fc2ブログ

フンガトンガ・フンガハーパイ火山の大噴火と津波

大規模噴火があった南太平洋のトンガ諸島が大変なことになっています。

噴火した火山島では陸地の大部分が消失し、周辺の島々では津波の傷痕が見て取れるそうです。
噴火した海底火山「フンガトンガ・フンガハーパイ」では、昨年12月8日の時点で285ヘクタール(東京ドーム約61個分)の陸地があったそうですが、噴火後の衛星写真では陸地の大部分が海没していることが確認されたそうです。
この陸地は、かねて存在したフンガトンガ島やフンガハーパイ島が、両島の間で2014~15年に起きた海底噴火による噴出物などでつながる形で形成されていました。
火山から約65キロ南に位置し、首都ヌクアロファがあるトンガタプ島では、フアアモトゥ空港が津波の浸水を受け、灰が積もっている様子が衛星写真で確認できていました。
また、火山から北東約70キロにあるノムカ島の村落では、約250の構造物のうち104が鮮明に分析できたそうで、ほぼ全てが灰に覆われており、41の構造物で損傷が確認されたそうです。
緑豊かな風景が一転、灰褐色に変わっていました。

フンガトンガ・フンガハーパイ火山で発生した15日の噴火は極めて大規模だったため、その様子を捉えるには宇宙からの観測が最良の方法となりました。
この噴火で特筆すべきなのは、火山灰からなる噴煙や大気を伝わる衝撃波、そして一連の津波が同時に形成された事です。
詳細はまだ明らかになっていないため、噴火の状況は今後さらに変化する可能性がありますが、今回の現象やその発生理由を理解する助けとなりうる情報がいくつか浮上しています。
まずは噴火についてですが、世界全体ではこの規模の噴火は10年に1度程度の頻度で発生しています。
ただし、この火山でこれほどの規模の噴火が起きることはめったにないそうです。
放射性炭素年代測定法で過去の噴火の火山灰や堆積物を調べたニュージーランド・オークランド大学教授(火山学)であるシェーン・クローニンさんの研究によると、今回の噴火は、フンガトンガ・フンガハーパイ火山にとって1000年に1度の出来事だそうです。
この火山は約900~1000年をかけてマグマで満たされ、それが冷却して結晶化が始まり、マグマの内部でガスの圧力が大量に発生します。
そしてガスの圧力が蓄積し始めると、マグマは不安定になります。
身近な例としては、シャンパンの瓶に泡を入れすぎ、最終的に瓶が割れてしまうケースを考えればいいそうです。
マグマの圧力が高まるにつれ、マグマの上の冷たく湿った岩石が壊れ、たまっていた圧力が突然解放されます。
15日の噴火では岩石や水、マグマが上空30キロの高さまで噴出し、そのエネルギーは膨大なものでした。
その後30分以内に、宇宙からも見える直径350キロ超の巨大な雲が発生し、トンガの複数の島に灰を降らせました。
次に津波に関してですが、津波は地震によって起きるケースが最も多いのは日本人なら周知の事実です。
プレートが海底で動くと、大量の水を移動させて巨大な波を引き起こします。
それでは、太平洋南西部の海中に一部沈んでいた火山は、どのようにして米西岸に届く津波を発生させるほどのエネルギーを生み出したのでしょうか。
津波を引き起こした正確な原因はまだ不明ですが、シェーン・クローニンさんは少なくとも2つの可能性があると言っています。
一つ目として考えられるのは、最初の爆発の膨張力との関係です。
15日の噴火ではマグマの噴出が圧力を突然解放し、宇宙からでも見える超音速の気圧の波を引き起こしました。
こうした気圧の波はニュージーランドまで2000キロあまり伝わり、遠く英国やフィンランドでも観測されました。
空気の波と最初の爆風は海面に影響を与えて巨大な波を引き起こし、トンガのトンガタプ島と首都ヌクアロファを直撃しました。
噴火初期の動画には、噴煙で空が暗くなる前に波が道路に流れ込む様子が捉えられています。
津波の原因として二つ目は、火山内部で大きな変化が生じた可能性です。
人工衛星のレーダーが捉えた噴火後の画像からは、これまで海面の上に出ていた火山の中央部が波の下に姿を消したことが分かっています。
これは、噴火発生に伴いマグマが急激に失われ、火山の中央部が崩壊してカルデラ(空っぽのくぼ地)ができた可能性が高いことを示しています。
この崩壊で水が押し出されて津波が発生し、太平洋を越えて米カリフォルニア州まで広がった可能性があります。
今回の噴火は、発生した雷の量という点でも驚異的でした。
これは空気中を飛ぶ非常に細かな火山「灰」の粒子の静電相互作用によって引き起こされたものだそうです。
これについて気象衛星や雷の研究者は観測史上最も重要な現象の一つとの見方を示しており、落雷の数はピーク時には15分間で6万3000回に上りました。
この火山の過去の噴火には多くのフェーズがあり(その一例が新しい島を誕生させた2014年の噴火だ)、今後数日から数週間の間にさらなる爆発が起きる可能性もあります。
ただし緩和要因としてひとつ挙げられるのは、いまはカルデラが水中にあるため、噴火が大気中に到達しにくくなっている点だそうです。
これにより、より海底型の爆発的噴火への移行を意味する可能性があります。
大気への影響は小さくなるでしょうが、依然として津波リスクは高いままの可能性があり、太平洋沿岸地域に住む人は今後数週間にわたって警戒を維持する必要があります。

噴火後の島々の様子は、徐々に明らかになってきています。
私の感覚では、噴火から津波へとは関連付ける事が出来なかったのですが、東日本大震災のように家々がそっくり波にのまれるようなことが起こっています。
まだまだ警戒が必要ですが、このまま噴火が収まったとしても、復旧にはいったい何年かかるのでしょう。
トンガという後進国で、いくつもの島々が被害を受けているとなると、簡単ではないはずです。
一刻も早く支援ができる状況になる事を望みます。

南太平洋の島国トンガの近海で海底火山が噴火した/Tonga Geological Services/EyePress/Reuters 
フンガトンガ・フンガハーパイ火山の大噴火の様子です。
スポンサーサイト



ノートルダム大聖堂の大火災

朝起きてテレビをつけると、ノートルダム大聖堂が炎に包まれているニュースが飛び込んできました。

火災が発生したのは日本時間4月16日午前2時前だそうです。
ノートルダム大聖堂は、エッフェル塔よりも訪れる観光客は多いそうで、その数は1300万人と言われています。
そして、800年前に作られたノートルダム大聖堂のステンドグラスは綺麗で、訪れる観光客を魅了し続けてきました。
聖堂の主要部分は火災を免れたようですが、残念ながらステンドグラスは消失してしまったようです。
ノートルダム大聖堂の被害状況は
①13世紀、19世紀の木造の屋根は全焼してしまいました。
でもその下の石のアーチは無事だそうです。
②3つのバラ窓うち1つは崩壊してしまいましたが、後は無事だそうです。
③尖塔は全焼してしまいました。
④16聖人の像は改修工事のため4日前に外されており無事だそうです。
⑤建物の主要な部分は残っているそうです。
⑥国宝等は無事だそうです。


あまり見たくない光景です。
朝のテレビだと、全焼してもおかしくないくらいの火の勢いだったのですが。
この写真だけ見てもものすごい燃え方をしています。

Twitterで画像を見る 
ノートルダム大聖堂を訪れた観光客を一番魅了したとも言ってもよいステンドグラスは被害にあってしまいました。
もちろん修復されることになると思いますが、当時のガラスは不純物が多く含まれているため再現することがとても難しいとされているそうです。

アメリカの「異例寒波」と、その原因について

アメリカでは、「異例寒波」が深刻のようです。

このうち冬も温暖な気候で知られる南部フロリダ州の北部にある州都タラハシーで、1月3日に雪が降ったそうです。
タラハシーで雪が降ったのは28年ぶりだということで、地元の人たちが撮影した映像からは、町に雪が降る様子や住宅の庭や車に雪がうっすらと積もっているのがわかりるそうです。
北東部はもっと深刻で、猛烈な吹雪に襲われ、東海岸一帯では前日からの吹雪で約8万戸が停電したほか、交通機関にも混乱が生じているそうです。
4日は、アメリカ国内の航空便5千便以上が欠航していました。
ニューヨークのラガーディア空港とジョン・F・ケネディ国際空港は視界不良のため航空機の離発着を中断したそうです。
その後、ラガーディア空港は離発着を再開したが、ジョン・F・ケネディ国際空港は5日朝以降の再開となる予定。
アメリカ国立気象局は、ノースカロライナ州からメーン州までの東海岸一帯に暴風雪警報を発令しています。
風速は時速113km(秒速31m)超で、ボストン周辺では30cmの積雪があり、今後もさらなる積雪が予想されています。
また、ニュージャージー州の一部地域では約45cmの積雪が記録されました。
北東部では500人近い州兵が動員され、救助活動の支援などにあたっていますが、今回の寒波では、路面の凍結による交通事故や凍死などで少なくとも17人が死亡する事態となっているそうです。

アメリカでは、年末から異常な寒さでした。
フメリカ北部の広い地域で記録的な寒波に見舞われ、アメリカのメディアによると、ミネソタ州インターナショナル・フォールズでは12月27日朝、気温が氷点下38度まで下がり、93年前の1924年の最低気温記録を塗り替えたそうです。
ペンシルベニア州の五大湖沿岸にあるエリーでは12月26日までの2日間の積雪量が149cmと同州での観測記録を更新しています。
アメリカでは、気温が低いだけではなく、大雪のほうも大変なことなっています。
ペンシルバニア州ではこれまでの最高降雪記録を「4倍上回る」86cmの降雪となっており、大雪に対しての非常事態宣言が発令されています。
あまりの寒さに、サメも凍っているそうです。
12月27日に、大西洋ホオジロザメ保護団体は低温ショックによって座礁して死んでしまったオナガザメがいたことをFacebookで報告しています。
そして12月30日にも同様に低温ショックで座礁したサメを発見しています。
3匹とも検死しようとしたものの、体が凍っていて即座に検死できる状態ではなかったそうです。
そのため、体が適度に解凍されるまで待って形態計測データや臓器・細胞のサンプルが集められたとのことです。

これもこれも、「爆弾低気圧」でかたづけられていますが、ここ数年前からの異常気象は、地球が徐々に住みにくくなっていることの裏づけだと思います。
異常気象の原因として、
① ブロッキング
気象におけるブロッキング現象(Blocking なお、英語ではBlockと呼ぶ)とは、偏西風などの大規模な風の南北の流れの振れ幅(蛇行)が大きくなり、その状態が長期間続き低気圧あるいは高気圧が移動せず停滞する気象現象のことです。
同じ天候が長期間続くため、長雨、豪雨、旱魃、熱波、寒波などといった、いわゆる異常気象を引き起こしやすいとされています。
②テレコネクション
・エルニーニョ・南方振動(ENSO)
エルニーニョ・南方振動(エルニーニョ・なんぽうしんどう、英語:El Niño-Southern Oscillation、ENSO、エンソ)とは、
大気では インドネシア付近と南太平洋東部で海面の気圧がシーソーのように連動して変化し、 海洋では 赤道太平洋の海面水温や海流などが変動する等、各々の相が数か月から数十か月の持続期間を持つ地球規模での自然現象の総称です。
大気に着目した場合には「南方振動」、海洋に着目した場合には「エルニーニョ現象」(もしくは、単に「エルニーニョ」)と呼び分ける場合があります。
エルニーニョ現象と南方振動は当初は別々に議論されていましたが、研究が進むにつれて両者が強く関係していることが明らかになり、「エルニーニョ・南方振動(ENSO)」という言葉が生まれたそうです。
・南極振動(AAO)
南極振動(なんきょくしんどう、英語:Antarctic oscillation)とは、 南極と南半球中緯度地域の気圧が相反する傾向で変動する現象。南極の気圧が平年よりも高いと中緯度地域の気圧は平年より低くなり、南極の気圧が平年より低いと中緯度地域の気圧は平年より高くなる現象のことです。
・北極振動(AO)
北極振動(ほっきょくしんどう、英語:Arctic Oscillation)とは、北極付近と中緯度の地上気圧が互いにシーソーのように変動する現象のことです。
北極付近の地上気圧が平年よりも高い時には中緯度の地上気圧が平年よりも低くなり、その一方で北極付近の地上気圧が平年よりも低い時には中緯度の地上気圧は平年よりも高くなります。
・北大西洋振動(NAO)
北大西洋振動(きたたいせいようしんどう、North Atlantic Oscillation)とは、北大西洋のアイスランド低気圧とアゾレス高気圧の間で、気圧が伴って変動する現象のことです。
気圧自体はもとより、低気圧は高気圧の位置もやや変化します。
・マッデン・ジュリアン振動(MJO)
マッデン・ジュリアン振動(Madden Julian Oscillation)とは、熱帯赤道域上空で対流活動が活発な領域(大気循環場)が約1~2か月かけて東に進んでいく現象で、大気振動のひとつです。
・ダイポールモード(IOD)
ダイポールモード(Indian Ocean dipole)とは、インド洋熱帯域において初夏から晩秋にかけて東部で海水温が低くなり、西部で海水温が高くなる大気海洋現象です。
それに伴って起こる風や気候の変化を含み、エルニーニョ現象と同様に世界の気候に大きな影響を与えることが明らかになりました。
③大規模な火山の噴火
火山の大規模噴火で発生するSO²というガスが気温の低下をもたらします。
このSO²は、長い間大気中を漂い地球全体を覆い太陽光を遮断します。こうして、世界的に気温を低下させてしまうのです。
1783年に発生したアイルランドのラキ山噴火では、ヨーロッパで記録的猛暑に続き、寒冬をもたらしました。
日本でも冷害となり、長野県から群馬県にまたぐ浅間山の噴火も重なり天明の大飢饉をもたらした可能性があると言われています。
④太陽活動の変動
太陽活動の低下で太陽風磁場が弱くなります。
すると、それまで太陽系に入って来れなかった太陽系等外からの宇宙線が直接地球に届いて「より沢山の雲が発生する」ようになり、雲は太陽光線を宇宙に反射するから、その分地球は寒冷化することになるとの説です。
⑤地球温暖化
地球温暖化とそのメカニズムとして、地球は太陽光のエネルギーを吸収し、同じだけのエネルギーを. 赤外線で宇宙に放出することにより温度をほぼ一定に保っています。
大気中に二酸化炭素等の温室効果気体が増えると、赤外線のエネ. ルギーを宇宙に放出する効率が悪くなり、その分だけ地表付近の温度が高くなります。
これが地球温暖化です。
産業革命以降、大気中の. 二酸化炭素濃度はそれまでの3割も高くなり、さらに増加し続けています。
地球の平均気温も、20世紀の間に0.7℃ほど上昇しています。
この地球温暖化は、人為的なものに起因するものが大きいと思われます。
⑥ヒートアイランド
ヒートアイランドとは、都市に人口が集まり、中心部には高層建築物が建ち並び、自動車・電車などの交通機関からの排熱、冷暖房設備からの排熱、コンクリートやアスファルトで地表面が覆われることによる熱の蓄積、地表面が人口建造物で覆われるために風が弱まり上空の冷たい空気との混合が弱まります。
これらの理由の結果として、都市の中心部は郊外に比べて気温が高くなります。
この気温が高いところは等温線図上では閉曲線となり、地形図上の地形になぞらえると島のように見えるので、都市の中心部の高温なところをヒートアイランド(熱の島)と呼ぶようになりました。
ヒートアイランドは、猛暑や熱帯夜を招くだけでなく、熱中症の発症を助長するほか、局地的豪雨.をはじめとする異常気象を誘発することになります。
⑦森林破壊、砂漠化(土地の不毛化)、氷河や永久凍土の融解などの、土地利用(地面の状態)の変化

私たちは、イギリスの産業革命以降、化石燃料を使用することで、産業化・工業化を進めてきました。
自動車の普及も活発に進んでいます。
こうして現代の便利な生活が維持される一方、二酸化炭素を始めとする大量の温室効果ガスが排出されています。
この人間よって排出された温室効果ガスによって地球温暖化が進み、その結果気候変動が起こり、異常気象の発生に結び付いています。
このように、異常気象は、人間が招く地球温暖化の影響が非常に大きいと指摘されています。
なので、私たちは地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出を削減する対策を急がないといけません。
今でも、世界各国各地域で地球温暖化対策は行われていますが、トランプさんのように、地球温暖化に協力しないリーダーも出てきています。
国の政策、企業の努力や取組みは、温室効果ガス排出削減や地球温暖化対策にとって大きな効果を表します。
しかし、それだけではなく、私たち一般市民一人一人が、日常生活で温室効果ガス排出削減のため、意識して取り組むことも非常に大切です。
節電や節水、公共交通機関の利用など、身近でできることが様々あります。
こうした小さな取り組みは、なかなか目に見える形で成果を実感できないので、なんとなく「やってもやらなくても同じじゃない」という心理になりがちです。でも、小さな取り組みができるからこそ物事は変えられていくのだと思います。
異常気象は、地球破壊への前触れだということを、みんなで思わないといけません。

 
1月4日、記録的な寒波が1週間続く米国で、北東部が猛烈な吹雪に襲われ、東海岸一帯では前日からの吹雪で約8万件が停電したほか、交通機関にも混乱が生じています。
ブルックリンで撮影しています。


アメリカが歴史的な寒波と大雪に見舞われていますが、ミネソタ州では 12月27日、最低気温が「 -38℃」にまで下がり、1924年に記録された低温気温を更新して、史上最も低い気温記録となっています。
そして、極めて低い気温の中でしか出現しない「光柱」が、アメリカ本土で見られるという事態となっています。

中国での大洪水の様子について

今年の夏は、日本でも至るところで水害が記録されていますが、隣の中国ではその規模はものすごいものです。

まず被害が集中したのは長江中流域で、5月末から7月中旬にかけて豪雨が相次ぎ、「街が海に変わる」かのような大規模な冠水が起きたそうです。
特に湖北省武漢市では一部で2mもの冠水を記録しています。
そして、2017年6月22日から7月にかけて中国の中南部で豪雨により発生した大洪水です。
主な被災地は広東省、広西チワン族自治区、湖南省、湖北省、江西省、江蘇省、安徽省、浙江省、河南省、山東省であり、湖南省は被害の最も深刻な地域でした。
7月1日の湖南省の民政部門に統計によると、この豪雨により、湘西州、懐化市、益陽市など11市州16個所が被災したそうです。被害を受けた人は115.9万人に上り、8.2万人が一時避難し、生活救助が必要な人は3.8万人にのぼったそうです。
農地の被害面積は9.08万ヘクタールであり、うち収穫が不可能な農地の面積は1.14万ヘクタールだけだそうです。
被害総額は少なくとも250億元(約4160億円)だそうです。
1998年の大水害から約20年ぶりとなる「100年に一度の豪雨」と言われ、中国のネットには、「50年に一度、100年に一度の天災が数年おきにやってくるのは勘弁」「三峡ダム(2009年完成)は1000年に一度の水害に耐えるという触れ込みだったでしょ!?」と政府を揶揄する書き込みがあふれたそうです。

中国では近年、突発的な豪雨により街が冠水する"都市水害"が多発しています。
2012年の北京市では、豪雨により25人が溺死する惨事となっていました。
無計画な都市開発により排水能力が整備されず、ひとたび豪雨が起きると低地にはあっという間に水が集まります。
大都市・北京の真っただ中にいながら車の中で溺死するという信じられないような事件が起きていました。
中国政府は、それからは排水網や貯水池の整備を進めてきたそうですが、今回の豪雨で対策が不十分だったことが明らかになりました。
日本でも、都市部の道路で冠水しているところがニュースで流れているのをよく見かけました。
50年以上の設計降雨強度で構造物の断面を決定しているのにかかわらず冠水してしまうのは、今年の雨が100年に1度とか、観測始まって以来とかのものすごい雨だったことにもよると思います。
「備え」と「無駄」とは紙一重ですが、人間が生活していくうえでは「無駄」なことも時には必要だということが実感として思います。


湖南省での冠水の状況です。


このように、道路が冠水して、右往左往している状況は、日本でもよく見かけました。
都市部が水浸しになることは、珍しいことではなくなってきているようです。

北朝鮮の核実験について

北朝鮮がまた核実験を行いました。

今回で6回目の核実験ですが、爆発規模が120キロトン超(TNT火薬換算)だそうです。
アメリカが広島に投下した原爆は16キロトン、長崎は21キロトンなので、いかにすごいかがわかります。
地震のマグニチュード(M)は、気象庁は6・1(暫定値)、USGS(=アメリカ地質調査所)は、マグニチュード6.3としています。
日本政府は、「水爆実験だった可能性も否定できない」としています。
核実験をしたのは、3日午後0時29分頃で、北朝鮮の核実験場がある北東部の咸鏡北道・豊渓里一帯だそうです。
国防省などによると、これまで5回核実験が行われている北朝鮮北東部豊渓里の地下核実験場は、北朝鮮の政権指導部の決断があればいつでも核実験を実施することができる状態を維持してきたそうです。
アメリカの北朝鮮研究チーム「38ノース」は5日、北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)の実験場周辺の衛星画像を公開していました。
実験前の1日と実験後の4日に撮影された画像を比べると、実験前は木が生えていたとみられる緑色の部分が、実験後は特に谷筋にあたるところで黄土色に変化した部分が増えていて、地面があらわになっている様子がうかがえます。
研究チームは、これらの地表の変化は「地すべりによるものだ」と分析しています。
これまでの5回の核実験よりも地すべりの数が多く、規模も大きいとして、今回の爆発の威力が過去最大だったという見方を示しています。
ここまでの核実験を何故する必要があるのでしょうか?
これだけの規模の地すべりが発生しているということは、地下の核実験場でもコンクリートなどが崩壊や亀裂によって、放射能が外部に拡散している恐れもあります。
北朝鮮くらいの小さな国だと、核実験をするだけで国民が犠牲になることもあると思います。
日本も隣国なので他人事ではありません。
放射能の怖さは、福島原発で十分味わっています。
こんな実験、ものすごく無駄なことをきちっと教えるべきです。
北朝鮮だけでなく、地球が崩壊してからでは遅いのです。

9月4日に撮影された北朝鮮・豊渓里にある核実験場周辺の衛星写真です。
(プラネット/38ノース提供・共同)

北朝鮮分析サイト「38ノース」が5日に公開した衛星写真は、北朝鮮による6回目の核実験の実験の後に豊渓里(プンゲリ)の核実験場を撮影したものです。
「38ノース」によりますと、核実験後の写真には多くの地すべりが実験場や周辺で確認され、地形の変動は過去に行われた実験の時よりも大規模で、広範囲にわたるということです。
この写真だけでは解りにくいのですが、谷筋に白っぽくみえているのが陥没して地面があらわになっているところです。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR