FC2ブログ

本田圭佑さんが驚きの「マーキープレーヤー」に

日本のサッカーが認められたのでしょうか?
それとも、本田圭佑さんがすごいのでしょうか?

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MF本田圭佑さん(32)のオーストラリア、メルボルン・ビクトリー加入が6日、決まったそうです。
同クラブが発表し、本田も自身のツイッターで「サインしました! オーストラリアでお会いできるのを楽しみにしています」とつぶやいています。
契約期間は10カ月だそうで、年俸は、破格の360万ドル(約3億9600万円)であることも判明しました。
クラブは公式サイトで「クラブ史上最大の契約」だと言っています。
でも、これだけでは、特別すごいわけではありません。
事実、本田圭佑さんは、ACミラン(イタリア)では7億7000万円だったし、パチューカ(メキシコ)でも4億1400万円でした。
すごいのは、オーストラリアのAリーグは、サラリーキャップ制度を導入していることにあります。
つまり、チーム全員の年俸合計額が日本円にして約1億7000万円以下と定められています。
ただし、各クラブともその制限を受けない「マーキープレーヤー」を1名だけ獲得することが可能で、その1名が本田圭佑さんになったという事実です。
日本でも、多くのJリーグで活躍しているプレイヤーでも、年棒は500万から1000万くらいのものです。
事実本田さんだって名古屋(J1)にいたころはこれくらいの年棒でした。
プロ野球と違い、サッカー後進国はお客さんをあまり呼べないので、そんな年棒になるのです。
たった10カ月の契約期間ですが、他の選手からみて、明らかに優れているところを見せないと給料泥棒と言われてしまいます。
頑張ってほしいものです。
本田さんの年俸の推移は以下の通りです。
ただし、すべて推定で、当時のレートで日本円換算しています。
 ▽名古屋(J1)
 05年=480万円
 06年=1000万円
 07年=1800万円
 ▽VVV(オランダ)
 07-08年=3250万円※シーズン途中の移籍で半年間だけの期間
 08-09年=6500万円
 09-10年=6500万円
 ▽CSKAモスクワ(ロシア)
 10年=1・5億円※シーズン途中の移籍で半年間だけの期間
 11-12年=3億円
 12-13年=3億円
 13-14年=1・5億円※シーズン途中の移籍で半年間だけの期間
 ▽ACミラン(イタリア)
 13-14年=3億3500万円※シーズン途中の移籍で半年間だけの期間
 14-15年=7億7000万円
 15-16年=7億7000万円
 16-17年=7億7000万円
 ▽パチューカ(メキシコ)
 17-18年=4億1400万円
 ▽メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)
 18-19年=3億9600万円
スポンサーサイト

京都嵯峨野の「竹林の散策路」

京都の有名な観光地「嵐山」から徒歩で行ける、嵯峨野の竹林を紹介します。

京都嵯峨野に広がる竹林は数々のCMなどに使われ、多くの観光客が訪れる人気スポットです。
その竹林に2015年秋、新たな観光スポットが登場しました。
「竹林の散策路」と名付けられた遊歩道です。
竹林の中心でもある野宮神社の少し北に、ゆっくりと竹林の情景を楽しめる穴場的な新散策ルートとなっています。
ここは、日本のみならず世界中からの観光客が連日たくさん訪れる大人気のエリアです。
観光客を乗せて人力車が行き交っています。
特に野宮神社から大河内山荘にかけては竹林の道のハイライトです。
入場はもちろん無料で、9:00から17:00までの解放されています。
「竹林の散策路」は想像以上に広い空間です。
青々とした竹林を回遊できるように、ゆったりとした道幅の散策路がはりめぐらされています。
春の桜や秋の紅葉と違って竹林は一年中楽しめるスポットです。
冬でも緑を絶やさず、夏でも涼しげなその光景は嵯峨野、そして京都観光の象徴的な情景です。
今年は特に暑い京都の中にあっても、この「竹林の散策路」の、見渡す限りの青々とした竹林からは、涼しい風が吹いてきます。
京都の真ん中の避暑地と言えるでしょう。

京都の有名な観光地「嵐山」から徒歩で行ける、嵯峨野の竹林。見渡す限りの青々とした竹林からは、涼しい風が吹いてきます。日中は人出が多いので、早朝に行くのがおすすめ!
真夏でも、ここだけは涼しそうです。

ローラシア大陸、ユーラメリカ大陸について

超大陸について調べていますが、今回は、ローラシア大陸とユーラメリカ大陸について調べてみました。

ローラシア大陸(ローラシアたいりく、Laurasia)は、古生代から中世代(約5億~6千万年前)にかけて北半球に存在したと考えられる超大陸です。
南アフリカの地質学者のアレクサンダー・デュ・トアさんが大陸移動に関する自著『流浪する大陸』Our Wandering Continents(1937)でその存在を主張しました。
同書でデュ・トアはドイツの地質学者のアルフレート・ロタール・ウェゲナーさんが提唱した大陸移動説を再構築しました。
ウェゲナーさんは単一の超大陸パンゲアを仮定していましたが、デュ・トアさんはそのような巨大な陸塊は二つあり、テチス海という海洋域の北にローラシア大陸、南にゴンドワナ大陸があったという説を立てています。
ローラシア大陸は、白亜紀が終わって古第三紀が進行した約 6600万年前から 3000万年前の間に、今日の北アメリカ、ヨーロッパ、インド半島部を除くアジアの各大陸に分裂したものと考えられています。

ユーラメリカ大陸(ユーラメリカたいりく、Euramerica, Laurussia)とは、古生代デボン紀(約4億年前)に生成された小規模な超大陸です。
ローレンシア大陸・バルティカ大陸・アバロニア大陸(英語版)が衝突 (カレドニア造山運動) した結果として生じたと言われています。
ユーラメリカ大陸は、オールド・レッド大陸 (Old Red Continent) とも、オールド・レッド砂岩大陸 (Old Red Sandstone Continent) とも呼ばれています。
古生代ペルム紀(2億8600万年前)には、ユーラメリカ大陸は大規模な超大陸であるパンゲア大陸の一部となったそうです。
また、中生代ジュラ紀(約2億年前)にはパンゲア大陸がローラシア大陸とゴンドワナ大陸に分裂し、ユーラメリカ大陸はローラシア大陸の一部となったそうです。


ローラシア大陸 (Laurasia) 又は、ユーラメリカ大陸 (Euramerica)  です。
中生代白亜紀頃の大陸図ですが、ユーラメリカ大陸はローレンシア大陸の一部になっているようです。

水系について

水系について調べてみました。

水系(すいけい、drainage system)は、河川に関連する用語です。
ある河川とそれに合流する他の河川や内水面(湖沼や池)、さらには分岐する河川を含めた、流路を部分的に共有する河川や、湖沼全体を体系化した概念と、その概念に基づく分類のことです。

(1)日本における水系の管理
日本では、河川法において重要性が高い水系を区分及び指定しています。
導水や用水、疏水などの人工河川による新たに追加された流れや、排水機場による流水方向の変化などの物理的な川上・川下とは関係が無い流れもあります。
この場合、水系の範囲は分水界を越えています。
①一級水系・・・・日本国内では最重要水系で、一級河川を本流とする国が管理する水系です。
各一級水系の一部は、都道府県や政令市に管理が移譲されています。
②二級水系・・・・上記以外の水系のうち重要性が高く、二級河川を本流とする都道府県が管理する水系です。
③単独水系・・・・河川法を適用する一級河川・二級河川が本流(本川)でなくとも、行政上区分が必要とされる場合に便宜上区分されるものを単独水系と呼んでいます。
法律で定義はされていないのですが、この水系は準用河川や普通河川が本流(本川)となります。

(2)水系の分類
水系は分水界により区分されています。
ある水系に降水が流入する範囲を流域と言い、水系と流域はよく似た概念ですが、流域が面的な広がりを表すのに対し、水系は水の線的なつながりを表しています。
また、他に類似の言葉として流路形状があります。
流路形状は、河川の流路の部分的な地形そのものを表します。
つまり川筋の形のことで、一般的には、地表水のつながりのみを水系と考えられがちですが、ある河川から別の河川へ地下を通じて水が移動(水文循環)することはよく見られることから、水系概念に地下水のつながりも含めるべきとされています。
水系は、その形状などから次のように地理学的に分類されています。
①樹枝状水系・・・・世界中で一般的に見られる形態で、本流と支流が樹枝のような形状のものです。
②平行状水系・・・・急斜面に見られる形態で、急斜面上で水流が直線状となり、隣接する水系と平行関係をとるものです。
山脈地帯に多く見られます。
③格子状水系・・・・地質的に強い構造上の力を受けている地域に見られる形態です。
④放射状水系・・・・上空から見ると車輪のスポーク状となるもので、円錐形の火山などで見られます。
⑤方形状水系・・・・断層地帯で形成される水系形状です。
⑥環状水系・・・・盆地の中央部で形成される環状の水系形状です。
⑦乱状水系・・・・最終氷期に形成されたカナダの湖沼地帯のように、明確な分水界もなく、湖沼が乱雑に存在するような水系形状です。

真夏でも涼しい「鳴沢氷穴」

真夏でも涼しい「鳴沢氷穴」を紹介します。

「鳴沢氷穴」は、山梨県南都留郡鳴沢村に立地する溶岩洞穴で、総延長156m、幅1.5-11m、高さ1-3.6mあります。
平安時代初期の貞観6年(864年)に、富士山の北西山麓で、側火山である長尾山で大規模な噴火活動が発生しました(貞観大噴火)。
この貞観大噴火で噴出した膨大な溶岩が、徐々に冷え固まる際に、内部の高熱なガス体や冷え切らない溶岩が抜け出すことで形成された空洞の一つが、この「鳴沢氷穴」だと言われています。
内部は非常に低温で、年間の平均温度は摂氏3度程度だそうです。
地下21mの「木の池」では、氷柱や玄武岩質溶岩群を見ることができるそうです。
氷穴内には氷の貯蔵庫があります。
この貯蔵庫は、かつて江戸時代には献上するための物品として、大正時代には冷蔵庫の氷など、様々な用途で使われていたそうです。
現在は用途が無いため、毎年冬に四角い氷を作り再現しているそうです。
国道139号から車道により青木ヶ原樹海へ入った場所にあり、西隣にある「富岳風穴」とともに、1929年12月17日に、旧文部省が、富士山麓の天然記念物に指定されました。
「鳴沢氷穴」は、年間を通して氷柱があるそうです。
高さも、1mくらいの所もあるので、大人はヘルメットを被らなければ必ず頭をぶつけるそうです。
またヒールの女性には、スタッフの方から「レインブーツに履き替えて」と声がかかかります。
階段には竹の手すりがありますが、掴んだ方が安心なほど急です。
ロングスカートやショルダーバッグは、洞窟の中で邪魔になり手を塞ぐので、リュックが無難です。
また洞窟の入り口からかなりひんやりしていて、中にいるのは15分ほどですが、寒いのが苦手な方は、夏でもパーカーなど羽織った方が賢明です。
当然、半袖、短パンでは肌寒くてゆっくり楽しめないかも知れないそうです。
もう一方の洞窟である「富岳風穴」からは車ですぐです。
徒歩でも20分くらいです。
駐車場は100台ほど停まれ、チケットは350円(小学生200円)ですが「富岳風穴」も行くなら600円で共通チケットが購入できるそうです。
6~7月が最も見頃だそうで、足場や照明も整備されているそうです。
ただし、「鳴沢氷穴」は竪縦穴式洞窟なので、「富岳風穴」と比べてかなり斜面がきつくなっています。
この「鳴沢氷穴」は、神奈川県にある江ノ島の洞穴までずっと穴が伸びている、という逸話もあるようですが、真相は穴があまりに長く深すぎるので、確かめられないのが現状のようです。

溶岩流中に認められる空洞を全て溶岩洞穴といたしますと、成因的には、様々な洞穴のタイプがあります。
①フィーディングパイプ型溶岩洞穴(富岳風穴がこのタイプです)
②ショーレンドーム型溶岩洞穴(鳴沢氷穴がこのタイプです)
③ブリスター型溶岩洞穴
④溶岩スパイラクル型溶岩洞穴
⑤溶岩樹型溶岩洞穴
⑥地下河川浸食型溶岩洞穴
⑦プレッシャーリッジ型溶岩洞穴

図:鳴沢氷穴のでき方
「鳴沢氷穴」のタイプです。
噴火の際、巨木などが溶岩流にのみ込まれ、徐々に冷めて溶岩が収縮する際、内部の高熱のガス体や溶岩が噴き出して残した空洞がこの洞窟です。
「鳴沢氷穴」は不規則型洞穴で変化にとんだ竪縦穴形式です。

図:富岳風穴のでき方
「富岳風穴」のタイプです。
流れ出る溶岩流の上部が内部より先に冷えて固まりますが、下部の溶岩流はそのまま流れ続け、その際に上部と内部との間に隙間ができ、固まった空洞が横穴式の洞窟です。
「富岳風穴」はY字型の横穴形式の洞穴です。

鳴沢氷穴2
「鳴沢氷穴」の入口です。

鳴沢氷穴1
天然の氷柱は冬にできて、初夏まで見ることができます。

鳴沢氷穴 ルートマップ 富岳風穴とならび富士山麓の代表的な溶岩洞窟の一つ。内部の気温は平均3度と低く、一年中氷におおわれていることから、この名がつきました。 天井からしみ出した水滴が凍ってできた氷柱は特に見ものです。4月ごろに最も成長し、年によっては直径50cm、高さ3mという巨大なものが見られます。氷穴は風穴の東方約800mにあり、竪穴環状形で総延長は153m。幅1.5m~11m、高さは1m~3.6m。環状になっているため、内部を一周することができます。 総延長150m 所要時間6~7分 平均気温3℃
「鳴沢氷穴」のルートマップです。
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR