fc2ブログ

火成岩について

火成岩について調べてみました。

・アア溶岩
玄武岩~安山岩の陸上溶岩によく見られる形態で、表面をごつごつした岩塊 (クリンカー) で覆われています。
パホイホイ溶岩とブロック溶岩の中間の粘性をもつ溶岩が流動してできます。
・安山岩
マグマが急速に冷えてできた岩石のうち、やや黒っぽく重い石。鉄やマグネシウムをやや多く含み、シリカはやや少ないという特徴があります。
日本の火山の多くは、安山岩からできています。
・花こう岩
マグマが地下深くで固まってできた岩石です。
数mm程度の、ほぼ等量の石英、正長石、斜長石からなり、普通は黒雲母も含みます。
・花崗閃緑岩
マグマが地下深くで固まってできた岩石(深成岩)です。
数mm程度の石英、長石(斜長石は正長石よりも多い)からなり、普通は角閃石や黒雲母も含みます。
・火砕岩
火山活動で放出されたさまざまな大きさの砕屑物が固まってできた岩石です。
・火砕サージ
噴火によって放出された火山灰が、空気と混ざり合って急速に流れる現象です。
火砕流に比べて粒子が細かいのが特徴です。
・火砕流
火山の噴火や溶岩ドームの崩壊によって放出された火山砕屑物と空気が混じり合い、高速で移動する流れです。
そのスピードは、時速100 kmを超えることもあります。
火砕流は粒子サイズの違いによって、下部と上部で流れ方が異なるため、更に細分して下部を狭義の火砕流、上部を火山灰雲サージと呼ぶることがあります。
・火砕流堆積物
火砕流に運ばれてできた堆積物のことです。
噴火で放出された様々な大きさの物質が混在していることが多く、堆積直後は平坦な地形をつくります。
・火山岩類
マグマが急速に冷えてできた岩石です。
数 mmサイズの結晶 (斑晶) の粒が、微細な鉱物やガラスでできた基質 (石基) の中に散在する組織を示します。
・火山弾
火口から放出されたマグマのうち、地上を流れる溶岩に対し、空中を飛んでくるものが火山弾です。
着地するときにつぶれるなど、変形することがあります。
・活火山
噴火を起こす可能性のある活動的な火山のことで、気象庁・火山噴火予知連絡会では、「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」と定義しています。
・軽石
たくさんの穴のあいた (多孔質な) ガラス質の火山噴出物で、マグマが発泡してできます。
白色、淡褐色、淡灰色などの明るい色を呈します。密度が小さいため水に浮くことが普通です。
・軽石凝灰岩
軽石を多く含む火砕岩を指す日本独特の用語ですが、定義があいまいなので使わないほうが良いとされています。
軽石を主体とする火砕岩は、正確には軽石火山礫凝灰岩といいます。
・割れ目噴火
地表の割れ目を火口として起きる噴火を割れ目噴火といいます。
玄武岩質のマグマでは、溶岩がカーテンのように吹き上げる様子が見られることがあります。
・貫入岩
地下のマグマが地表に到達することなく、地下で冷えて固まった岩石を貫入岩といいます。
貫入岩は形態と規模によって区分され、岩脈、シルなどの用語が使われることがあります。
・岩屑なだれ堆積物
山体崩壊などで発生する岩屑なだれは、山体の一部であった岩塊が粉砕化しながら山麓を高速で流れ下る現象です。
岩屑なだれが落ち着いてできた堆積物は、大型の岩塊を多数含み、流れ山と呼ばれる巨大な岩塊 (粉砕されなかった山体の一部) を伴うことが知られています。
・クリンカー
アア溶岩の表面に見られる、表面のけば立った荒れた岩塊のことです。
流動する溶岩の表面が引きちぎられるときに、糸を引くように割れるためにできます。
・玄武岩
火成岩の一種で、マグマが急速に冷えてできた岩石のうち、黒っぽい色をした重い石です。
鉄やマグネシウムを多く含み、シリカは少ないという特徴があります。
海洋島の火山や海底火山の多くは玄武岩からできています。
・降下火砕堆積物
火山噴火で空中に放出された砕屑物が、降り積もってできる堆積物です。
テフラと呼ばれるものの多くは降下火砕堆積物で、広域に分布するために、離れた地域の地質を比較する (地層の対比) とき、鍵層として役に立ちます。
・降下テフラ
火山噴火で空中に放出された砕屑物が、降り積もってできる堆積物で、降下火砕堆積物のことです。
広域に分布するために、離れた地域の地質を比較する (地層の対比) とき、鍵層として役に立ちます。
・深成岩
花こう岩やはんれい岩などの、マグマが地下深くで固まってできた岩石のグループです。
ゆっくり冷えたため大きめ(数mm程度)の結晶を含みます。
・閃緑岩
マグマが地下深くで固まってできた岩石(深成岩)です。
数mm程度の斜長石、角閃石からなり、黒雲母や輝石、正長石を含むこともあります。
・デイサイト
マグマが急速に冷えてできた岩石のうち、やや白っぽい石です。
シリカをやや多く含み、鉄やマグネシウムはやや少ないという特徴があります。流理と呼ばれる縞模様が見られることがあります。
・トーナル岩
マグマが地下深くで固まってできた岩石(深成岩)です。
数mm程度の石英、斜長石からなり、普通は角閃石を含みます。
・ドレライト
玄武岩質のマグマが地下に貫入して、比較的ゆっくり冷えたときにできる岩石のことです。
顕微鏡で観察すると「ドレライト状組織」という独自の組織を示します。
ゆっくり冷えるためガラスは含みませんが、結晶のサイズが不揃いで、深成岩ほど均等ではないという特徴があります。
・ハイアロクラスタイト
マグマが水に急冷されてできた細かい砕屑粒子を主体とする岩石をハイアロクラスタイトと呼びます。
もともとは玄武岩の枕状溶岩の周辺にできたものを指していましたが、近年では玄武岩に限らずに、水冷破砕でできた岩石をハイアロクラスタイトと呼ぶこともあります。
・はんれい岩
マグマが地下深くで固まってできた岩石(深成岩)です。
数mm程度の輝石、斜長石からなり、かんらん石や角閃石も含むこともあります。
・パホイホイ溶岩
粘性の低い玄武岩の陸上溶岩に見られる形態で、滑らかで光沢のある表面をしています。
パホイホイ溶岩は流動する間に温度が下がり、粘性が高くなってアア溶岩に移り変わることがあります。
・ひん岩
安山岩質のマグマが地下に貫入して、比較的ゆっくり冷えたときにできる岩石のことです。
ゆっくり冷えるためガラスは含みませんが、深成岩ほどには大きな結晶がそろっていないという特徴があります。
ただし、最近では「ひん岩」という用語は使わないことになっています。
・ブロック溶岩
安山岩~流紋岩の陸上溶岩によく見られる形態で、表面を角張った多面体形の岩塊(ブロック)で覆われています。
内部は緻密で、角礫状にはなっておらず、規則的な割れ目(節理)が発達することがあります。
・ペグマタイト
深成岩の中でも結晶の大きさがとりわけ大きなものをペグマタイトと呼びます。
花こう岩と同じ組成のものを単にペグマタイトと呼び、他の組成のペグマタイトを閃緑岩ペグマタイト、はんれい岩ペグマタイトと呼ぶこともあります。
・溶岩
地表に流出した、または火口に溜まっているマグマのことです。
流動するときに完全にバラバラにならないものを溶岩と呼ぶのに対し、粉々になって空気や水と混じり合って移動したものは火砕岩と呼びます。
・溶岩ドーム
珪長質の溶岩は粘性が高いために流れにくく、火口付近にお椀を伏せたような形の山体をつくることがあります。
これを溶岩ドームと呼びます。
・溶結凝灰岩
火砕流堆積物は堆積後も数100℃と高温なため、バラバラだった構成粒子の火山ガラスは溶けてくっつき合い、軽石も地層の重みで押しつぶされて、溶岩のように硬い岩石になります。
このような岩石を溶結凝灰岩と呼びます。
・緑色岩
緑色岩は苦鉄質火成岩を起源とする弱変成岩で、特に付加体の中に多く見られます。
これらの多くは海底火山から噴出した玄武岩類で、熱水変質作用を受けてもとの鉱物が変成鉱物にかわったものです。
スポンサーサイト



土壌と地形について

土壌と地形について簡単にまとめてみました。

1)土壌のでき方について
①沖積土とは
地質学で言う沖積世(第4紀完新世)の時代の土壌です。
つまり、今から約1万年前から現在までの時代に、河川の氾濫などで土砂が堆積して出来た新しい土壌を言います。
沖積地(沖積平野)や扇状地の地形に分布し、低地土あるいは沖積土といいます。
②洪積土とは
地質学で言う洪積世(第4紀更新世)の時代の土壌です。
つまり、今から約200万年前から1万年前までの間に、当時の河川、湖沼、海底に土砂が堆積し、その後隆起(台地を形成) したまま、沖積世の時代には余り変化を受けない状態でできた土壌を言います。
ただし、洪積世に降り積もった火山灰からなる土壌は洪積には含めません。
台地土あるいは洪積土と言いますが、洪積世より古い時代(第3紀)に出来た土壌も含めて言うことが多いみたいです。
③残積土とは
地質学で言う第3紀(約6500万年前~200万年前)、あるいはそれよりも古い時代の岩石がその場で風化して出来た土壌を言います。
山地や丘陵地の頂上部の斜面の地形に存在 し、残積土と言う場合もありますが、洪積土(台地土)に含めて言うことが多いようです。
④崩積土とは
主に沖積世の時代に、山地、丘陵地、台地などの斜面の一部が土砂崩れなどを起こして、 斜面の下部に堆積して出来た土壌を言います。
一般には洪積土(台地土)に含めることが多いのですが、低い台地に堆積している場合は低地土として扱っています。
⑤風積土とは
風の作用により運ばれた土砂が堆積してできた土壌を言います。
実際には、火山の噴火により 火山灰や軽石が多量に堆積して出来た土壌と、海岸近くで砂が風に運ばれて堆積して出来た土壌(砂丘地)の2通りがあります。
ただし、洪積世の時代に風積した古い火山灰で、風化が進 み火山灰の性質が弱まっている場合には、その土壌を洪積土に含めることがあります。
⑥集積土とは
湿地に湿性植物の遺体が厚く積み重なって出来た土壌を言います。
ヨシ、スゲ、ヤナギ、 ミズゴケ等の植物遺体が分解せずに堆積して泥炭土が出来ることを言います。

2)地形について
①山地、丘陵地とは
普通に呼んでいる山のことで、両者とも傾斜~緩傾斜がありますが、丘陵地は標高が概ね300m以下の低い山を言い、それより高いものを山地と呼んでいます。
主に、第3紀の時代に形成された地形です。
②台地、段丘とは
洪積世に形成されたもので、一般に沖積平野より高い標高にある、緩傾斜~ほぼ平坦な平野を台地あるいは段丘と総称して呼んでいます。
さらに、標高の異なる(形成された時代が異なる)台地が階段状に存在している場合には、それらを低位段丘、高位段丘などと区別して言う場合もあります。
なお、沖積世に形成された段丘も一部に存在します。
③低地とは
河川流域の沖積地を一般に低地といい、湿地や干拓地を含めて言っています。
平坦な地形が普通ですが、扇状地は緩い傾斜を呈している沖積地です。

入り江について

入り江について調べてみました。

私たちは、海岸で少しへこんでいる地形を入り江と呼んでいますが、入り江を辞書で調べると、海岸や湖の一部が陸側にえぐるように入り込んでできた地形のことで、入り海(いりうみ)も同じ意味だそうです。
入り江は、多くの場合において、陸地と水面との境界が他の場所よりも深く陸地側に切り込まれている状態でありますが、ある程度大きくなると湾(大きく水辺が陸地方向に切れ込んだ地形)と呼ぶそうです。
但し、この境界は曖昧みたいです。
入り江も湾も、陸地と水面の境界線が深くなっており、かつ陸地側に食い込んでいる場所のことを言いますが、違いとしては、入り江の方が深さが浅く、湾の方が深さが深いということのようですが、厳密にいうと何m以下で入り江、何m以上で湾という決まりはないため、曖昧ということになります。
それと、入り江付近は遠浅な所が多いため、穏やかな水面が広いという傾向があります。
そのため、海水浴場なども設けられたりしています。
確かに、湾と呼ばれるところには海水浴場は見かけませんね。

似たような地形として浦があります。
浦は、入り江と同じ意味として捉えていることも多いと思いますが、辞書で調べると、湖海に沿った屈曲がない砂泥や小石からなる海岸平野を浜、同じような地形で岩塊が露出している磯に対して、陸地が湾曲して湖海が陸地の中に入り込んでいる地形を指すそうです。
この意味だと、浦は、海や湖が陸地に入り込んだ水域です入り江と同じ意味ですが、入り江や湾よりは小規模となるそうです。
また、特に浦・浜は、前近代において湖岸・海岸の集落(漁村・港町)を指す用語としても用いられていたそうです。
似たような地形として灘もあります。
灘は、沖合の中で波が荒く、潮流が速い所を指すようで、洋とも書き表されます。
さんずいに難という字の如く、古くから航海が困難な場所とされ、そのため沿岸には避難港が発達しています。

入り江は他の沿岸水域に比べ遠浅で、特に平均して季節風が叩き付けるような入り江を除けば、平坦な海岸線に比べると波が穏やかな水域が広い傾向となっています。
このため港などはこの入り江を利用して作られる場合もあり、また、前述したように、海水浴場は、入り江に面した地域に設けられることが多くあります。
しかし普段季節風の直撃がなく、台風やハリケーンなど特別な気象の変化で海側からの強風をもろに受けるようになった場合は、普段穏やかな入り江が一変、平坦な海岸線では平均して分散化される波の力が入り江の奥に殺到、高潮や水害といった被害を受けることもあります。
また津波では入り江の構造によって波のエネルギーが集中、波の高さが増幅されて被害が拡大することもあります。
このため入り江の入り口付近に防波堤を設置して、波が入り江の奥を洗わないようにするための地形改造(工事)も多く行われています。
入り江は海などの浸蝕によって海岸線が削られて入り江になる場合もあれば、川の流出口(河口)が浸蝕され入り江となる場合もあります。
特に河口の浸蝕が進行すると、三角江と呼ばれる河口部分が末広がりになる地形になります。

いろいろな砂漠

砂漠について調べてみました。

砂漠(さばく、沙漠)とは、降雨が極端に少なく、砂や岩石の多い土地のことだそうです。
年間降雨量が250mm以下の地域、または降雨量よりも蒸発量の方が多い地域などの定義があるそうです。
降雨量が少ないと、植物がほとんど生息せず、気温の日較差が激しくなります。
したがって、農業には適さず、人間の居住が難しい地域(アネクメネ)となり、不毛の大地に成っていきます。

(1)土質による分類
①砂砂漠
砂漠と言ったら砂ばっかりの砂漠だと思っている人も多いと思いますが、砂の丘陵が続く砂砂漠は20%ぐらいだそうです。
一般的な砂砂漠は、砂は2mm以下の粒を指し、見渡す限り砂地が広がって風紋を織りなしている情景です。
砂砂漠(エルグerg)には砂地や砂丘が広がっています。
②岩石砂漠
岩石砂漠(rocky desert)とは、岩石や岩くずれで覆われている砂漠のことで、ハマダ(hamada)とも呼ばれています。
砂漠のうちで最も多く分布し、その名の通り土壌がほぼ存在せず、岩盤がむきだしとなっています。
これは砂漠の強い風などによって表層の土壌が吹き飛ばされてしまったためです。
地形としては山岳など、風が強く土壌がとどまりにくい地形に多く存在しています。
③礫砂漠
礫砂漠(レグreg)は、岩石砂漠のうち、礫(粒径が2mm以上の砕屑物)で覆われたものを呼んでおり、岩石砂漠と同様、かなりの範囲を占めています。
礫砂漠は、岩石砂漠よりも、やや緩やかな傾斜の地域に存在し、数十㎝程度の薄い土壌層は存在するものの、その上の地表はすべて礫によって覆われています。
礫砂漠を覆う礫は回転運動をすることがなく片面が常に太陽光の方を向いているため、風化によって日光を受ける面が変色しているのが特徴です。
④土砂漠
土砂漠は、土や粘土によっておおわれた砂漠で、軽い砂などが吹き飛ばされています。
こうした砂漠の土壌は砂漠土と呼ばれ、植物がほとんど生育しないことから腐植が非常に少ないこと、および塩分が強いことが特徴となっています。

(2)成因による分類
①熱帯砂漠
熱帯砂漠は、海岸砂漠とも呼んでいますが、大陸の西側を赤道方向に向かう寒流沿いの、大陸の海岸線に見られます。
寒流の上を渡る風は水蒸気の供給が少ないことと、大気が安定して上昇気流が起こりにくいことによるものです。
緯度10〜20°の大陸西岸に分布しています。
海岸沿いに細長く広がり砂漠の範囲は狭いものが多いのですが、大気が安定しているため降雨が非常に少なく、極度に乾燥していることが多いのが特徴です。
アタカマ砂漠、ナミブ砂漠などがこの砂漠です。
②亜熱帯砂漠
亜熱帯砂漠は、中緯度砂漠とも呼んでいますが、これは、熱帯で生じた上昇気流が大気上層を中緯度まで移動してから下降することによって発生する亜熱帯高圧帯の影響下に一年中あることによるものです。
気圧帯の影響によるものなので範囲が非常に広く、大規模な砂漠が成立しやすいことが特徴です。
ただし亜熱帯高圧帯は永久に不変というものではなく、地球の気候によって長期的には南北移動を繰り返すために、それに伴って砂漠の境界線も長期的には南北移動を繰り返す性質があります。
緯度20〜30°に見られ、サハラ砂漠、カラハリ砂漠、オーストラリアなどがこの砂漠です。
③温帯砂漠
温帯砂漠とは、雨陰砂漠山脈の方から吹き込む卓越風の風下となるために、下降気流地帯となるため生じる砂漠です。
緯度35〜50°に見られ、パタゴニアなどの砂漠があります。
④内陸砂漠
内陸砂漠は、大陸内部砂漠とも呼んでいますが、大陸の内陸部で湿った空気が届かず雨が降らない地域での砂漠です。
海から遠く、水蒸気の供給量が少ないため生じる砂漠で、ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠などがあります。
⑤雨陰砂漠
雨陰砂漠とは、高い山脈に取り囲まれ、山脈の風下側に成る所で、湿った空気が入って来にくい地形の所での砂漠です。
水分を含んだ空気は上昇気流となり山の斜面に沿って上っていきます。
その山を上っていく途中で雨を降らせるために、山を越えた風下側では乾燥した空気となります。
中国のタクラマカン砂漠は、南北に大きな山脈があって、海からの湿った空気がやってきません。
また、鳥取市の夏と冬の気候もこれに非常によく似ています。
夏は南からの暖かく湿った空気が中国山地にぶつかり、雨を降らせますが、その空気が山を降りると暑く乾いた空気をもたらします。
したがって、鳥取砂丘はこの砂漠に当たります。
⑥寒冷地砂漠
寒冷地砂漠とは、高緯度地域や高度の大きい山地にも乾燥した砂漠で、南極や高山地域に見られますが、この地域は乾燥地域の特性より寒冷地域の特性の方が著しいために、砂漠に含められないこともあります。

c0067690_11493441.jpg
どこにでもある平地か丘陵地みたいですが、これでも砂漠です。

「沼田の河岸段丘」について

群馬県沼田市の河岸段丘を紹介します。

「沼田の河岸段丘」
この名前を知っている人は多いと思います。
川を底辺としていくつもの段が重なったこのような地形を河岸段丘(かがんだんきゅう)といいます。
平坦な部分と傾斜が急な崖とが交互に現れ、平坦な部分を段丘面(だんきゅうめん)、急崖部分を段丘崖(だんきゅうがい)と呼んでいます。
段丘面は地下水面が低く、段丘崖の下には湧水が出ていることが多く見られます。
「沼田の河岸段丘」は、広さ高さともに大規模で、形もはっきりしているため、日本一美しい河岸段丘とも言われています。
片品川沿いに利根川と合流する前の下流域で段差が深くはっきりとした河岸段丘が発達しており、地理の教材に掲載されるほど有名です。
市街地は一番高い段丘面に位置し、玄関口であるJR上越線沼田駅との高低差は約70m以上もあります。
この河岸段丘は、椎坂峠や雨乞山、子持山などの高い場所からはっきりと確認することができます。
それだけでなく、市内にはいくつもビュースポットが設けられ、中には飲食店や露天風呂から一望できるところもあります。
この河岸段丘ですが、昔々、沼田一帯は大きな湖だったそうです。
そして、長い年月の間に、湖に流れ込む川が泥や砂を運び、次第に埋め立てられて、湖は平原へと姿を変えました。
その後、平原の低い場所に水が流れるようになり、現在の利根沼田地域を流れる利根川・薄根川・片品川が生まれました。
それぞれの川の両岸では、棚田のような階段状の地形を見ることができます。

江戸時代にはその険しい地形を利用し段丘上に沼田城(ぬまたじょう)が築かれました。
群馬県沼田市倉内にあり、利根川と薄根川の合流点の北東、河岸段丘の台地上に位置する丘城です。
二つの川側は約70mほどの崖となっており、典型的な崖城でもあります。
沼田城は、上野国利根郡(現:群馬県沼田市)にあった城(丘城)で、幾つかの守護城に囲まれた堅城です。
沼田氏の居城として建築され、戦国時代後期から江戸時代初期にかけて真田信幸氏の沼田領支配の拠点として機能していました沼田藩の藩庁で、はじめは倉内城と称していたそうです。
沼田城は北関東の要衝であり、軍事上の重要拠点として上杉氏・後北条氏・武田氏といった諸勢力の争奪戦の的となったそうです。
そして、本能寺の変後は真田氏の支配城として、後北条氏と争っています。
江戸時代に城主は真田家5代、天領、本多家3代、黒田氏(譜代大名)2代を経て、土岐氏12代目に明治維新を迎えています。
真田氏時代には5層の天守や3層の櫓が建てられたそうですが、時代とともに縮小し、本多氏時代には三の丸を改修して館を建てる程度の規模になったそうです。
明治維新後、1916年に旧沼田藩士の家の久米民之助によって城地が購入され整備されています。
1926年には沼田町(沼田市)に寄付され、現在は沼田公園となっています。
2017年続日本100名城(138番)に選定されています。

河岸段丘
これが、「沼田の河岸段丘」ですが、河岸段丘は、写真にするとわかりずらいと思います。
実際に行って見るのが一番だと思います。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR