクセスするためには、ボートを利用するか断崖から約40mをアブセイリングし、更には荒れた波の中を40m泳ぐ必要があるそうです。

「帆岩 Sail Rock  ロシア」の画像検索結果
見るからに危険なNorth Gaulton Castleです。
よくもまあ、こんな荒波で、こんなにも亀裂の多い岩盤が、このように独立して立っているのか不思議です。
そして、こんな海食柱にクライミングなんて、命知らず以上です。

複成火山と単成火山

火山の噴火にも、二つの形態があります。

火山の中には、同じ火道を使って何回も噴火する複成火山と、それまで何もなかったところに新しく火道をあけて噴火を始め、噴火が終了するとその火道がすぐに閉塞してしまい、そこから再び噴火することがない単成火山とがあります。
複成火山は大きくて複雑な火山体をつくりますが、単成火山の火山体は小さくて単純です。
そして、単成火山はふつう群れを成すのが特徴です。
複成火山の中心火道は煙突状ですが、単成火山の火道は板状です。
このような、複成火山と単成火山について調べてみました。

(1)複成火山(polygenetic volcano)
1)成層火山
成層火山(せいそうかざん stratovolcano)とは、ほぼ同一の火口からの複数回の噴火により、溶岩や火山砕屑物などが積み重なり形成された円錐状の火山のことです。
地形と内部構造によって類別された火山形状の一つです。
その火山体の形成までには複数回の噴火を必要とします。
ほぼ同一の火口から噴火を繰り返すことにより、火口の周囲に溶岩および火山砕屑物・火砕流堆積物が積み重なり、火山体が形成されていきます。
火山体は溶岩および火山砕屑物・火砕流堆積物などの互層であり、それが層を成していることから、「成層」の名が付いたそうです。
なお、山体構成物は上記のほか、泥流堆積物も含まれる場合があります。
2)楯状火山
楯状火山あるいは盾状火山(たてじょうかざん shield volcano)は、緩やかに傾斜する斜面を持ち、底面積の広い火山です。
粘性の低い(流れやすい)玄武岩質溶岩の噴出・流動・堆積によって形成されます。
地球上の大型火山の多くは、この楯状火山であり、アスピーテと呼ぶこともありますが、現在ではこの呼称は推奨されていないそうです。
多量の玄武岩質溶岩の噴出によって形成されることから、ハワイ諸島やアイスランドなど、ホットスポットや海嶺上に主に分布しています。
ハワイ諸島の火山はほとんどが楯状火山であり、世界最大のものはハワイ島にあるマウナ・ロア山です。
3)溶岩台地
溶岩台地(ようがんだいち lava plateau)は、玄武岩質の溶岩が大量に噴出し積み重なってできた、大規模な台地のことです。
世界的には、デカン高原(52万 km2, 日本の国土面積の1.4倍)やコロンビア川溶岩台地(16万 km2)が巨大な溶岩台地として知られています。
4)火砕流台地
火砕流台地(かさいりゅうだいち pyroclastic plateau)は、火砕流が流れた跡に残される火砕流堆積物で構成される台地のことです。
大規模な火山活動による火砕流は大量の堆積物を残します。
この堆積物(火砕流台地)は噴出源を中心に非常にゆるい角度で傾斜し、厚さは数十mにもなり、噴出源の近辺では100mを越えることもあります。
そのため小規模な火砕流では形成されることはなく、体積が数十km3を超えなければ形成されません。
5)カルデラ
カルデラ(caldera)とは、火山の活動によってできた大きな凹地のことです。
「釜」「鍋」という意味のスペイン語に由来し、カルデラが初めて研究されたカナリア諸島での現地名によるそうです。
本来は単に地形的な凹みを指す言葉で、明瞭な定義はなく、比較的大きな火山火口や火山地域の盆地状の地形一般を指す場合があります。
過去にカルデラが形成されたものの、現在は侵食や埋没によって地表に明瞭凹地として地形をとどめていない場合もカルデラと呼ぶそうです。

(2)単成火山(monogenetic volcano)
1)爆裂火口
爆裂火口(ばくれつかこう explosion crater)は火砕丘を持たない火口地形で、爆発火口とも呼んでいます。
火砕丘を持たないため、地面がえぐられたような形状をしています。
火山噴出物の少ない水蒸気爆発などで形成され、まわりに火山礫が堆積・成長すると火砕丘になり、逆に噴火で火口底が地下水面より低くなり水が溜まるとマールになります。
2)マール
マール( maar)とは、マグマ水蒸気爆発による火山地形のひとつです。
水が豊富にある場所でマグマ水蒸気爆発が起こって火砕サージを発生し、爆発によって生じた円形の火口の周囲に、少量の火砕サージ堆積物からなる低い環状の丘を形成します。
火口底が地下水面より低い場合は、中に水が溜まることが多く、その場合、火口は湖となり、沿岸部では湾入します。
通常は1回だけの噴火で形成され(単成火山)、この点で成層火山頂上の火口(湖)とは異なります。
「マール」は、もともとドイツ西部のアイフェル地方の方言で「湖」を意味しています。
アイフェル地方にはこのようにして生じた湖沼が70か所以上に点在していて、俗に「アイフェルの目」とも呼ばれるそうです。
19世紀からドイツの地理学者によってこの種の地形を表す語として用いられるようになり、その後国際的に定着したそうです。
3)火砕丘
火砕丘(かさいきゅう pyroclastic cone)は、火山活動で噴出した火山砕屑物が火口の周囲に積もり、丘を形成したものの総称で、火山砕屑丘とも呼んでいます。
通常は単成火山であり、大きくても直径2-3km程度です。
この火砕丘は、いくつかの種類に分けられています。
①スコリア丘
玄武岩質のマグマからできたスコリアが積もったものです。
多くがストロンボリ式噴火で形成されています。
溶岩流はスコリアは密度が低いため、密度の大きな溶岩が火口に溜まって火口縁から溢れ出すようなことはなく、スコリア丘と大地の境界面から流れ出します。
この溶岩流はしばしばスコリア丘を削り、馬蹄形(U字型)の火口を持つスコリア丘になります。
スコリア丘の例としては阿蘇山米塚、大室山、などがあります。
②タフリング、タフコーン(凝灰岩丘)
マグマ水蒸気爆発で形成されます。
マグマ水蒸気爆発は、マグマの成分とは無関係に、マグマが地下水や湖水などの冷たい水と接触すると起こります。
爆発力が大きいため、火口が大きく高さは低くなります。
マグマと水の量比によって爆発力や噴出物量が異なり、爆発力が比較的強く高さの低いものをタフリング、爆発力が比較的弱く高めのものをタフコーンと呼んでいます。
屈斜路カルデラの中島、ハワイ・オアフ島のダイヤモンドヘッドはタフリングです。
③軽石丘
安山岩〜流紋岩質のマグマからできた軽石が積もったものです。
このようなマグマは、ガス成分が多く、玄武岩質マグマよりも爆発的な噴火を起こしやすいので、一般にスコリア丘よりも大きな火口をもつのが特徴です。
阿蘇山の草千里などが有名です。
④溶岩円頂丘
溶岩円頂丘(ようがんえんちょうきゅう)または溶岩ドーム(ようがんドーム Lava dome)とは、火山から粘度の高い水飴状の溶岩が押し出されてできた、ほぼドーム状の地形です。
上空からはおおよそ円形に見え、地上から見ると土饅頭、あるいは円墳のような外観の隆起を成しています。

丘陵地について

丘陵地について調べてみました。

一般に丘陵地(きゅうりょうち)というと、なだらかな印象があります。
山ほど高くないけれど平地と呼ぶには隆起している面で、つまりは、小さな山とか、ゆるやかな山といった地形だと思われます。
辞書で丘陵(きゅうりょう)を調べると、「なだらかな起伏や小山(丘)の続く地形のことである」と書いてあります。
そして、「地形学では高度や起伏が山より小さく、台地より大きいものを指す」そうです。
アメリカの地理学者トレワーサさんによる区分では、
・大起伏山地(起伏量1800m以上)
・中起伏山地(900~1800m)
・小起伏山地(600~900m)
・丘陵地(150~600m)
としています。
600mというと、松山市の周辺では、松山市の高縄山(たかなわさん)は標高986mなので山地に当たりますが、伊予市の谷上山(たがみさん)は標高455mで、砥部町の行道山(ぎょうどうさん)は標高403mなので丘陵地という区分になります。
でも、見る限りでは山地です。
なので、日本の山地に対しては上記の区分基準を下げ、
・大起伏(1000m以上)
・中起伏(500~1000m)
・小起伏(150~500m)
・丘陵地(50~150m)
のような区分か、「山地よりも小さな規模のもので、日本では概ね海抜300m内外の高度で緩慢な斜面と谷底をもつ地形」としているようです。
丘陵地は、およそ100万年前から30万年前に生じ、洪積層またはそれより古い地層からなり、火山性地帯では表面が関東ローム層のような火山灰土に覆われることが多いことが知られています。
愛媛県では、高縄山の中腹から麓にかけては、花崗岩の風化した丘陵地が続いており、果物などの園芸作物と、だいこん・ごぼう・にんじんなどの根菜類の栽培に利用され、最近ではほうれんそう・トマトなども栽培されています。

【写真】プロジェクトの様子
丘陵地が広がっています。

自然河川について

自然河川について調べてみました。

自然河川(しぜんかせん)は、原始河川(げんしかせん)とも言い、天然のままで人為の加わらない河川を指しています。
人為的に開削され、流量が調節されている灌漑水路や運河などの人口河川に対する用語としても用いられますが、ここでは上流にダムや、河道に堤防や床固め等の人為的な工作物が施されていない河川を言います。
この中に愛媛県の銅山川も入っています。
銅山川(どうざんがわ)は、吉野川最長の支流であり、吉野川水系の一級河川です。
愛媛県と徳島県を流れ、名称は、別子銅山(現在は閉山)を流れていることに由来しています。
古くは砂金が採れたことから金砂川とも呼んでいたそうです。
愛媛県から徳島県へ流れる川なので、徳島県内では伊予川とも呼んでいるそうです。
銅山川の流路延長は55kmであり、それほど長くはありません。
でも、この流域は夏季に多雨であるため、富郷ダム、柳瀬ダム、新宮ダムが造られています。
これだけ人造構造物があって自然河川と言えるのかどうか疑問です。
明治から昭和にかけて愛媛県と徳島県が水利権で対立し、「西の銅山川、東の多摩川」と言われた時代がありました。
最終的には愛媛県が吉野川上流域の早明浦ダムの建設費用を一部肩代わりすることで決着したそうです。
また、1900年(明治33年)には、洪水により別子銅山の鉱毒が銅山川に流れ込む銅山川鉱毒事件があり、流域に多大な被害が及んだそうです。
自然河川は、まだまだ日本にもあります。
私が調べた河川は下記に示していますが、銅山川のように、もう自然河川ではなくなっているところもあるかも知れません。

・歴舟川・・・・北海道 広尾郡大樹町
・西別川・・・・北海道 野付郡別海町,川上郡標茶町
・遊楽部川・・・・北海道 山越郡八雲町
・久慈川・・・・岩手県 久慈市 久慈平庭県立自然公園
・ノロ川・・・・秋田県 北秋田市 周辺が低層湿原とブナ原生林.森吉山県立自然公園
・粟野川・・・・栃木県 鹿沼市
・永野川・・・・栃木県 鹿沼市,栃木市
・大芦川・・・・栃木県 鹿沼市
・湯桧曽川・・・・群馬県 利根郡みなかみ町
・中津川源流・・・・埼玉県 秩父市 秩父多摩国立公園
・養老川上流・・・・千葉県 市原市,夷隅郡大多喜町
・秋川・・・・東京都 あきる野市,西多摩郡檜原村
・平井川中上流・・・・東京都 西多摩郡日の出町
・多摩川中上流・・・・東京都 青梅市,西多摩郡奥多摩町,羽生市,福生市,昭島市,日野市,あきる野市,立川市,国立市,八王子市 奥多摩湖より下流.浅川合流点まで
・飛騨川・・・・岐阜県 加茂郡白川町・七宗町,下呂市 飛騨木曽川国定公園
・川原樋川・・・・奈良県 吉野郡野迫川村
・錦川中流・・・・山口県 岩国市南桑~四馬神
・海部川・・・・徳島県 海部郡海陽町
・野根川・・・・徳島県 海部郡海陽町
・銅山川・・・・愛媛県 四国中央市,新居浜市

f:id:emata:20090704001223j:image
自然河川?の銅山川です。

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR