FC2ブログ

沖縄県の伊計島

沖縄県の伊計島を紹介します。

伊計島(いけいじま)は、沖縄県うるま市に属する島で、沖縄本島中部の東部海岸に突出する勝連半島の北東約10kmに位置しています。
面積1.72km2、周囲7.49kmの島で、琉球石灰岩に覆われています。
沖縄県の旅行は、南部や北部の観光地が多いので、沖縄県のほぼ真ん中の離れ島は、旅行客はあまり見かけません。
私は、30年くらい前に行ったのですが、ほぼ現地の人でした。
伊計ビーチも、その頃は地元の人のプライベートビーチみたいな感じで、現地語が飛び交っていました。
島全体としては、長さ約2kmの北東 - 南西へ向いた長方形を成し、最高標高は49mで、島の南西端の独立した丘陵が最高峰となっています。
そこに伊計グスクが鎮座し、グスク時代において、この丘陵は離れ小島であったと考えられています。
その後に砂州が形成され、伊計島と繋がる陸繋島となったとされています。
ただし、この伊計島にたどり着くのには、本島から海中道路を通り平安座島から宮城島、そして伊計大橋を渡らないといけません。
海中道路ですが、私が渡った頃はまだ砂利道のイメージで、満潮時には帰れないかもという不安もあったのを覚えています。

伊計島ドライブ
伊計島で抜群の透明度を誇るのが、伊計ビーチから車で10分ほど走った場所にある「大泊ビーチ(おおどまりビーチ)」だそうです。
もちろん伊計ビーチも今でも綺麗だそうですが、ビーチの広さ(大泊ビーチの砂浜は600mあります!)・海の透明度ではずいぶんと違うそうです。
30年前は、伊計ビーチでも信じられないくらい綺麗だったのを覚えています。

sea_load001
これが海中道路です。
空からの眺めはこんな感じです。
スポンサーサイト

マレーシアのグヌン・ムル国立公園の尖った石灰岩

マレーシアの世界遺産であるグヌン・ムル国立公園を紹介します。

グヌン・ムル国立公園は、ボルネオ島のマレーシア領内、北部にあるムル山の山域の保護を目的とした自然公園です。
ムル山は、標高2,377m。山頂を含め、カルスト地形となっています。
「ピナクルス」と呼ばれる鋭角な石灰岩の連なりは有名ですが、これだけではなく、100あまりの洞窟が発見されています。
世界で一番巨大な地下空洞「サラワク・チャンバー」をはじめ、「ディア・ケイブ」「ラング・ケイブ」「クリアウォーター・ケイブ」の4つが一般に公開されているそうです。
また地表も、動植物の宝庫になっています。
ボルネオ島のジャングルは、アマゾンやアフリカ大陸に存在するジャングルより古いと言われています。


これが、「ピナクルス」と呼ばれる鋭角な石灰岩の連なりです。
2000万年前までこのあたりは海だったそうですが、地殻変動が起こってサンゴ礁が隆起し、風雨による侵食で、現在のような形になったと考えられています。

photo credit: P1040205 via photopin (license)
1981年に発見された、「サラワク・チャンバー」は世界最大級の洞窟で長さ700m、幅400mあります。
ジャンボジェット機が40台も入る信じられない大きさです。
このサイズは、それまで最大の地下空洞と考えられていたカールズバッド洞窟群国立公園(アメリカ・世界自然遺産)の3倍の大きさであることがわかっています。

photo credit: Deer Cave via photopin (license)
「ディア・ケイブ」は昔、沢山のシカがこの洞窟へ水を飲みに来たことに由来しています。
高さ120m、高幅175mの大きな洞口を広げていて、内部には数百万匹とも言われるコウモリが生息しています。
夕方になると、一斉に外に飛び立つコウモリの姿は圧巻です。

photo credit: Lang's Cave via photopin (license)
「ラングスケイブ」は、100mほどの小さな洞窟ですが、効果的にライトアップされていて、美しい石灰岩を見ることができます。

photo credit: Cleanwater cave via photopin (license)
「クリアーウォーターケイブ」は、東南アジアで最も長い洞窟で、全長107kmあります。
澄んだ水が洞窟の入り口から流れ出していて、その水量は1時間に数十万トンに及ぶとも言われています。

photo credit: Bats, Mulu, Borneo via photopin (license)
これが、コウモリが空で龍のように一斉に飛び出す「ドラゴンダンス」です。
夕刻になるとこの「ディア・ケイブ」から数百万のコウモリが雲のように飛び立つ風景を見ることができます。

あまりにも節操がない国会議員

あまりにも節操がない国会議員がいたので紹介します。

国民の大多数の人は、この人の名前を知っているとは思いますが、民主党政権で環境相などを務め、民主党では幹事長も歴任した衆院議員無所属の細野豪志さんです。
民主党を離党して、希望の党へ移ったときにも節操がないとは思っていました。
当時、波に乗っていた希望の党設立時には、幹部の一人として、民主党の国会議員のほとんどが希望の党への鞍替え騒動の時には、都知事で、党首として振舞っていた小池百合子さんの使いっ走りをして「上(小池)からの命令」と排除の論理を最初に口にした本人でした。
その後、2018年5月に希望の党と民進党で結党した国民民主党には参加せず、無所属となっていたのですが、今回の自民党幹事長・二階俊博さんの二階派に特別会員として加わるというのは何の大儀もないと思います。
この細野さんの「事実上の自民党入り」は「節操がない」と厳しく批判されています。
行くところがないから自民党なのか、元来自民党に入りたかったのかはわからないのですが、昨年6月27日、朝日新聞は細野さんが2017年の衆院選期間中に証券会社から5000万円を受け取っていたが、選挙運動費用収支報告書に「借入金なし」として報告書を提出していたとすっぱ抜いています。
どこからか歯車がかみ合っていないと思います。
こんな政治家は、自民党に排除されるより先に、国民から排除されると思います。

ダウンザホールハンマー工法によるさく井工事

さく井工事の現場です。

P1110064.jpg
大口径の井戸工事を行っています。
トラッククレーンを使用しての掘削作業です。

P1120005.jpg
掘削の様子です。
リーダーを立て、オーガースイベルを滑らすダウンザホールハンマー工法です。

井戸の点検検層の種類

井戸で長年揚水を行うと、種々の障害が発生してきます。
その障害は、
①揚水量の減少
②水位の低下
③排砂
④揚水機の故障
などです。
揚水量の減少や水位の低下などはスクリーンの目詰まりによるものに起因し、排砂増加等による揚水機の故障は、井戸構造自体の破損に起因することが多いのが特徴です。
この様な障害が発生した場合、その原因の究明が重要です。
原因の究明としては、障害に至るまでの経緯や使用状況などの情報収集と井戸点検検層を実施し、その解析結果からその対策工(井戸洗浄及び、井戸修復工事を含めた改修工事)等を立案することになります。

井戸点検検層としては、次のようなものがあります。
①温度検層
孔内温度の局所的変化から、 地下水流入・漏水箇所および帯水層の判定に有効です 。
②電気伝導度検層
電気伝導度は溶存電解質成分は多いほど、高い値を示すことから、 地層水( 地下水・温泉) の流入箇所検出に非常に有効です 。
③水中カメラ
孔内にTV カメラを入れて、 直接見ることにより 、ケーシングの破損、 スクリーンの目詰まりなどを一目瞭然に把握できます 。
④微流速検層
自然・揚水状態での孔内の縦流速を測定することで 、地下水流入箇所とその水量を把握できます。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR