「ノアの方舟」伝説に想う「住みやすい地球」

「ノアの方舟」伝説があります。

「ノアの方舟」とは、旧約聖書の「創世記」に書かれている物語に登場する船のことで、これは実話だと言われています。
その物語によると、今から4500年ほど前、人類の祖であるアダムから数えて10代目の子孫に「ノア」という人物がいました。
ノアは、神に信仰を寄せる唯一の人で、それ以外の人々は堕落し、神など信じることなく好き放題していました。
地上の人間たちの行いに憤りを感じた神は、大洪水を起こし、この地上を滅ぼそうと考えたのです。
しかし、ノアとその家族だけは神に信仰を寄せていたため助けることにしました。
そこで神はノアとその家族にこう告げます。
「私は人間を地と共に滅ぼすことを決めた。お前(ノア)は自分のために、ゴフェルの木で船を造りなさい。船の中には仕切り室を作り、内側、外側をタールで覆いなさい。船の長さは300キュビト、幅は50キュビト、高さは30キュビトにする。船には屋根を作り、入口を側面に作り、3階構造で作りなさい。そして、お前とお前の妻、お前の息子たち、息子たちの妻も船に乗りなさい。また、あらゆる動物の雄と雌を二匹ずつを船に乗せなさい。」
神はこのように告げ、ノアに方舟を作らせたそうです。
長さ300キュビト、幅50キュビト、高さ30キュビトという単位は、およそ長さ133m、幅22m、高さ13mだそうです。
ノアは約100年の歳月をかけて、神のお告げの通りの方舟を作り、方舟にあらゆる動物を雄雌それぞれ2匹ずつつ乗せました。
人間には寿命があって、ノアが一代で100年かけて船を作れるはずがないと思いますが、実は、アダムからノアまでの系譜を見てみると、一部を除き900歳を超える人ばかりだそうです。
現代人の寿命からして考えにくいことですが、ノアの大洪水をターニングポイントにして、人間の寿命は段々と減っていき最大で120歳位となったそうです。
家族と一緒に方舟に乗り込み、それから7日後に大洪水が起きました。
ノアの大洪水が起きた時のノアの年齢は600歳位だそうです。
洪水は40日40夜続き、全ての山が水に覆われました。
これにより、方舟に乗れなかった地上の生物は全て息絶えたそうです。
その後、大洪水の中を約150日間漂った後、徐々に水が引き、方舟は「アララト山」に漂着します。
それから時間が経つにつれ、山々の頂が現れはじめます。
その40日後、ノアは、地から水が引いたか確かめるために、方舟から一羽の鳩を放ちます。
しかし鳩は、とまる場所がなかったので直ぐに方舟に戻ってきます。
その7日後にノアは再び鳩を放ちます。
すると夕方頃にオリーブの葉をくわえて戻ってきたため、これによってノアは地から水が引いたことを知ります。
ノアは、さらにその7日後、鳩を放ちますが、もう鳩が戻ってくることはありませんでした。
これで完全に水が引いたことを知ったノアは、自分の家族と動物たちを方舟の外に出したのです。

image232
この神話のイメージ図です。
その後、ノアは祭壇を造り、生贄のために用意していた動物を神に捧げます。
これにより、神は二度と洪水で生き物を滅ぼすことはないと約束し、空に虹を与えたのです。

このような内容の神話ですが、実はこれはただの神話ではなく、実際に起きた事実なのではないか?と考えられています。
この証拠として、1959年に「ノアの方舟」らしき遺跡が発見されています。
発見された場所は、トルコにある標高5137メートルの「アララト山」の山腹です。
しかし、多くの専門家が現地調査を行いましたが、確定的な証拠を見つけるに至らず、遺跡は自然の地形と推定されるようになります。
ところが、1977年から、再度数年間に渡って精密な調査が行われ、その結果、遺跡は自然の地形ではないことが判明し、「ノアの方舟」だったことが確認されたそうです。

image234
これが「ノアの方舟」が漂着した遺跡です。
世界中の専門家によって、より念入りな調査が行われるようになりました。
1977年には正式な調査チームが派遣されて、考古学者のロナルド・ワイアットと言う人を筆頭にアララト山で船の形をした巨石を発見します。
その石にはロープを通した穴もあったそうで、その他、錨に使われたと思われる石も発見されたとの事です。
方舟の大きさや形状においても、聖書に示されたものと一致しているそうです。
方舟は、長さ300キュビト、幅50キュビト、高さ30キュビト、これは先に述べたように、およそ長さ133m、幅22m、高さ13mです。
この「長:幅:高」の比率は、現在の大型船を造船する際に、最も安定しているとされる比率とほぼ同じだそうです。
このような調査で、「ノアの方舟」が実際にアララト山に漂着したことは間違いないと言われています。

このように、「ノアの方舟」は、実話だと言われていますが、歴史学者から地質学者に至るまで専門家の間では、聖書に記された世界的な大洪水は「現実にあったと理解されるべきだが、それは世界的規模のものではなく局地的なものだった」と考えられています。
この一方で、大洪水は実際に世界中に及んだことを証明する事実も存在しています。
それは、下の写真にあるような「多層貫通化石」と呼ばれるもので、堆積した地層を垂直方向に貫通する巨大な木の幹の化石です。
数十mにも達する厚みを持った地層は、常識的には何百年もかかって形成されるべきものでありますが、木の幹が垂直な形で化石化した層は、わずか数日か数週間のうちにできたらしい事が分かっています。
これは、例えば、大洪水によって、巨大な森が一瞬にして飲み込まれるといった状況が想像されます。
聖書の中に記述された洪水の事実は、貝や魚などの化石が、現在海からはるか遠い場所、それもエベレストも含めた山の頂上から発見される事も物語っています。
この事は、古代には海が今よりもずっと深かった事を意味するものではなく、山々は現在のように高くなく、大洪水をもたらした地球のマントル内部の緊張の結果、地面あるいは水面が隆起したのだと考えられています。

私には、このような証拠があってもなお、「ノアの方舟」は信じたくありません。
人間が900年生きるなんてことだけでも嘘っぽく聞こえます。
でも、2000年からでも、2000年 ( 1件) 、2002年 ( 3件) 、2005年 ( 4件) 、2006年 ( 3件) 、2007年 ( 13件) 、2008年 ( 6件) 、2009年 ( 7件) 、2010年 ( 23件) 、2011年 ( 37件) 、2012年(4件)、2013年(7件)、2014年(8件)、2015年(15件)2016年(11件....5月30日まで)これだけの大洪水が世界のどこかで発生しています。
「ノアの方舟」は、人類への警鐘だと思います。
「これ以上森林を破壊すれば」とか「原発を稼動し続ければ」とか、地球にとっては、人類を滅亡させてでもリフレッシュしたい気分だと思います。

fossil_8.JPG
この写真は、カナダのノバスコシア州にある「多層貫通化石」と呼ばれる木の化石です。
「破滅の化石」とも呼ばれ、立ったままの状態で「積した地層を垂直方向に貫通する巨大な木の幹の化石」となっている森の木です。
常識的には大変に長い時間がかかって形成されるこの状態に疑問を持った科学者たちは、これは「突然の何か」によって木々が立った状態のまま化石となったと判断しました。
そして、それは「突然の大地の沈降」か、「突然の大洪水だった」と考えられています。

nepal-kaseki.jpg
この「エベレスト山頂部から見つかった貝の化石」の写真は、1960年代にエベレストの4,000mから6,000mのチョモランマ層から発見されたアンモナイトの化石です。
スポンサーサイト

愛媛県で「ミンマ」と呼んでいる行事

愛媛県では「ミンマ」と呼んでいるお祝いの行事があります。

今年の盆前に、私の父が亡くなって、バタバタと葬式や法事を済ませたのですが、母が、「ミンマはいつにする?」と言ってきたので、何も知らない私は、この「ミンマ」について調べることになりました。
調べたところ、「ミンマ(巳午)」とは、「仏さんの正月」とも言われ、12月の巳の日に、その年に亡くなった人のための正月を祝う行事だそうです。
12月の巳の日を調べると、1、13、25日の3日しかないので、この3日のうちでみんなの都合のいい日を決めることになります。
私は松山生まれなので「ミンマ」という言葉はよく聞いてはいたのですが、調べたところ、この行事は四国以外では見ることのできない全国的に珍しいものだそうです。
そして、四国内でも全域で行われているのではなく、愛媛県内では全市町村で行われるものの、香川では愛媛県寄りの西讃地域のみで、徳島県、高知県でも愛媛寄りの四国山地や幡多郡にのみ行われているそうです。
名称については地域差があり、愛媛県では、松山市や宇和島市、八幡浜市などの中予地方と南予地方では「ミンマ」と呼ぶのに対し、新居浜市、西条市などの東予地方では「タツミ」と呼んでいるそうです。
これらは、行事が行われるのが巳と午、辰と巳の日であることに起因するものだそうです。
また、越智郡では「ミショウガツ」といい、この行事が巳の日を中心に行われていることが理解できます。
また、上浮穴郡や周桑郡では「カンニチ」とも言いますが、これは陰陽道でいう凶日である「坎日」からきているものだそうです。
12月の巳の日は坎日とされており、「ミンマ」が陰陽道の知識から発生したと推測できます。
「ミンマ」の行事内容としては、
①自宅に簡単な祭壇を設け、位牌を祀り、餅、注連飾り、菓子、果物などを供えます。
②家族、親族が墓参し、墓前に柿の木枝を二本立て、注連縄をはり、一升餅、みかんや干柿などを供えます。
その際に、注連縄は左ないのものを使います。
③墓前にて、死者の身の近い者が餅を後手に持ち、鎌で切って、墓参者に配って食べます。
そして、この「ミンマ」の一番の特徴は、法事とは違い、お寺のお坊さんは呼ばないことです。
四十九日に来てもらったほとんどの人を招待し、お墓に行った後に料理を振舞って亡くなった人を偲びます。
お酒を出す家庭も多いと聞きますが、私の親族は飲まない人も多いので今回は出しません。
松山市ではどこの家庭でも12月に行いますが、八幡浜市では12月が忙しいからといって、11月に行うことが多いそうです。
また、八幡浜市の双岩では、仏さんが女性の場合は巳の日に、男性の場合は午の日に「ミンマ」を行うとされています。
「ミンマ」は、仏さんの正月を祝うとされるものの、実際の正月とは異なる点が多いのが特徴です。
①門松ではなく、柿の木枝を用いること
②注連縄は逆のない方であること
③餅は塩あんの餅であること
④餅は順手ではなく、肩越しに渡さなければいけない
など奇妙な作法があります。
これは、正月の類似儀礼ではあるものの、あえて逆のことをして、亡くなった人のための儀礼であることを表わしているのだと言われています。
そして、「ミンマ」を祝うことで死者のケガレと決別し、忌明けとするそうです。
この行事は家族、親族がその年の不幸を断ち切り、新たなる年を迎えるための知恵から生まれたものとも言われています。
また、「ミンマ」の餅を食べると病気をしないという俗信もあります。

伊方町の亀ヶ池の伝説

伊方町に亀ヶ池があります。

亀ヶ池(かめがいけ)は加周池(かしゅういけ)とも呼ばれ、細長い佐田岬半島では珍しく大きい潟湖(せきこ)で、大きさは、愛媛県下一だそうで、周囲2km、面積10.2ha、最深12mにもなります。
いつごろ池ができたかははっきりしませんが、慶長年間(1596~1614)までは、入海であったことが記録に残っています。
亀ヶ池の潟湖説として、
①波と一緒に打ち寄せられた土砂が、だんだんと積もり海をせき止められてできた
②池の底に波止の跡があり、古い時代には人が住んでいたと思われるふしもあることから陥没によってできた
③大津波のため、入り江の大部分が一夜のうちに外海から遮断されてできた
このように想定されていますが、はっきりとはわかっていません。
この亀ヶ池は、「亀ヶ池の大蟹伝説」として昔から語り継がれている伝説があります。
『昔、九町池に大きな蟹が住んでいたそうです。
ところが、長い年月の上に近くを流れる新川から土砂が流れ込んで、だんだん狭くなり、その上蟹も畳8枚くらいの大きさになったため、どうしても九町池に住むことができなくなりました。
そこである年の大晦日の夜、海を渡って隣部落である亀ヶ池へ移り、池の主であった「えんこ(カッパのような妖怪)」と交替してもらったそうです。
大蟹は広々とした池の主になったうれしさのあまり池の中を泳ぎ回り、そのため地元の人の舟が度々転覆するようになりました。困った人々は、お宮の神主さんに頼み、大蟹は池の底に深く封じ込められてしまったと言うことだそうです。』

こんな伝説でした。
また、国の指定特別天然記念物である「カワウソ」も、以前は伊方地区に相当数生息していたらしいとの事です。
昭和40年1月13日、加周海岸の東で伊方町二見の山口雅雄氏の網に重さ4.5kgの雌が死体となってあがったことによって、二見地区にも今なお生息している可能性があるものと思われています。
この近くには伊方亀ヶ池温泉があります。
四国の最西端にある温泉地として広く人々に知られている温泉で、弱アルカリ性低張性温泉で、神経痛や筋肉痛、疲労回復、健康増進などの効能があるそうです。

亀ヶ池近辺














亀ヶ池です。
この写真では、埋め立てかなとも思ってしまいます。
ボーリング調査でも何本かしてみれば歴史が解明されるかも知れません。

大分県にある「愛媛街道」の由来

大分県の佐賀関から大分市に向かう海岸通りの道は「愛媛街道」と呼ばれています。

この「愛媛街道」は、国道197号なのですが、この国道は高知県高知市から大分県大分市に至る国道です。
国道197号の通称が「愛媛街道」なのですが、愛媛県佐田岬半島にある三崎の港から大分県の佐賀関まではフェリーとなっています。
つまり、四国・九州間の豊後水道は海上国道方式で、旧日本道路公団が開設し、後に民間事業者の国道九四フェリーへ移管したフェリー航路によって三崎・佐賀関両港間が結ばれています。
海の上であっても国道なのですね。
この国道197号ですが、高知県高知市から須崎市にかけてと、愛媛県大洲市内の一部では共に国道56号と重複しています。
かつては高知県高岡郡津野町の布施ヶ坂や愛媛県佐田岬半島の区間は悪路として知られていました。
そのため、四国では国道197号のことを数字の語呂合わせで「イクナ(行くな)国道」と呼称されることもありました。
この地域の改築に関しては、権限代行により建設省(現国土交通省)が1970年(昭和45年)から佐田岬メロディーライン、日吉・高研地区、大洲西地区、鹿野川地区の道路改築事業に着手し、今日では愛媛県内の全区間が2車線道路に改良されています。
その一方で、大分県内の区間は「愛媛街道」と呼ばれ、古くから幹線道路として知られていました。
三崎・佐賀関両港間のフェリーは、佐田岬メロディーラインが完成するまでは大変な悪路だったので、とても三崎港からのフェリーは利用する気分になりませんでした。
大分県へ行くのは、八幡浜から別府に行くフェリーを利用していました。
でも、今なら八幡浜港へ行くのと三崎港へ行くのとでは時間は同じくらいです。
それなら、八幡浜・別府フェリーは3時間近くかかるのに対して、三崎・佐賀関フェリーは1時間ちょっとです。
九州がより近くに感じられるようになったのは確かです。

P6080011.jpg
これが大分県にある「愛媛街道」です。
でも、最近見た看板では「佐賀関街道」と変えてありました。
また、別の古い看板は、「四国に橋を架けよう」とも書いてありました。
昔の発想は、「トンネル」でなく「橋」だったのかと少し驚きました。
私たち地質屋の考えの中では、「トンネル」は技術的に可能だと思っていますが「橋」は難しいと思っています。
ただし、中央構造線との絡みもあり、豊後水道を震源とする大地震でも発生すれば、人間の作った愛媛・大分間の「トンネル」なんかひとたまりもないような気がします。

触ったら危険なトビカズラ

触ったら危険な植物にトビカズラがあります。

トビカズラ(飛蔓 Mucuna sempervirens Hemsl)は、アイラトビカズラ(相良飛葛)とも言い、マメ科トビカズラ属に分類される常緑つる性植物です。
花期は5~6月で、幹は直径30cmにも達し、葉は3小葉から成ります。
小葉は長楕円形、革質で光沢があり長さ7~15cm程度で、先端は急に細く尖っています。
5月頃に、古い枝から総状花序を垂れ下げ、長さ6~8cmで暗紫色の蝶形花(ちょうけいか)を多数つけます。
中国の長江流域が原産地とされ、日本にも広く分布していたとされていますが、現在では、熊本県菊花町相良(あいら)の丘陵の崖に一本のみ自生しているトビカズラは樹齢千年とも言われ、1940年(昭和15年)に国の天然記念物に指定され、1952年(昭和27年)に特別天然記念物に格上げされました。
更に1976年(昭和51年)には指定エリアが拡大され保護されています。
また、2000年に長崎県佐世保市の沖にある九十九島の無人島である時計(とこい)島で自生しているのが発見され、自生しているのはこの2本のみだそうです。
トビカズラの名の由来として、二つのはなしが伝わっています。
治承・寿永の乱(源平合戦)の頃に、壇ノ浦の戦いで敗れた平家の残党が相良寺に落ちのびた際に、豊後竹田の源氏方の武将である緒方惟栄が寺を焼討をしたそうです。
焼き討ちの際に寺の千手観音は飛翔してこのカズラに飛び移り危うく難を逃れたという伝説です。
また、一説には千手観音がカズラに姿を変えて飛来し、走落の坂を下る緒方三郎の足にからみつき、落馬したところを残兵が討ち取ったとも伝えられています。
トビカズラは霊華「優曇華」(うどんげ)と呼ばれ「霊華時を隔て開花することあり。開花すれば必ず国家的事変がある」と言い伝えられてきたそうです。
事実、1929年(昭和4年)5月に35年ぶりに開花した翌年に満州事変が勃発したそうです。
また、仏教の世界では「三千年に一度開花し、その時は金輪王が出現するとも、如来が現われる」とも言われています。
このトビカズラですが、牧野植物園では花と実の両方を見られるのですが、注意書きも書いてありました。
大粒の葡萄の房を沢山ぶらさげたような景観で、危険度はないように思われますが、実には棘があり、実に触れると、細かい棘が無数に刺さるそうです。

P5040155.jpg
牧野植物園のトビカズラです。
アケビのような蔓で、何も害はないように思えますが注意書きの看板がありました。

P5040157.jpg
まるで葡萄のようです。
でも、触ると大変なことになってしまいます。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR