岩石の名前の由来(火山岩編)

岩石の名前の由来について調べてみました。

今回は、火成岩 (Igneous Rock)の中で、火山岩 (Volcanic Rock)について調べてみました。
・流紋岩(Rhyolite)
流紋岩は、花崗岩と同じく、ケイ酸分 (SiO2)を多く(70%前後) 含む粘っこいマグマからできるのですが、花崗岩はそれが地下深部でゆっくり冷えて固まってできるのに対し、流紋岩はそれが地表付近で急に冷えて固まるなど、主に火山活動でできます。
流紋岩の名称は、マグマの流動時に形成される斑晶の配列などによる流れ模様(流理構造)がしばしば見られることによるものです。
「Rhyolite」という英名は、「溶岩の流れ」を意味するギリシャ語に由来しています。
「流」は「溶岩流」で、「紋」は「すじ,模様」を意味します。
流紋岩はマグマの粘性が高いため、ちょうど水飴を伸ばした時のように流動方向へのスジができるのが特徴で、この文字どおり、流理と呼ばれる溶岩が流れる際の、スジが岩石についていることが多いためにこの名前がついたそうです。
・黒曜岩(Obsidian)
黒曜岩は、化学組成上は流紋岩(まれにデイサイト)で、石基はほぼガラス質で少量の斑晶を含むことがあります。
「黒耀石」は「黒くかがやく石」という意味です。
「耀」が「かがやく」という意味です。
なお、黒曜石と黒耀石はおなじものです。
「耀」が常用漢字ではないため、黒曜石と表記するのが一般的に多いです。
ただし、文献的には黒曜石のほうが古くから使われているそうで、黒耀石という表記が登場し始めるのは戦後のことなんだそうです。 
・安山岩(Andesite)
安山岩の主要な構成鉱物は、無色鉱物である斜長石と、有色鉱物である輝石や角閃石です。
典型的な安山岩の外見は、灰色の石基に、白色の長石、黒色の輝石のやや細長い形をした斑晶が入ります。
「Andesite」の名は、アンデス山脈で多く見られる事に由来し、最初はアンデス山地の粗面の岩石に対して名付けられたそうです。
・石英安山岩(Dacite)
石英を含む安山岩質の岩石で、深成岩の花崗閃緑岩に対応する火山岩です。
斑晶は石英,斜長石と有色鉱物の角閃石,黒雲母などで、石基はガラス質で、岩石は斑状組織を呈しています。
安山岩よりやや酸性で、造山帯の火山岩として産出します。
ルーマニア北部、ジーベンビュルゲン(Siebenbuerugen)地域のダキア(Dacia)に産出します。
ダキアはカルパチア(Carpathian)山脈とドナウ(Danube)川との間の地域にあった古代の王国で、後にローマの属州(Roman province)となりました。
ジーベンビュルゲンはルーマニア国中部地方のトランシルバニア(Transylvania)のことです。
岩石名はダキア(Dacia)に由来しています。
日本語は1884年に小藤文次郎さんが石英富士岩としたが、その後の1886年に中島謙造さんが石英安山岩と訳しています。  
・粗面岩(Trachyte)
粗面岩(そめんがん トラカイト)は、優白質であるが石英をほとんど含まず、アルカリ長石を主成分とする火山岩で、深成岩の閃長岩に対応しています。
粗面岩より斜長石が多くなると粗面安山岩(ラタイト)になります。
一般的に粗面をもつ岩石に対して与えられましたが、今日では、化学成分及び鉱物成分が深成岩の閃長石にあたるものを呼んでいます。
粗面岩と言う名前は、表面が粗い組織を持っていることからつけられたそうです。
「Trachyte」という英名も、ギリシャ語で「粗い」を意味する言葉「トラクス」に由来しています。
・白榴岩(Leucitite)
白榴岩は、細粒または斑状の噴出岩です。
亜優黒質で、主としてリューサイト(白榴石)と単斜輝石(普通はチタンオージャイト)から成り、橄欖石を欠く岩石です。
白榴岩という名前も、「Leucitite」(リューシタイト)という英名も、白榴石(リュ-サイト)を必ず含んでいることから付けられています。
・玄武岩(Basalt)
玄武岩は、暗灰色 (色指数 40~70) の苦鉄質火山岩です。
溶岩や浅所貫入岩として産し、地球上で最も量の多い火山岩で、ほとんどすべての海洋底は玄武岩によってできています。
名前の由来は、兵庫県豊岡市の「玄武洞」という洞窟がこの岩石だったことから、明治時代に命名されました。
玄武とは、古代中国の四神の一つの亀の姿をした神様だそうです。
「玄武洞」がその名前になったのは、ここの岩石が六角板状を積み重ねたような柱状節理になっていることや、岩石が黒いことなどによるものだと思います。
「玄」には、玄人,玄米などのように「黒い」という意味があります。
・テフライト(Tephrite)
「Tephrite」という名前は、濃い灰色のものが多いため、ギリシャ語で「灰」を意味する言葉に由来しています。
また、日本ではかつて、灰色玄武岩と呼ばれていましたが、現在は使われていません。
・キンバーライト(Kimberlite)
キンバーライトは、カンラン石と雲母を主要構成鉱物とする超塩基性の火成岩で、雲母橄欖岩(うんもかんらんがん mica peridotite)とも呼ばれています。
一部からダイヤモンド原石が産出されることで知られています。
名の由来は、19世紀後半に、南アフリカ北ケープ州の州都キンバリー地方から、ダイヤモンドの鉱石として、キンバーライトがはじめて発見された場所として付けられています。
・松脂岩(しょうしがん pitchstone ピッチストーン)
松脂岩は流紋岩質のガラス質火山岩で、緑褐色で樹脂状の光沢を示します。
黒曜岩に似ていますが、国際地質科学連合の分類では、黒曜岩の水分が1%以下なのに対して、水を1~10%含むため別の物と扱われています。
誰が名づけたかは不明ですが、松と脂なので、したたるような水分を含んだ岩石と想像できます。
・真珠岩(perlite パーライト)
真珠岩は、加熱により膨張する性質を持つガラス質火山岩の総称です。
1791年にフィッチェルが、ガラス質流紋岩で、無数の同心円状の割れ目があり丸い中心核が真珠に似ているので命名しました。
そして真珠岩という岩石名を使用したのは1822年が最初だそうです。
・響岩(きょうがん phonolite、フォノライト)
響岩は、石英を含まず、準長石(霞石など)を含む火山岩です。
響岩は、ドイツではKlingsteinと呼ばれ、1787年にウェルナーが、ハンマーで叩くと音が出る岩石であることより記載したそうです。
ギリシャ語のphoneは音の意味で、1801年に、phonoliteと命名されています。
・讃岐岩(sanukite、サヌカイト)
四国の讃岐地方に分布する古銅輝石安山岩です。
屋島などの溶岩台地をつくり、黒色緻密で玄武岩のように見えたり、また堆積岩である頁岩にもよく似ています。
木槌でたたくと澄んだカンカンという音がするので、俗にカンカン石とも呼ばれています。
小笠原諸島にも同じ特徴をもつ岩石(無人岩)が知られていて、まとめて高マグネシア安山岩と呼ばれています。
・無人岩(boninite、ボニナイト)
無人岩は、小笠原諸島の父島などに産し、讃岐岩と同じ特徴をもつ岩石です。
1891年Petersenによって命名されたそうですが、1889年に菊池安さんが、無人岩に関して記載を行ったそうなので、実質的な発見者は菊池安さんと思われます。
無人岩の名前の由来は不明ですが、地元では、海岸の崖に露出する断面を見ると、亀の甲羅に似ているので当地では「亀甲石」と呼ばれているようです。
スポンサーサイト

岩石の名前の由来(半深成岩編)

岩石の名前の由来について調べてみました。

今回は、火成岩 (Igneous Rock)の中で、半深成岩 (Hypabyssal Rock)について調べてみました。
・花崗斑岩(Granite-porphyry)
花崗斑岩は、花崗岩と同じ組成をもつが、石英・正長石などが斑晶(はんしょう)をなす岩石です。
斑岩は、ポーフィリーと言い、ギリシャ語で「紫」を意味するそうです。
この斑岩とは、火山のマグマが冷えて固まってできた石で、鉱物の他にも細かな結晶が集まった塊(石基)を含んでいます。
情熱的な色合いと、結晶の粒が織り成す模様が紫色なのでしょうか。   
・石英斑岩(Quartz-porphyry)
石英斑岩は、花崗斑岩のなかで特に斑晶の少ないもので、石英斑晶が肉眼的に目立つために石英斑岩と呼ばれますが、実際には長石類の斑晶も多いのが特徴です。
あとは、花崗斑岩と同様の由来でしょうか。  
・ひん岩(Porphyrite)
ひん岩は、安山岩の半深成相に相当する岩石で、化学組成は安山岩とほぼ等しいのですが、斑状組織が顕著です。
斑晶は斜長石と有色鉱物で、石基は完晶質で粒度は安山岩よりも大きいのが特徴です。
porphyriteという英名は、ローマ帝国初期に活躍したプリニウスが記載したporphyritesに由来しているそうです。
プリニウスのporphyritesはエジプトで得られた赤い岩石でした。
その後、アグリコラはporphyritesという名称をまだら色の岩石に使用し(1546年頃)、後にプリニウスのporphyritesとアグリコラのporphyritesに分けて解釈されるようになったそうです。
この二つの岩石名は19世紀中頃までは同義で、元来は18世紀頃から大きな結晶が細粒の石基に埋まっている岩石に使われていましたが、後に深成岩と火山岩の中間的な岩石で斑晶があってもなくてもよいと拡張して使用されたそうです。 
・輝緑岩(きりょくがん diabase ダイアベイス)
・粗粒玄武岩(そりゅうげんぶがん dolerite ドレライト)
この二つの岩石は、名前は違いますが同じものです。
玄武岩とほぼ同じ化学組成で、主に斜長石と輝石とからなりますが、橄欖石を含むこともあります。
一般に、やや変質して緑色がかっています。
日本名の輝緑岩は、緑色で、輝いているように見えることから名づけたのだろうと推察します。
粗粒玄武岩は、そのままの意味です。
アメリカでは輝緑岩(diabase)と呼んで、イギリスでは粗粒玄武岩(dolerite)と呼んでいるようです。
英名の「dia~」は、「~し通す」とか「完全な(に)」などの意味で、「base」は「塩基」という意味です。
また、「dole」は、「分配物」とか、「わずかなもの」という意味です。
・アプライト(半花崗岩 Aplite)
アプライトは、 流紋岩質で、ほとんど有色鉱物を含まない細粒の火成岩です。
花崗岩と鉱物組成が似ているために、半花崗岩(はんかこうがん)とも呼ばれています。
「Aplite」という名称は、ギリシャ語の単純化という意味から導かれたもので、長い間、単純な成分の岩石に対して与えられてきたものだそうです。
・ペグマタイト(巨晶花崗岩 Pegmatite)  
ペグマタイトは、大きな結晶からなる火成岩です。
花崗岩質のものが多いため巨晶花崗岩(きょしょうかこうがん)あるいは鬼御影(おにみかげ)と呼ばれることもありますが、閃緑岩質や斑糲岩質のものもあり、岩脈などの小岩体として産出します。 
そして、きわめて粗粒のものをペグマタイトと呼び、細粒のものをアプライトと呼んでいます。

香川県にあるランプロファイア岩脈

香川県東かがわ市にあるランプロファイア岩脈を紹介します。

香川県東部に位置する、瀬戸内海に突き出た鹿浦越岬(かぶらごしみさき)がありますが、ここに、ランプロファイア岩脈があります。
ランプロファイア(lamprophyre)は、全自形粒状の組織を呈する塩基性の火成岩で、煌斑岩(こうはんがん)とも呼んでいます。
斑岩やひん岩と異なり、斑晶が角閃石や輝石などの有色鉱物で、アルカリ岩質のものが多いのですが、非アルカリ岩質のものもあり、岩脈として産しています。
花崗岩中の節理(引張割れ目)が生成された時に貫入したもので、日本では、閃緑ひん岩岩脈とも呼ばれていました。
ランプロファイアは花崗岩との境界面付近が細粒(冷却周縁相)となっていることから、ランプロファイア岩脈が花崗岩に貫入したことが分かります。
ランプロファイアの年代は報告されていませんが、花崗岩類より少し後の白亜紀後期と思われます。
見た目には、鮮やかな白黒の美しいストライプ模様の岩壁です。
ただし、白色は花崗岩で、黒色がランプロファイア岩脈です。
白色の花崗岩に割れ目ができた時に、黒色のランプロファイアが入り込んで岩壁が形成されたそうです。
縞模様のランプロファイア岩脈は見た目にも美しく、鹿浦越岬のランプロファイア岩脈は、1942 年(昭和17 年)に国の天然記念物に指定され、世界的にも珍しい岩脈だそうです。
近くには、駐車場(5台)と遊歩道があり、そこから干潮時には、ランプロファイヤ岩脈のそばまで、歩いていくことができるそうです。

ランプロファイヤ岩脈
最後は道が途切れ、大小の岩が混じった岩礁を慎重に歩いていくと白黒のストライプ模様が入ったランプロファイア岩脈が目に飛び込んできます。
今は、満ちてきたところなので、歩きはここまでです。


断崖一帯は満潮時には海水面が上昇して、歩いていくことができないそうです。
干潮(引き潮)の時間帯のみ見られる景色です。


上の写真のクローズアップです。
ランプロファイア岩脈の厚さは、2cm程度から2mに達するものまであります。

岩石の名前の由来(深成岩編)

岩石の名前の由来について調べてみました。

今回は、火成岩 (Igneous Rock)の中で、深成岩類 (Plutonic Rock)について調べてみました。
・花崗岩(Granite)
花崗岩の「花崗」は、中国の地名に由来するそうです。
また、中国では、きれいな石のことを「花石」と言うことがあり、「花で剛なる石」という意味ではないかとも言われています。
これとは別に、graniteという英名は、granular(粒状の)という言葉からきているそうです。
そして~liteは、「石」に対するギリシャ語のlithosからきているそうです。
日本では、花崗岩のことを「御影石」とも言いますが、この名前の由来は、御影石の有名な産地である、神戸市東灘区(旧武庫郡御影町)」の御影からつけられています。
・閃緑岩(Diorite)
「閃(せん)」は「きらめく」という意味があります。
閃緑岩は、角閃石を含むことが多く、全体に深緑色をしています。
また、角閃石は、結晶面で光が反射し、ビカッと光るので、閃光の閃を用いたと思われます。
Dioriteという英名は、様々な岩石に似ていることからつけられ、またギリシャ語で「区別する」を意味する言葉だそうです。
・花崗閃緑岩(Granodiorite)
上記の説明の花崗岩と閃緑岩を一緒にした意味だと理解しています。   
・閃長岩(Syenite)
閃長岩は、優白質ですが石英をほとんど含まず、アルカリ長石を主成分としています。
サイアナイトという英名は、有史以前に、エジプトのシエネ(現アスワン周辺)で閃長岩がとられていたことから、ラテン語で「シエネの石」を意味する言葉「シエニテス・ラピス」からつけられたと言われています。
これとは別に、イタリア中西部にもシエナ地方があって、閃長岩は角閃石花崗岩の名称で呼ばれていました。
この岩石はpyrrhopoecilon(赤い点紋があるという意味)とも呼ばれていました。
・トーナル岩(Tonalite)
花崗岩と閃緑岩の中間のような性質を持った岩石で、花崗閃緑岩よりもさらに斜長石に富み、カリ長石が少ないのが特徴です。
トーナル岩と言う名前は、代表的な産地であるイタリアのトナーレ山にちなんでつけられたと言われています。
・斜長岩(Anorthosite)
斜長岩は、灰長石成分に富む斜長石を主とする岩石です。
アノーソサイトという英名は、主な構成鉱物である斜長石(アノーサイト)に由来しています。
・斑糲岩(はんれいがん Gabbro)
もともとは、イタリアのトスカナ地方(Tuscana)の工芸家が呼んでいた石材名のgabbroに由来するそうで、異剥石長石岩,異剥石蛇紋岩など、種々の岩石に付けられていたそうです。
斑糲岩という訳語を作ったのは、小藤文次郎さん(1884年〈明治17年〉)で、「斑(はん)」は「まだら」で、「糲(れい)」は「くろごめ,玄米」の意味があります。
斑糲岩は、有色鉱物の角閃石や輝石を多く含み、岩石全体が黒っぽいのが特徴なので、粒状で、黒い斑点のある石という意味は当たっていると思います。
・橄欖岩(かんらんがん Peridotite)
橄欖岩は、主に橄欖石と斜方輝石、単斜輝石から成り、スピネル、角閃石、ざくろ石などを伴うことのある完晶質深成岩で、ペリドタイトとも呼ばれています。
橄欖石(olivine)の英名オリビンは、質の良いものは透明で、オリーブの実のような緑色をしていることから名づけられています。
橄欖石の仲間のPeridotが、橄欖岩という英名の語源となったそうです。
Peridotは、アラビア語に由来しています。
日本名は、色がカンラン化の植物の黄緑色に似ていることから付けられたとされています。
・ダナイト(Dunite)
橄欖石が90%以上で、輝石の少ないものをダナイトと呼んでいます。
Duniteと言う名前は、質の良いダナイトがとれる、ニュージーランドのダン山にちなんでつけられたそうです。
・モンゾニ岩( monzonite)
ほぼ等量のカリ長石 (主として正長石) と、斜長石 (曹灰長石) を含み、黒雲母,輝石,角閃石などを伴う粗粒の完晶質深成岩です。
名称の由来はイタリアのチロル地方のモンゾニ山を構成する岩体がこの種の岩石であることによるものだそうです。
・トロニエム岩 (Trondhjemite)
トロニエム岩は、優白質の黒雲母石英閃緑岩またはトナル岩で、石英に富むものを呼んでいます。
ノルウェーのトロンヘイム地方の旧称トロニエム(Trondhjem)の地名にちなんでつけられたそうです。
・アダメロ岩 (adamellite)
優白質な粗粒の深成岩で,全長石の35~65%がアルカリ長石で、石英が5~20%の酸性岩をアダメロ岩、または石英モンゾニ岩(quartz monzonite)と呼んでいます。
岩石名はイタリアの、南チロル地方ののアダメロ山(Monte Adamello)の地名に由来するそうです。
・蛇紋岩(Serpentinite)
蛇紋岩は、橄欖岩が地下深部で水分の作用を受けて変質してできる岩石で、直接マグマが冷えて固まってできた岩石ではありませんが、便宜上、火成岩の仲間とされています。
serpentの英訳は蛇で、snakeの英訳は、より大きく有毒のもので、伝説の大蛇や海蛇とも訳せます。
表面の模様が蛇皮に似ていることよりこのような名前になったのでしょう。

天橋立の形成についてと、松並木

日本三景の一つである天橋立を紹介します。

天橋立(あまのはしだて)は、京都府宮津市の宮津湾と、内海の阿蘇海を南北に隔てる湾口砂州で、全長3.6kmにも及んでいます。
形成についての詳細には諸説あります。
一説には、2万年前に宮津湾が完全陸地化して後、約7〜8千年前に氷河期が終わって海面上昇が落ち着くなか、当初水中堆積で発達が始まり、縄文時代の後氷期(完新世、約6千年前)に急速に成長し、2〜3千年前に地震により大量に流出した土砂により海上に姿をみせ、有史時代に現在の姿にまで成長したとされています。
砂嘴の幅は20mから最長170mに達し、公路となっています。
成形の過程は、宮津湾の西側沿岸流により砂礫が海流によって運ばれ、天橋立西側の野田川の流れから成る阿蘇海の海流にぶつかることにより、海中にほぼ真っ直ぐに砂礫が堆積したことによるものだそうです。
日本では、外洋に面さない湾内の砂州としては唯一のものであり、この一帯には約8,000本の松林が生え、東側には白い砂浜が広がっています。
この松は、人の手により植林されたものではなく、大部分が自然発生的に生えたものだそうです。
天然の道ともいえる天橋立には、「日本の道100選」にも選定された京都府道天の橋立線が走っており、主に観光の散策路となっています。
「丹後風土記」によると、その昔、天への架け橋といわれてました天橋立はイザナギ、イザナミ の神が天への上り下りに使われた浮き橋であると言われ、ある日イザナギノミコトが昼寝を している間に倒れて天橋立となったという神話が残っています。

P5050057.jpg
ケーブルカーに乗って、途中で天橋立を写しています。
ケーブルカーは、5分おきに60人ほどを乗せて展望台へと向かっています。
単線なのに、何故こんなに稼動がいいのか不思議でしたが、ケーブルカーが交差するところだけ複線になっていました。

P5050061.jpg
展望所から見た天橋立です。

P5050065.jpg
松並木です。
約8,000本の松林がまだ生き生きとしていた感じには見えました。

P5050069.jpg
宮津湾側の白い砂浜です。
波は穏やかでした。

海流(かいりゅう)を示す図
海流を示す図です。
今から約4000年前、世屋川をはじめとする丹後半島の東側の河川から流出した砂礫が海流(上図の赤色の線)により流され、野田川の流れからくる阿蘇海の海流(上図の黄色の線)とが、ぶつかったことにより、江尻側よりほぼ真っ直ぐに砂礫が海中に堆積しできたものといわれています。
一説には地震説もありますが、いずれにせよ、こんな状態で砂嘴ができるのは不思議です。
砂嘴(さし sand spit)とは沿岸流により運ばれた漂砂が静水域で堆積して形成される、嘴 (くちばし) 形の地形のことです。
天橋立は、両端がくっついていますが、地震にしても、海流の動きにしても、このような地形ができるのはよっぽど海流が早くないと無理だと思うのですが、いったいどういう形成のされかたをしたのでしょうか?
そして、天橋立に、自然の松並木がぎっしり植わっているのもまた不思議です。

天橋立の松の状態(じょうたい)
現在の天橋立の松林はあまり良い状態ではないそうです。
本来白砂でなければならない砂は、下草でいっぱいになって、松は弱々しい状態なのだそうです。
現在の天橋立は、腐植土などの栄養がたっぷりの土がありすぎて、そのことにより、松以外の植物が育ちやすい環境になっているそうです。
そして、松自身も根があまり育たなくても十分栄養をとることが出来るため根元がしっかりしておらず、幹ばかりが高く育ってしまい、バランスの悪い状態になっているそうです。
平成16年の台風23号の際には、松が根から倒れる例が多くあったそうです。
私が歩いた感じでは、たしかに倒れている松も見かけましたが、全体としては、まだ生き生きとしていたようにはみえましたけれど。

雪舟が書いた国宝「天橋立図」
画家の雪舟が書いた天橋立図です。
国宝に指定された有名な図ですが、この図はまだ端と端がくっついてはいません。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR