ため池でのボーリング調査

ため池でのボーリング調査です。

IMGP5980.jpg
ボーリングマシンを分解し、キャタピラー付きの運搬車でため池堰堤に運び入れ、組立ています。
小さいため池は、トラックが入れないようなところが多いので、このように分解して運び入れることになります。
スポンサーサイト

水上での足場仮設の状況

水上足場の仮設状況です。

IMGP9843_20170331150631dba.jpg
最近は、水上足場の仮設も多くなってきました。
クレーン車も入らないところなので、ゴムボートでの作業を余儀なくされました。

山間部での地質調査

山間部での地質調査の様子です。

P1240001.jpg
風の強い現場なので、単管足場材を使って暴風対策をしています。

P1240002.jpg
この季節は、暴風だけでなく寒さ対策も必要になってきます。
地質調査は、掘削時に水を使うのでこの管理も大変です。

ボーリングマシンの搬入

ボーリングマシンの搬入の様子です。

IMGP8578.jpg
アンカーを施工している所での調査ボーリングです。
クローラ運搬が必要な所なので、ボーリングマシンを分解して吊り上げています。

渓谷を横断する仮設足場

渓谷を横断する仮設足場です。

IMGP0007_2016102513511281f.jpg
この仮設足場は、ボーリング地点が渓谷の右岸と左岸にあるために単管パイプで仮設したものです。
足場の天端には、さらにモノレール仮設を行っています。
仮設幅は25mで、仮設高さは約7.5mです。
およそボーリングのオペレーターの仕事ではなく、とび職の仕事みたいになっています。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR