FC2ブログ

ギリシャ・テッサリア地方にある「メテオラ修道院」

ギリシャ・テッサリア地方に、「メテオラ修道院」があります。

ギリシャ北西部のテッサリア地方は、ピンドス山脈の麓に位置し、高さ30mから600mの奇岩柱が60箇所以上もそびえています。
その姿だけでも十分に威容で異様ですが、その上には、「メテオラ修道院」がへばりつくように建てられています。
そして、数百年以上の時を共に過ごした奇岩柱と修道院は一体化して、一つのアートと化しているようにも見える不思議な光景を作り出しています。
この「メテオラ修道院」は、世界遺産の文化・自然複合遺産にも登録されています。

六千万年という想像を超える過去に、海底に堆積した砂岩が隆起した結果、緑の丘陵地帯の中に数十メートルから数百メートルもの絶壁に囲まれた巨石柱が立ち上がり、風や雨の浸食を受けて現在の姿になったと言われています。
恐竜は滅亡した後だったらしいのですが、その後の数千万年は空を飛ぶ鳥ばかりが暮らしてきたこの地に、ようやく人間が足を踏み入れるようになったのは9世紀頃だと伝えられています。
そして、俗世とのつながりを完全に断ち切って、祈りと瞑想のためだけに生きようとしたキリスト教徒の修道士が、奇岩のところどころにできた穴や裂け目に住み着いたのだそうです。
日本で仏教の修行僧が山や岩に住み着いて修行や修験を行うのと同じで、メテオラは、最初は個人的な修行の場にすぎなかったと伝えられています。

14世紀に入ると修道士の数が増え、共同体が作られていくことになりました。
その結果、いくつかの修道院が創立され、建築されていきました。
しかし、数百メートルの絶壁に囲まれた地にこれだけの修道院をどうやって建てたのか、正確な記録は残っておらず判明していない部分も多いとのことです。
異教徒による支配を受けた時代もあり、修道士の数が減ったこともあったそうです。
しかし、「メテオラ修道院」は、9世紀以降、絶えず祈り場として存在し続けています。
現在残っている6つの修道院は、すべて拝観することが可能だそうです。
館内のフレスコ画などの装飾も美しく見ごたえがありますが、窓から見降ろすギリシャの景観も絶景だそうです。


絶壁の上に建っているのが、「メテオラ修道院」です。


このような高さ30mから600mの奇岩柱が60箇所以上もあります。
この中で、「メテオラ修道院」はどの奇岩柱の上に建っているのかわかるでしょうか?


奇岩柱の間から覗く美しいギリシャの街並みです。

Meteora
聖ステファノス修道院は、現存している修道院の中でもその履歴が明らかになっているものの一つです。
12世紀から修道士の住処となっていましたが、14世紀に修道院が建てられました。
現在の建物は18世紀末に改築され、女性修道院となりました。

Nikolaos
聖ニコラオス修道院は、14世紀に聖ディオニシオスによって創建された修道院で、クレタ派の壁画が多く残されています。
「最後の審判」が有名です。

AgiaTriada
アギア・トリアダ修道院は、メテオラを代表する絶景ビューの修道院です。
15世紀創建で至聖三者に捧げられています。
四方は断崖絶壁そのものです。
修道院へのアプローチは1925年に階段が作られるまでは、縄ばしごか滑車つき巻き上げ機だったそうです。
建材等は、よく運べたと思います。
スポンサーサイト



「雲母」は「きらら」と呼ぶの?

「雲母」について調べてみました。

少しでも岩石を知っている人なら「雲母」という鉱物名は知っていると思います。
実は、日本人の姓でも、この珍しい「雲母」という姓があるそうです。
静岡県に多く、特に小笠郡菊川町吉沢に集中してみられるそうです。
また、北海道にもみられるようです。
そして、「雲母」は、当然「うんも」と読むかと思いましたが、「きらら」と読むそうです。
姓の由来としては、雲母(うんも:鉱石)の産地であり、きらきらと光ることから名前がついたそうです。
そして、この「雲母」と、「きらら」≒「吉良」とは深い関係があるようです。

「吉良」と言えば、真っ先に吉良上野介を思い出しますが、もともと吉良家のルーツは清和源氏で、源義家(八幡太郎)の孫に当たる足利義康(よしやす)を始祖としているそうです。
義康は父から下野国足利庄(今の栃木県足利市)を贈与されて拠点としていました。
後の足利幕府を担う足利氏のルーツもここになるそうです。
三河の吉良氏はこの足利の流れから誕生しているそうです。

愛知県では、幡豆郡に「吉良町」(きらちょう)がありました。
2011年4月1日に西尾市に編入され、現在では表面から姿を消してしまいましたが、名鉄の駅名として「吉良吉田駅」はまだ健在だそうです。
そして、この地は江戸の高家として名高い吉良上野介義央(よしなか)公が治めていたところです。
足利義康の孫に当たる足利義氏(よしうじ)という人が、三河国吉良荘を与えられてこの地に赴任したのが発祥だそうです。
義氏はこれを機に「足利」姓を改め「吉良」姓に変えたそうです。
これは、言うまでもなく、この地が「吉良」という地名だったからということになります。

そして、「吉良」はどんな意味かというと、それが「雲母」に由来するそうです。
「雲母」はアルカリ性金属・鉄・アルミニウムなどを含む六角状の結晶でうすく剥がれる性質を持っています。
その光沢が美しいことから「きらら」とも呼ばれてきたそうです。
つまり「雲母」と書いて「きらら」とも読むことの由来です。
その「きらら」から「吉良」という地名が生まれたことを知って、義氏は姓を「吉良」に変えたそうです。
実際、この地に雲母が採れたという証拠もあります。
平安時代に出された『続日本紀』の元明天皇記に和銅6年(713)、大倭・三河の両国から「雲母」(きらら)を「輸納」させたと書かれています。
その雲母が採れたのは旧吉良町北部にある八ツ面山(やつおもてやま)別名「きらら山」だったとされています。

元禄14年(1701)に起こった赤穂藩主浅野長矩(ながのり)の江戸城内での刃傷(にんじょう)事件の後、吉良上野介は翌年討ち入りによって殺害されてしまいます。
その後ドラマ化された「忠臣蔵」「赤穂浪士」などで吉良上野介は一方的に悪者にされてきた感があります。
これは、地元の人にとっては遺憾というしかないそうで、何故かというと、いかなる理由があろうとも殿中で刀を抜いたのは浅野長矩であったのは事実だからだそうです。
吉良上野介は地元に多大な貢献をしたことで知られています。
特に治水工事で知られ、洪水に悩まされていた「鎧ヶ淵」と呼ばれていた沼地に全長180mの堤を一夜にして築かせ、人々を驚かせたそうです。
その結果稲穂が豊かに実るようになったことから「黄金堤」(こがねづつみ)と呼ばれたそうです。

道後温泉本館の「振鷺閣」

道後温泉本館の「振鷺閣」を紹介します。

道後温泉本館の太鼓楼を「振鷺閣」(しんろかく)と呼んでいます。
その窓には明治時代に建てられた時から赤いギヤマンがはめ込まれています。
赤いギヤマンが、なぜ採用されたのかはわかりませんが、当時ハイカラの最先端だったギヤマンを使うことで温泉客を集めようとしたのでしょうか。
ここで、一日3回、刻太鼓が打ち鳴らされています。
道後温泉は、現在は松山市の管理ですが、「松山俚人談」によると、元禄から明治維新までは新居郡金子城主金子備後守の末裔である明王院(修験道場)金子さんが温泉の鍵を預っていたそうです。
明治初期には、明王院に代わって経営機関として原泉社が組織されました。
そして、1891年には道後湯之町の町営となり、ついで湯之町中央に木造3階建て入母屋造の道後温泉本館に「振鷺閣」も完成しました。
かつては源泉は1ヵ所しかなく、温泉客はみな本館の浴槽を利用したそうですが、1955年からボーリングを実施して源泉が増加し、周辺旅館に内湯として引湯されたそうです。
「振鷺閣」ですが、夜はライティングされて幻想的だそうです。


道後温泉本館に「振鷺閣」が見えます。
赤いギヤマンも目だっています。
頂部には、温泉を発見したという伝説の白鷺がいます。

「振鷺閣」の画像検索結果
神の湯本館は珍しい木造三層楼です。
太鼓楼の格天井に吊るされた太鼓は、時刻を告げる「刻太鼓」といわれ、朝・昼と夕方だけ鳴らされるそうです。

c0112559_134995.jpg
道後温泉本館の正面です。
道後温泉本館は、伝統的な純和風の楼閣建築です。
トラス構造の様式小屋組みが用いられるなど、近代化の影響を受けた建物です。
神の湯本館が建てられたのは明治中期です。
その翌年に皇族入浴用棟である又新殿・霊の湯棟、さらに大正末期に南棟及び玄関棟が増設されました。
設計・施工は、代々松山藩の城大工棟梁の家柄であった坂本又八郎さんです。
重要文化財の木造3(一部2)階建て、塔屋付です。

江戸時代に建築された小采家住宅

江戸時代に建築された山間部民家で、国の重要文化財に指定されている小采家住宅を紹介します。

小采家住宅は、旧三好郡東祖谷山村の栗枝渡(くりしど)集落(標高650m)に建っていたものを旧祖谷山村が買い上げ、昭和58年(1983)8月に、現在の菅沼集落に移築・復元したものです。
国指定の重要文化財(建造物)には、昭和51年2月3日に指定されています。
かってあったとされる棟札や構法などから、江戸時代の天保年間(1830~1844年)の建築といわれています。
建物は、屋根が寄棟造(よせむねづくり)の茅葺きで、棟に「とうら」と呼ばれる茅を束ねた棟飾りがあります。
規模は、間口5.5間(10.8m)、奥行3間(5.9m)で、外観は土壁を風雨から守るためのヒシャギ竹と呼ばれる割竹で覆われ、正面中央に前便所が設けられています。
内部は、間口を左右に二分して、左手手前が土間のニワ、左手奥をカッテバ、右手を「一間取り」と呼ばれるオモテがあります。
構造には、祖谷地方では江戸時代中期以降にみられるオトシコミと呼ばれる独特の構法が用いられています。
古い民家が次々と姿を消す中で、小規模ながら祖谷地方の農家の特徴的な間取りや構造をもつ貴重な建造物として貴重なものだそうです。

P4300070.jpg
小規模ながら祖谷地方の特徴的な構造や間取りを持つ貴重な建物として、昭和51年に国の重要文化財に指定されたそうです。
昭和58年に、移築・復元したとのことで、まだまだ外観は新しく見えました。
でも、こんな茅葺き屋根は、40年以上前には田舎ではどこにでも見られたと思います。
我が家も、その頃は茅葺き屋根で、その上からトタンを敷き詰めて青色の屋根にしていました。
今は、茅葺き屋根を見ると情緒があると思えるのですが、昔はかっこ悪い屋根の代表だったと思います。

P4300065.jpg
農家の玄関を入ると、このように土間があって、そして石の段差があって、ここから家に上がるしくみでした。
懐かしさを感じます。

P4300068.jpg
このような囲炉裏は、我が家にはなかったです。

中国の塔雲山の絶壁の上にある「山の上の道教寺院」

中国の塔雲山に「山の上の道教寺院」と呼ばれている道教古建築群があります。

塔雲山は、陝西省鎮安県南西部にあります。
鎮安県城より西35kmの柴坪鎮境内に位置し、主峰の金頂は海抜1665.8mです。
ここは、「秦嶺第1仙山」と称されています。
秦嶺(しんれい)は、中国中央部、甘粛(かんしゅく)省・陝西(せんせい)省の南部に東西に連なる山脈のことで、ここでの中国の有名な道教の景勝地という意味だと理解しました。
塔雲山は、険しく、珍しく、そして美しく、非常に不思議な壮観で有名な山になり、古い道教文化が残るだけではなくて、きらびやかな自然風景もまたすばらしいようです。
険しい峰、奇岩、古松、雲海、奥深い穴、峡谷、密林などが道教の寺院と一体となり、まるで、すべてが自然で、神秘的なものとなっています。
このような情景は、鎮安旧誌によって“邑西仙境”と呼んでいるそうです。
塔雲山は、宝塔のような形をしているそうです。
雲の中にそびえていることが多く、“金頂が青空を刺して、松海や雲霧間にあり”との言葉があるそうです。
塔雲山の道教古建築群は、明正徳年間(1505年―1521年)に建てられているそうなので、この現存している塔雲山古建築は500年余りの歴史を持つことになります。
道教古建築群は、1観、1塔、1廟、1堂と9殿から成っているそうで、風格は古風で質朴ですっきりしているそうです。
清の第6代皇帝(在位期間は、1735年10月8日 - 1796年2月9日)である乾隆帝からは、5回ぐらい塔雲山の古建築を修繕したことがあるそうですが、風雪に耐え、こうして立派に残っているのは不思議なようにも思えます。
一番上の「金頂観音殿」は塔雲山の頂上に建てられ、周りの3面は絶壁だけでなく、底知れぬ深淵であり、“金頂にて流れる雲を見て、まるで仙境に入る思いがする”という心境になるそうです。
この付近には、塔雲山だけでなく、チョウ頂山、臥竜峰、伏虎峰などの山々があり、象形石風景があります。
蛭石、蝋燭石、臼石などの奇怪な形の巨大石もあり、また龍鳳松、白皮の松、ひたむきな藤などの形の奇抜な珍しくて貴重な植物もあります。
深緑、森林被覆比率は98%に達するそうで、1300多種の植物があるそうです。
したがって、春は山の花が咲き、夏は新緑に包まれ、秋は紅葉で綺麗に色づき、冬は霧松が美しいということになります。
これは日本でも全く同じなのですが、このような切り立った絶壁で見られるとなると、一季一景一世界、四季それぞれに、より美しい景色を楽しむことが出来ると思います。
500数年ほど経った、今でもここへお線香をあげにくる人が依然として多いそうです。
1年三大廟・寺の縁日、旧暦の毎月の初一、十五日、秦楚と中原の辺りから数千参拝者がここに集まって来て、その時は人が多くて人込みの中を、押し合いへし合いの状態で進むそうです。
そして、神に礼拝して幸福を祈るそうです。

f:id:xiaojun:20130108034930j:image
このような絶壁に造られて500年ですか?
現存しているのが不思議な感じがするのですが、実際に行ってみると案外建物や岩盤は安定しているのかも知れません。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR